☆KUNI’s EYE(7/22・vsG)☆5アーチで6点差逆転!ベテランが2年ぶり勝利投手に

平成30年7月豪雨 避難と生活情報(Yahoo!)はこちら

☆KUNI’s EYE(7/22・vsG)☆5アーチで6点差逆転!ベテランが2年ぶり勝利投手に

最後まで諦めずに、カープの野球をし続ける…この3連戦はすべてカープの逆転勝利でした。それだけ粘り、そして1球への集中力が勝ったのでしょう。広島に勇気と、少しでも笑顔を届けられたら…その一心で臨んだ試合で、カープは見事首位攻防戦を3連勝で飾ってくれました。そして今夜は広島出身のベテラン・永川投手が2年ぶりの勝利投手となりました。


カープ先発・高橋昂投手はコントロールがかなりばらついていました。球数ばかりがかさんでしまう状況の中、3回表にはショートゴロを田中選手がファースト・松山選手に正確に送球するも、それをぽろりと落球。味方のエラーの後、マギー選手に3ランを浴びてしまうという嫌な流れ。続く4回にもタイムリーと2ランでさらに3点を失い、ここで降板となりました。

もはや6点のビハインド…かなり厳しい状況になりました。しかも、頼みのカープ打線は巨人先発・今村投手の前に、3回までノーヒットに押さえ込まれていました。

しかし、4回にこの日、チーム初安打となるバティスタ選手ライトへの一発が反撃のノロシとなりました。5回には先頭の磯村選手の打球をショート・吉川尚選手がこぼしてしまうエラーで出塁すると、1死から田中選手が高めのボール球をライトスタンドへ運ぶ2ラン。さらに菊池選手が四球を選ぶと、続く丸選手がライトスタンドへの豪快2ラン。ここで今村投手をKOすると、2番手・野上投手の初球を鈴木選手が左中間スタンドにライナーで一発!これでカープは3アーチで一挙5点。ここまでヒットはすべてホームランという「一発攻勢」で一気に同点に追いつきました。

そして6-6の同点で迎えた6回。巨人は3番手の上原投手。1死から菊池選手がちょこんとバットに当ててのセンター前ヒットで出塁すると、打席には丸選手。2球目、外寄りのストレートでした。けして甘い球ではありませんでしたが、そこを上手くバットに乗せて、逆らわずに放った打球はレフトスタンド上段までに運ぶ値千金の勝ち越し2ラン!!6点を跳ね返し、ついにリードを奪ったのです。


打線の集中力は素晴らしいものがありました。そしてそれとともに、今日は2番手以降の中継ぎ陣が相手打線を見事に封じてくれたことも、勝利を大きく演出してくれました。

2番手・アドゥワ投手は4回途中からマウンドに上がり、緩急をつけた巧みなピッチング。プロ初打席にも立ち、5回裏終了後のグラウンド整備のインターバルも超えるという、経験のない調整もあったでしょうが、それでも2回と3分の2をパーフェクトに抑えてくれました。ここで火がつきそうな相手打線を落ち着かせたことは、この試合を振り返っても大きな意味があったと思います。

そして3番手・永川投手は先頭打者を内野安打で出しましたが、マギー選手をフルカウントからスライダーで三振を奪い、スタートを切っていた1塁走者を会沢選手が刺し、三振ゲッツーにしました。この回をゼロで切り抜けると、連投が続くフランスア投手も2死からピンチを招きますが、阿部選手を空振り三振に抑え、最後は中崎投手が締めました。

先発投手が試合を作れず、早々に降板するという嫌な流れでした。しかし、カープ打線は一発攻勢、相手のミスにもつけこんで、一気に同点、逆転を決めてくれました。そして中継ぎ陣の奮闘。今村投手、ジャクソン投手という勝利の方程式を欠く中でも、今いるメンバーがそれぞれの役割をしっかり果たしてくれました

首位攻防戦はカープが3連勝、最高の形で締めくくってくれました。貯金は今季最多の15、そして2位とのゲーム差も今季最大の8。ひとまず後半戦は抜群のスタートを切りました。この3連戦は広島で野球が出来る喜びを感じながら、笑顔と勇気を与えるプレーを数多く見せてくれました。今年は3連覇、そして悲願の日本一…絶対に実現するべく、暑い夏場を全員で乗り切りましょう



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>7月22日、広島vs巨人の試合結果

◎<公式戦>7月22日、広島vs巨人の試合結果

巨|003 300 000|6
広|000 150 20X|8

勝◇永川 12試合1勝
負◆上原 27試合4敗
S◇中崎 38試合23S

HR:バティスタ14号(1、今村)、田中5号(2、今村)、丸19号(2、今村)20号(2、上原)、鈴木13号(1、野上)、マギー12号(3、高橋昂)、吉川尚3号(2、高橋昂)

安打数:広6、巨11
盗塁数:広2(菊池、鈴木)、巨1(吉川尚)
失策数:広1(松山)、巨2(田中俊、吉川尚)
残塁数:広4、巨6

試合時間:3時間25分
観衆:31787人(マツダスタジアム)
対巨人戦:12勝4敗

★打者成績(打数-安打-打点 打率の順)
1番:(遊)田中    4-1-2 .259
2番:(二)菊池    3-1-0 .244
3番:(中)丸     3-2-4 .332
4番:(右)鈴木    3-1-1 .292
5番:(一)松山    4-0-0 .301
    投 フランスア 0-0-0 .000
    一 堂林    0-0-0 .211
6番:(左)バティスタ 4-1-1 .267
    左 下水流   0-0-0 .266
7番:(三)西川    3-0-0 .297
    投 中崎    0-0-0  -
8番:(捕)磯村    3-0-0 .190
    投 永川    0-0-0  -
   一三 安部    1-0-0 .181
9番:(投)高橋昂   1-0-0 .250
    投 アドゥワ  1-0-0 .000
   打捕 会沢    2-0-0 .335

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点 防御率の順)
高橋昂   3.1-82-7-3-2-5 8.64
アドゥワ  2.2-36-0-2-0-0 3.16
永川    1-12-1-1-0-0 0.82
フランスア 1-19-2-1-0-0 2.64
中崎    1-11-1-1-0-0 2.19

★得点経過
3回表(巨):マギー、左中間スタンドへ痛恨の3ランを浴びる(広0-3巨)
4回表(巨):長野、レフトへのタイムリー(広0-4巨)
4回表(巨):吉川尚、高めの球をライトスタンド最前列に運ばれる(広0-6巨)
4回裏(広):バティスタ、こすったような当たりも力でライトスタンドに運ぶ(広1-6巨)
5回裏(広):田中、内角高めのボール球を力強く振り抜きライトスタンドへの2ランに(広3-6巨)
5回裏(広):丸、右中間スタンドに運ぶ2ランでついに1点差に(広5-6巨)
5回裏(広):鈴木、初球をライナーで左中間スタンドに運ぶ一発でついに同点!(広6-6巨)
7回裏(広):丸、レフトスタンド上段まで運ぶ逆転の2ランアーチ!!(広8-6巨)

★巨人の継投<(カッコ内はイニング数)
今村(4.1)、野上(1.2)、上原(1)、吉川光(1)-大城、小林


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>7月22日、広島vs巨人のスタメン

平成30年7月豪雨 避難と生活情報(Yahoo!)はこちら

◎<公式戦>7月22日、広島vs巨人のスタメン

18時、マツダスタジアムで試合開始の広島vs巨人のスタメンです。

【広島・スタメン】
1番:(遊)田中
2番:(二)菊池
3番:(中)丸
4番:(右)鈴木
5番:(一)松山
6番:(左)バティスタ
7番:(三)西川
8番:(捕)磯村
9番:(投)高橋昂


【巨人・スタメン】
1番:(右)長野
2番:(遊)吉川尚
3番:(三)マギー
4番:(一)岡本
5番:(中)陽岱鋼
6番:(二)田中俊
7番:(左)石川
8番:(捕)大城
9番:(投)今村

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感328>相手の大型連勝…それがカープに流れを呼んでいる?

平成30年7月豪雨 避難と生活情報(Yahoo!)はこちら

<KUNIの雑感328>相手の大型連勝…それがカープに流れを呼んでいる?

セリーグで混沌する2位争いから、7連勝という形で一歩抜きでしたのが巨人。そして、カープはマツダスタジアムで、その7連勝中の巨人を迎えての3連戦の真っ最中ですが、カープは相手が繰り出してきた山口俊投手、菅野投手という2枚看板を打ち崩し、見事連勝を飾ってくれました。それは広島に勇気と感動、笑顔をもたらすものだったと思います。

ところで、この3連戦の前、スポーツ紙の記事を見ていると、「巨人が7連勝の勢いに乗って、マツダスタジアムでの2枚看板をぶつけて、一気にゲーム差を2に詰める」というような内容のことが書かれていました。

しかし、私は思うんです。カープがそんな巨人の目論見を見事に外し、連勝を決めることが出来た要因。もちろん打撃陣の粘りと攻撃力の高さもあります。チーム一丸で踏ん張ってくれたということもあります。ただ、相手が「7連勝していた」ことも、1つの要因ではなかったでしょうか。

7連勝と聞くと、それはものすごい勢いがあるチームに感じます。確かに、巨人は前半戦にはいなかった投手の台頭もあって、一気に連勝を伸ばしてきました。そもそも戦力の厚みがあり、得点力もあるチーム…5割ラインを行ったり来たりしているようなチームではないとは思います。

ただ、大型連勝というのは、チーム全体に大きな疲労ももたらすように思います。そもそも、1つ勝つだけでも、大きなパワーが必要です。その7連勝が圧勝続きであれば話は別でしょうが、接戦続きで、時に延長戦があったり、毎日のように勝利の方程式となる投手を繰り出しての大型連勝であれば、連勝が進むにつれて、チームとしての疲労感も高まってくるでしょう。

「連勝疲れ」という言葉があります。大きな連勝がストップしたら、意外と連敗するものだ…ということ。やはり、大型連勝というのは、大きなエネルギーが必要ということなのでしょう。それでいて、苦手な敵地で3連勝が求められるとなれば、よりその疲労感やプレッシャーは増幅するもので、迎え撃つカープにとっては、そのことが大きなアドバンテージになったのだと思います。

相手はマツダスタジアムでの試合に苦しんでいます。しかも、大型連勝で、中継ぎ陣は毎日のように登板している状況でした。さらに、屋外球場で、うだるような暑さ。カープからすれば、それは大きなチャンスであり、それを見事に活かして、カード勝ち越しを決めてくれました。この2連勝で相手の勢いを見事に吸い取りました

この3連戦前はカープの選手も大きな緊張感があったはず。「広島のために、広島に元気を与えるために、絶対に勝たなければ」という使命感が大きなプレッシャーともなったことでしょう。しかし、確かに薄氷を踏むような戦いが続きましたが、それに勝利したことで、相手の勢いを、マツダスタジアムで自分たちの力に変えたカープ。今夜はどんな試合を見せてくれるか、すでに「カード勝ち越し」は決まっただけに、楽しみが膨らみます。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>7月22日、今日の試合は…

平成30年7月豪雨 避難と生活情報(Yahoo!)はこちら

◎<公式戦>7月22日、今日の試合は…

第16回戦(18時:マツダスタジアム、対巨人11勝4敗0分)
広    島  vs  巨   人

★先発投手★
C:高橋昂也(3試合1勝1敗 防御率4.43)
G:今村信貴(4試合2勝2敗 防御率3.60)

★中継★
J-SPORTS1(17:45~22:00)

★天気予報★
マツダスタジアムの天気予報はこちら

★見どころ★
7連勝という猛烈な勢いでマツダスタジアムに乗り込んできた巨人を相手に、カープは2試合、ともに混戦となりながらも、ちょっと色合いが違う試合で連勝しました。一昨日はあと1人というところまで追い込まれての下水流選手の起死回生の逆転サヨナラ2ラン。最後まで諦めてはいけない…そんな試合を見せてくれました。そして昨夜はチームがエラーを重ねながらも、それを全員でカバーしあい、最後は皆で喜んだ試合でした。まさに「チーム一丸」という感じでした。そして今日はどんな試合を見せてくれるのでしょうか。期待するのは、若い力で将来へ希望の光を感じさせる試合…です。

カープの先発は高橋昂投手。まだ19歳の若き左腕は、前回登板の6月28日、今日と同じ巨人戦で相手のエース・菅野投手と投げ合い、6回2失点でプロ初勝利を挙げました。ストレートに変化球のコンビネーションが冴え渡り、非常に積極的な、若々しさを感じさせる投球を見せてくれました。1軍での登板機会は空きましたが、フレッシュオールスターでは150キロを超えるストレートを随所に見せ、直近では16日のウエスタンリーグ・中日戦で先発し、4回をノーヒットに抑える堂々としたピッチングを見せました。プロ初勝利、しかも菅野投手に投げ勝ったことが大きな自信となったのではないでしょうか。右の強打者が多い巨人打線だけに、自慢のストレートをいかに相手の懐に投げ込めるかがカギとなります。

一方で巨人の先発は今村投手。前回登板は8日、カープ戦。カープ打線はバティスタ選手の一発がありましたが、5回までに放ったヒットはその1本。完全に押さえ込まれました。ただ、今回はマツダスタジアムが舞台、そしてチームは3タテ、そして自力優勝消滅の危機に瀕している…前回とはプレッシャーの違いは桁違いです。なんせ、今季挙げた2勝はいずれもホーム。唯一、1試合投げたビジターでの試合は7回途中4失点という結果でした。カープ打線としては、そんな相手のプレッシャーを逆手にとって、初回から攻めてほしいところ。なんせ、左打者には被打率.263と苦手にしているだけに、田中選手、丸選手がしっかり粘りチャンスメイクできるかどうか、そこから中軸以降の「つなぎ」で得点に結び付けてほしいところです。

★他球場の試合★
横浜DeNAvs阪神(17時30分:横浜スタジアム)
東京ヤクルトvs中日(18時:明治神宮野球場)
千葉ロッテvsオリックス(17時:千葉・ZOZOマリンフィールド)
埼玉西武vs東北楽天(18時:所沢・メットライフドーム)
北海道日本ハムvs福岡ソフトバンク(14時:札幌ドーム)

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
応援の↓のボタンクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
33位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる