★KUNIの雑感206★2軍で大暴れのドミニカン…支配下登録はいつ?

★KUNIの雑感206★2軍で大暴れのドミニカン…支配下登録はいつ?

今、2軍でものすごい勢いで旋風を巻き起こし、ウエスタンリーグの打撃タイトル争いを独占しているのが、育成選手として2年目のシーズンを迎えているバティスタ選手メヒア選手です。24日時点でバティスタ選手は打率.366、14本塁打、37打点で、今やウエスタンリーグの三冠王となっています。またメヒア選手も打率.361でバティスタ選手に次いで2位で、3位以降を大きく突き放しており、安打数や出塁率ではリーグトップです。つまり盗塁を除いて、ウエスタンリーグの打撃部門はバティスタ選手とメヒア選手の名前がずらりと並んでいるのです

ここまで突出した打撃成績を残しているとなると、果たして支配下登録はいつなのかという点が気になるところ

まず一つ目の問題は外国人選手枠の兼ね合いでしょう。近日中にジョンソン投手が1軍に戻ってくるとなると、現在1軍登録されている外国人選手を1人降格させなければなりません。中継ぎで2勝しているものの、今ひとつピッチングに安定感を欠くブレーシア投手か、スイッチヒッターで内野ならどこでも守れる魅力はあるものの、なかなか打率が上向いてこないペーニャ選手のいずれかとなってくるでしょう。

またバティスタ選手やメヒア選手と同じパワーヒッターであるエルドレッド選手が1軍で打撃好調となれば、彼らを支配下登録してすぐに1軍で起用するというのは難しいでしょう。むしろ現在の投手事情を考えると、ブレイシア投手やヘーゲンズ投手の状況次第では、シーズン中の新外国人選手獲得は投手を優先する可能性が高そうです。

もう一つ、支配下登録の壁となっているのが守備面でしょう。バティスタ選手はファーストと外野、メヒア選手はサードとファーストを主に守っていますが、いずれも守備には課題を抱えています。1軍では守り勝つというのがチームの方針であるだけに、守備面の不安が大きいとなると、どうしても1軍昇格への弊害となりがちです。

だからといって支配下登録の可能性がゼロであるかといえば、けしてそうではありません

例えばもうすぐ始まる交流戦では指名打者を使える試合があります。守備とは関係のない指名打者だからこそ、彼らは交流戦の秘密兵器となりうる可能性を十二分に秘めています。現在は好調のエルドレッド選手ですが、毎年好不調の波が激しく、故障の不安もあることから、もしエルドレッド選手が戦線を離脱するということになれば、当然ながらバティスタ選手やメヒア選手にチャンスが巡ってくるでしょう

今のウエスタンリーグでの打撃成績を見ていると、2軍に置いておくのがもったいない、1軍で見てみたいと思わずにはいられません。また2軍の野球にあまり慣れすぎてしまっても、1軍で力を発揮できないのではないかという不安もあります。外国人選手だけに登録枠に限りがありますが、今後控える交流戦やシーズン終盤の正念場で、チームを盛り上げる打棒を見せてくれるかもしれません。その日が来ることを期待しつつ、ウエスタンリーグでの活躍ぶりを要チェックです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<ファーム>5月6日、広島vs福岡ソフトバンクの試合結果

◎<ファーム>5月6日、広島vs福岡ソフトバンクの試合結果

広|200 001 000|3
ソ|100 001 001|3

勝◇-
負◆-
S◇-

HR:バティスタ8号(2、大隣)

安打数:広10、ソ10
失策数:広0、ソ1

試合時間:3時間5分
観衆:3113人(福岡・タマスタ筑後)

★打者成績(打数-安打-打点の順)
1番:(左)下水流    5-1-0
2番:(三)梵      2-1-0
   三二 上本     3-1-0
3番:(一)メヒア    5-0-0
    一 岩本     0-0-0
4番:(右)バティスタ  4-2-2
5番:(指)磯村     3-1-0
6番:(遊)庄司     4-2-0
7番:(二三)美間    3-0-0
8番:(中)高橋大    3-0-0
   打中 土生     1-1-0
9番:(捕)坂倉     4-1-1

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点の順)
中村恭 7-106-7-5-2-2
永川  1-11-1-0-0-0
飯田  1-10-2-0-0-1

★福岡ソフトバンクの継投<(カッコ内はイニング数)
大隣(6)、岡本(2)、加治屋(1)-栗原

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

野村投手、腰の違和感で2軍降格

◎野村投手、腰の違和感で2軍降格

23日にマツダスタジアムで行われた東京ヤクルト戦で先発した野村投手。しかし3イニングを投げたところで突然の降板となりました。腰に違和感を覚えたのが理由で、翌24日、佐藤祥万投手との入れ替わりで2軍に降格となりました。今後は3軍で調整や治療を続けながら近日中に病院を受診する予定だそうです

ようやく1か月半ぶりに中崎投手が腰痛から復帰したかと思えば、まるで入れ替わるように、昨年の最多勝投手で右のエースである野村投手は離脱するとは…。ジョンソン投手はすでに2軍で調整登板を行っており、交流戦からの1軍復帰を目指している段階ですが、一時期とはいえ、これで昨年16勝の野村投手、15勝のジョンソン投手という左右の両輪がともに1軍からいなくなりました。これはチームにとっても大きな痛手です

腰の違和感がどの程度のものなのか、回復までのどのくらいの期間を要するものなのかは現時点では分かりません。中崎投手が腰痛症で1ヵ月半ほど離脱していたことを考えると、同じくらいの期間、離脱する可能性もあるかもしれません。

長いシーズン、ベストメンバーで戦えることはありません。故障や不調、いろんなアクシデントはつき物です。野村投手にはしっかり治してもらって、万全な状態で戻ってきてほしいと思います。そして、離脱の間は当然ながら先発投手陣のやりくりが厳しくなりますが、ジョンソン投手の復帰もあり、また中村祐投手と言った若手も伸びているだけに、1・2軍含めて、総力を結集して、この危機を乗り切ってほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆5/24寸評☆やっと大瀬良投手2勝目!投打かみ合いホームで連勝

☆5/24寸評☆やっと大瀬良投手2勝目!投打かみ合いホームで連勝

やっぱりカープは本拠地に強い!そして今日は逆転ではなく、先制して、中押し、ダメ押しとしっかり得点を積み重ね、磐石な試合運びで勝利を収めました。なんせ、先制点を奪ったのは、実に9試合ぶりのこと。それもカープ先発・大瀬良投手が初回のピンチを乗り切り、チームにリズムを与えてくれたことにあるでしょう。


初回、大瀬良投手は1死から坂口選手にヒットを浴び、2死後、雄平選手にフルカウントから四球を与えてしまい、2死1・2塁のピンチを招きます。打席にはバレンティン選手。前回の対戦では逆転の3ランを浴びてしまった相手に、警戒のあまり3ボールとしてしまいます。しかし、際どいコースへストライクを2つ投げ込み、そして最後は渾身のストレートで空振り三振!自慢の球威で相手のバットに空を切らせました

三振の後、バレンティン選手は判定に抗議し、退場になりました。これがかえって、相手のベンチの空気を悪くしたのか、カープに流れが来ました。1回裏、1死から菊池選手がセンター頭上を越える3塁打でチャンスを作ると、丸選手の打球はライナーでライトの頭上を越え、フェンス直撃の2塁打。これでカープが9試合ぶりとなる先制を決めました。

3回には丸選手の犠牲フライで1点を追加すると、6回には鈴木選手が東京ヤクルト先発・石川投手のストレートをレフトスタンドの上段フェンスに直撃するホームランが飛び出しました。この1点はカープにとって大きな勇気と勝利への希望を抱かせる貴重な中押し点となりました。さらにこの回に1点を追加し、リードを4点に広げました。

大瀬良投手はここまでわずか1勝。なかなか勝ち星に恵まれない試合が続きました。しかし、今日は打線が先制、中押しとしっかり得点を積み重ねてくれました。それに応えるかのように、ストレートの球威を存分に生かしたピッチングを見せました。バックの守りにも救われました。とりわけ5回には先頭打者にヒットを許し、続く西浦選手には3ボール1ストライクとカウントを悪くしましたが、カットボールを大きな飛球ながらセンターフライに抑え、相手のバントミスなどにも助けられ、ゼロに抑えました。


何と言っても、ストレートの威力が素晴らしかったと思います。だからこそ、変化球も活きていたように感じます。そして、打線の援護もあって、ようやく2勝目をつかみました。野村投手が抜けた今、右のエースの代わりをしなくてはならない立場である大瀬良投手が2勝目を挙げたことは今後の戦いにも大きな意味があるでしょう

さあ、本拠地でしっかり勝つことが出来ました。見事連勝を決め、貯金は7となりました。交流戦まで残りは3試合。明日は試合がありません。じっくりと身体を休め、東京に移動して、東京ドームで巨人戦。中崎投手の復帰で中継ぎのコマが揃い、東京ヤクルト戦で初戦は接戦をモノにし、2戦目は先制点を守り抜いての勝利を収めただけに、ビジターでも勝てる要素を持ち合わせることができました。それを東京ドームでフルに生かして、ビジターでも勝てる野球、守り勝つ野球を見せてもらいましょう!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>5月24日、広島vs東京ヤクルトの試合結果

◎<公式戦>5月24日、広島vs東京ヤクルトの試合結果

ヤ|000 000 100|1
広|101 002 02X|6

勝◇大瀬良 8試合2勝
負◆石川 9試合4勝4敗
S◇-

HR:鈴木9号(1、石川)

安打数:広9、ヤ5
盗塁数:広0、ヤ2(山田、上田)
失策数:広0、ヤ1(鵜久森)
残塁数:広5、ヤ5

試合時間:2時間50分
観衆:30469人(マツダスタジアム)
対東京ヤクルト戦績:7勝4敗

★打者成績(打数-安打-打点 打率の順)
1番:(遊)田中     4-2-0 .312
2番:(二)菊池     3-1-0 .269
3番:(中)丸      3-1-2 .305
4番:(右)鈴木     2-1-1 .305
5番:(一)新井     3-1-0 .264
6番:(三)安部     2-0-0 .346
7番:(左)堂林     2-1-0 .286
    打 松山     1-0-1 .257
    投 中崎     0-0-0  -
    投 ジャクソン  0-0-0  -
    打 ペーニャ   1-1-2 .233
    投 今村     0-0-0  -
8番:(捕)会沢     3-1-0 .278
    捕 石原     1-0-0 .261
9番:(投)大瀬良    2-0-0 .125
    打 エルドレッド 1-0-0 .311
    左 野間     0-0-0 .222

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点 防御率の順)
大瀬良   6-96-3-6-1-0 3.22
中崎    1-12-1-0-0-1 3.52
ジャクソン 1-15-1-1-0-0 0.89
今村    1-13-0-0-0-0 3.15

★得点経過
1回表(広):丸、ライトフェンス直撃の先制タイムリー2塁打(広1-0ヤ)
3回表(広):丸、センターへの犠牲フライ(広2-0ヤ)
6回裏(広):鈴木、レフトスタンドに飛び込む貴重な中押しソロホームラン(広3-0ヤ)
6回裏(広):松山、ショートゴロの間に三走生還(広4-0ヤ)
7回表(ヤ):中村、セカンドゴロの間に三走生還(広4-1ヤ)
8回裏(広):ペーニャ、詰まりながらもセンター前にぽとりと落とすダメ押しの2点タイムリー(広6-1ヤ)

★東京ヤクルトの継投<(カッコ内はイニング数)
石川(5.1)、ギルメット(1.2)、村中(1)-中村

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる