<公式戦>4月21日、今日の試合は…

◎<公式戦>4月21日、今日の試合は…

第5回戦(14時:ナゴヤドーム、対中日3勝1敗0分)
広    島  vs  中   日

★先発投手★
C:K・ジョンソン(3試合2勝1敗 防御率2.57)
D:D・ジー(3試合0勝3敗 防御率3.68)

★中継★
J-SPORTS2(13:55~18:00)
NHK総合(13:50~17:30、全国放送)

★天気予報★
ナゴヤドームの天気予報はこちら

★見どころ★
連勝は5でストップしました。そして、前夜は一時は3点のリードを奪いましたが、その直後に7点を失うという逆転負け。勝ち続けるというのは大変な労力を伴うもので、連勝が止まったということよりも、ここから連敗し、ズルズルとショックを引きずらないことのほうが重要でしょう。しかも、今回の舞台は敵地・ナゴヤドーム。昨年は3タテしたこともあれば、3タテされたこともある舞台。先手を奪われたからこそ、そして中継ぎの必要戦力を温存したからこそ、今日の試合は非常に重要です。

カープの先発はジョンソン投手。カープのエースですが、前回登板の14日の巨人戦は8回2失点と試合を作り、今季2勝目をマークしました。3月31日、今季最初の対戦となった中日戦は7回1失点で勝利投手となっています。中日打線は全体的にキーマンが左打者であるように感じます。特に昨夜の試合では、どれだけブルペンに左腕がいたら…と思ったことか。だからこそ、左腕のジョンソン投手の登板は期待が膨らむところ。昨夜19安打を放った打線ですが、ジョンソン投手が投げることで、どこまで目先を変えることが出来るか…とにかく1イニングでも長く投げてほしい、相手のタイミングを外す投球を見せてほしいところです。

一方で中日の先発はジー投手。カープは3月31日に対戦しており、6回6失点でKOしました。その後、ジー投手は勝ち星には恵まれないものの、8回3失点、8回2失点と試合を作っています。日本のマウンドに慣れ、徐々に本領を発揮してきているといったところでしょうか。特に左打者に被打率.233、右打者に.235とほとんど変わらないところも、先発としての資質の高さを感じます。前回のイメージで臨むと、かなりの違和感からか押さえ込まれる可能性もあるでしょう。カープは前回対戦では打者2巡目に攻略していますが、その後は初回に失点している傾向があります。カープ打線としてはまずは立ち上がり、ここでどんな攻め方をするかがポイントとなりそうです。そしてそこで得点を奪えるか…ここにあると思います。

★他球場の試合★
阪神vs巨人(14時:阪神甲子園球場)
東京ヤクルトvs横浜DeNA(18時:明治神宮野球場)
北海道日本ハムvs福岡ソフトバンク(14時:札幌ドーム)
東北楽天vsオリックス(14時:仙台・楽天生命パーク)
埼玉西武vs千葉ロッテ(14時:所沢・メットライフドーム)

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
応援の↓のボタンクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆KUNI’s EYE(4/20・vsD)☆思い出す…2年前の日本シリーズ、そしてやはり左不足

☆KUNI’s EYE(4/20・vsD)☆思い出す…2年前の日本シリーズ、そしてやはり左不足

前夜、劇的なサヨナラ勝ちで5連勝を飾ったカープ。ただ、こういった試合の翌日、移動日なしでナゴヤドームに乗り込み、疲れがないわけがないと思うわけです。それでも試合開始の時間は来る…そして迎えた試合は、7回表に相手の緩慢な守備をきっかけに一挙5点を奪って、逆転に成功しましたが、その直後に7点を奪われての逆転負けでした。

大きな連勝が止まった直後、結構連敗してしまうことってあります。いわゆる「勝ち疲れ」とも言ったりしますが、1つの勝利を手繰り寄せることは、かなり精神的にも疲れを伴うもの。しかも、このところ僅差のゲームが続き、その上、前夜は5時間近くに及ぶゲーム。それはなおさらでしょう。それでも7回に2点差をひっくり返し、一時は3点のリードを奪ったのですから、打線の活発さは前夜の勢いを今日につなげていました

しかし、リードを奪った直後にマウンドに上がった中田投手。こちらも前夜の疲れがあったのか、球がばらつきました。そして、ベンチとしては、ここのところ連投続きの勝利の方程式に休みを与えたい…そんな思いもあったのでしょう。中田投手にすべてを託しましたが、相手の打線に完全に捕まってしまいました。


ところで、今日の試合を見ていると、状況はまったく違いますが、2年前の日本ハムとの日本シリーズ第6戦を思い出します。地元でカープが4-4の同点に追いつきましたが、ジャクソン投手がつかまり、レアード選手に満塁本塁打を浴びてしまう…その場面です。移動日があったとはいえ、6連投と疲れのたまったジャクソン投手が打たれてしまいました。

今日の試合もそうなのでしょう。前夜の疲れを引きずったまま、今日の試合に臨み、中継ぎ陣を温存させたいという思いもあったのでしょう。中田投手に託しても、相手打線につかまってしまいました。

とりわけ、相手打線は続々と左打者を繰り出してきました。そこをことごとく打たれました。「ここで左投手が1人でもいれば…」というところなのですが、今のブルペンには1人もいない。先発投手が右投手ならばなおさらで、だからこそ、相手はどんどん左打者を繰り出せます。ここがシーズンのような長期戦となれば勝てるカープも、こういった局面になると、投手のバリエーションが少な過ぎるがあまり、どうしても一本調子になってしまうのでしょう。相手も大胆に出れるのです。

そしてもう1つ。それは前夜の試合に登板していない、先発の野村投手。前夜、劇的だけれども、5時間近くに及ぶゲームを戦ったチームメイトの中で、野村投手には1イニングでも多く投げてほしかった…開幕投手を託すほどの投手なのですから、こういったときほど、抑えてほしいというのが正直なところ。相手にコンパクトに打たれた印象があります。前回打たれていただけに、大切にいきたかったのかもしれませんが、もう少し大胆さがほしかったところです。


前夜、長時間の戦いを制したのですから、今日のような試合展開になるのも仕方がありません。長期的な観点からいけば、今日の負けは仕方がないでしょう。ただ、セリーグ連覇をし、今年こそはと日本一を狙うカープにとっては、今日の試合をどうモノにしていくか…先発に1イニングでも長く投げてほしい試合で、6回で降板してしまう、そして相手が左打者ばかり繰り出してきても、左投手をマウンドに送れない。

今は長いシーズンの戦い。今日の負けは仕方がありませんし、勝利の方程式を休ませることが出来たのは、今後への大きなプラス材料です。ただ、その中でも勝てるチームにするには、よりチームが強くなるためには、もっと考えなければならないことはたくさんありますし、それには勇気も必要ですし、柔軟性も必要なのだと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>4月20日、広島vs中日の試合結果

◎<公式戦>4月20日、広島vs中日の試合結果

広|110 000 500|7
中|201 010 70X|11

勝◇伊藤準 6試合1勝
負◆中田 8試合1敗
S◇-

HR:菊池4号(1、小笠原)、安部1号(1、小笠原)

安打数:広10、中19
盗塁数:広2(安部、丸)、中2(京田、平田)
失策数:広0、中1(京田)
残塁数:広5、中10

試合時間:3時間40分
観衆:32583人(ナゴヤドーム)
対中日戦:3勝1敗

★打者成績(打数-安打-打点 打率の順)
1番:(遊)田中     5-1-2 .263
2番:(二)菊池     5-3-2 .272
3番:(中)丸      3-0-0 .362
4番:(一)バティスタ  3-0-1 .214
    右 野間     0-0-0 .125
5番:(左)下水流    4-0-0 .286
    投 アドゥワ   0-0-0  -
6番:(右一)堂林    3-1-0 .231
   打三 西川     1-0-0 .125
7番:(三一)安部    4-3-1 .286
8番:(捕)会沢     4-2-0 .125
9番:(投)野村     2-0-0 .125
    打 鈴木     0-0-0 .333
    投 中田     0-0-0  -
    左 松山     1-0-0 .262

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点 防御率の順)
野村   6-104-11-2-2-4 5.76
中田   0.2-38-7-0-0-7 14.29
アドゥワ 1.1-32-2-1-2-0 0.00

★得点経過
1回表(広):菊池、レフトスタンドへ運ぶ先制アーチ(広1-0中)
1回裏(中):アルモンテ、ライトへのタイムリー(広1-1中)
1回裏(中):平田、レフトが前進するもその前に落ちるタイムリー(広1-2中)
2回表(広):安部、ふわっと上がった打球はライトスタンド最前列へ(広2-2中)
3回裏(中):モヤ、バットを折りながらもライト前へ(広2-3中)
5回裏(中):平田、レフトへのタイムリー(広2-4中)
7回表(広):田中、詰まりながらもライトへタイムリー(広4-4中)
7回表(広):菊池、左中間への2塁打で一気に逆転&相手の中継乱れる(広6-4中)
7回表(広):バティスタ、レフトへの犠飛(広7-4中)
7回裏(中):高橋、左中間への2塁打(広7-5中)
7回裏(中):福田、センターへのタイムリー(広7-6中)
7回裏(中):大島、ライトへの狙いすましたような鋭い当たりのタイムリー…もう止められない(広7-8中)
7回裏(中):京田、ライトへのタイムリー(広7-9中)
7回裏(中):モヤ、レフトへのタイムリー(広7-11中)

★中日の継投<(カッコ内はイニング数)
小笠原(6.1)、伊藤準(0.2)、鈴木博(1)、田島(1)-大野奨、松井雅

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>4月20日、広島vs中日のスタメン

◎<公式戦>4月20日、広島vs中日のスタメン

18時、ナゴヤドームで試合開始の広島vs中日のスタメンです。

【広島・スタメン】
1番:(遊)田中
2番:(二)菊池
3番:(中)丸
4番:(一)バティスタ
5番:(左)下水流
6番:(右)堂林
7番:(三)安部
8番:(捕)会沢
9番:(投)野村


【中日・スタメン】
1番:(中)大島
2番:(遊)京田
3番:(左)アルモンテ
4番:(一)モヤ
5番:(右)平田
6番:(二)高橋
7番:(三)福田
8番:(捕)大野奨
9番:(投)小笠原

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<ファーム>4月11日、広島vsオリックスの試合結果

◎<ファーム>4月11日、広島vsオリックスの試合結果

オ|000 130 400|8
広|120 000 010|4

勝◇山田 2勝1敗
負◆高橋昂 1勝1敗
S◇-

HR:バティスタ3号(1、金田)

安打数:広8、オ12
失策数:広0、オ1

試合時間:3時間16分
観衆:229人(由宇)

★打者成績(打数-安打-打点の順)
1番:(二三)上本    4-2-1
2番:(捕)坂倉     3-1-0
    捕 中村奨    1-0-0
3番:(左)バティスタ  3-1-1
4番:(中)高橋大    4-2-1
5番:(三)小窪     2-0-0
    二 木村     2-0-0
6番:(右)岩本     4-2-0
7番:(一)青木     4-0-0
8番:(遊)桑原     3-0-0
9番:(投)高橋昂    2-0-0
    投 ケムナ    0-0-0
    投 佐藤     0-0-0
    打 天谷     1-0-0
    投 カンポス   0-0-0
    投 長井     0-0-0
    打 赤松     1-0-0

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点の順)
高橋昂  6-100-7-8-1-4
ケムナ  0.1-23-1-0-3-4
佐藤   0.2-9-1-1-0-0
カンポス 1-21-1-2-0-0
長井   1-13-2-0-0-0

★オリックスの継投<(カッコ内はイニング数)
山田(5)、小林(1)、岸田(1)、金田(1)、鈴木優(1)-西村

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる