FC2ブログ

セリーグ順位表(8/15時点)

◎セリーグ順位表(8/15時点)

8/15終了時点でのセリーグ順位表です。

1位:巨人     107試合59勝46敗2分 勝率.562 差  -
2位:横浜DeNA 110試合56勝51敗3分 勝率.523 差 4.0
3位:広島     111試合56勝52敗3分 勝率.519 差 0.5
4位:阪神     110試合50勝54敗6分 勝率.481 差 4.0
5位:中日     108試合48勝58敗2分 勝率.453 差 3.0
6位:東京ヤクルト 110試合44勝64敗2分 勝率.407 差 5.0


一時は首位・巨人と2位・横浜DeNAとのゲーム差が0.5にまで接近し、勝ち星の数が1~3位まで並ぶという大混戦となっていましたが、巨人が東京ヤクルト戦で7点差をひっくり返す逆転勝利を飾ってからというもの、一気に調子を取り戻し、再び、2位とのゲーム差は4まで広がりました。

やはり、一時は10ゲーム以上離れていただけに、そのリードを大きさ、この「0.5」というあと少しのところまで追いつめても、いかにひっくり返すことが難しいかということなのでしょう。

そして、一気にゲーム差が詰まったのは、横浜DeNA、そしてカープが一気に調子を上げてきたことと、巨人が調子を崩したことがうまく重なりましたが、その流れというのは、一気に反転する可能性もある…そうして、一気にゲーム差が詰まったり広がったりするのは、今年のセリーグの特徴なのかもしれません。

それだけ、どの球団も優勝への決め手に欠けるわけで、最終盤のラストスパートで一気に調子を上げたチームが優勝をつかみ取るのではないでしょうか。なんせ、2週間で10ゲーム動いたこともあるシーズンですから、最後まで何が起こるか分かりません。

そうなれば、今季8連勝を3度、11連勝の経験もあるカープにだって、十分にチャンスがあるわけです。その流れをつかめるかどうかは、調子の上がらない今、いかに辛抱強く戦うかにかかっています。自力優勝の目は消えましたが、それも今後、「諦めない」姿勢を見せ続けば、当然復活しますし、まだまだ優勝の可能性はあるわけですから。今が踏ん張り時です

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

カープ、今節の展望(8/16~18)

◎カープ、今節の展望(8/16~18)

まずは、前節の試合結果から…

〇広8-4D(8/6、マツダスタジアム)
●広0-4D(8/7、マツダスタジアム)
〇広4-1D(8/8、マツダスタジアム)
〇広11-5神(8/9、京セラドーム大阪)
●広5-6神(8/10、京セラドーム大阪)
●広5-6神(8/11、京セラドーム大阪)
●広7-8巨(8/12、マツダスタジアム)
〇広2-1巨(8/13、マツダスタジアム)
●広1-7巨(8/14、マツダスタジアム)


調子がいいときというのは、けして長くは続かないもので、ちょっとしたはずみで一気に歯車がかみ合わなくなったりするもの。しかし、その状況を最低限短くとどめることも重要ですが、どうも今年のカープはそれが長期化してしまう傾向にあります。

前節の9連戦。1カード目の横浜DeNA戦こそ2勝1敗と勝ち越しを決めましたが、その後の2カードはいずれも負け越し。その中でもとりわけ阪神との2戦目…フランスア投手の独り相撲で、2点リードを守れず、逆転サヨナラ3ランを浴びてしまいました。この夏場の勝負どころで、勝っておかなくてはならない試合を勝ち切れなかったことはあまりにも痛かったと思います。

それが尾を引き、次の試合でも終盤に守備の乱れなどもあって、リードをひっくり返され、その悪い流れのままで巨人との対戦を迎える結果となりました。調子の波を取り戻した巨人と、勝てる試合を2度続けて落としたカープ…たとえホームが舞台でも、このそれぞれのチームの流れでは、カープのカード負け越しは当然の結果だったのかもしれません。


では、今節の日程です。

広vsD(8/16、横浜スタジアム、18時)
広vsD(8/17、横浜スタジアム、18時)
広vsD(8/18、横浜スタジアム、18時)


カープは自力優勝の可能性が消えました。ただ、これをきっかけに、何かのタガが外れたかのように、ズルズルと行かないことが重要です。今年は好不調の波が非常に大きなカープだけに、残りのシーズンで、もしかしたら絶好調の大きな波が来るかもしれないのですから、それまでいかにじっくりと勝ち星を辛抱強く積み重ねていけるかというところでしょう。

今節は3試合。横浜DeNAと敵地横浜スタジアムでの3連戦。まずは2位浮上を狙うことになります。先発予想ですが、床田投手が先発ローテーションを外れた今、そこに誰をはめるのかがポイントとなります。初戦は大瀬良投手、2戦目はモンティージャ投手ではないかとされ、3戦目は九里投手という流れになるでしょう。

先発では床田投手とアドゥワ投手が、中継ぎではフランスア投手が離脱しました。とりわけ投手陣のやりくりが難しい状況にあります。だからこそ、ここで打線に奮起してほしいところですが、こちらもちょっと下降気味。投打ともに右肩下がりの調子となっている今、どう選手起用していくか、そして辛抱強く粘り強く戦っていくことが求められます

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<ファーム>7月16日、広島vs阪神の試合結果

◎<ファーム>7月16日、広島vs阪神の試合結果

広|010 100 001|3
神|002 000 000|2

勝◇馬場 10試合4勝3敗
負◆ローレンス 14試合3勝4敗
S◇岡本 12試合1勝1敗1S

HR:-

安打数:広10、神8
盗塁数:広0、神1(荒木)
失策数:広3(林、羽月、岡田)、神0
残塁数:広2、神5

試合時間:2時間32分
観衆:3752人(甲子園)
対阪神:11勝10敗

★打者成績(打数-安打-打点の順)
1番:(中左)永井     3-0-0 .168
    打 メヒア     1-0-0 .296
2番:(二)羽月      3-1-0 .262
    打 庄司      1-1-1 .261
    走 上本      0-0-0 .250
3番:(左)長野      3-0-0 .167
    中 赤松      1-0-0 .143
4番:(指)堂林      3-0-0 .286
5番:(遊)サンタナ    3-0-0 .269
6番:(右)正隨      3-0-0 .208
7番:(一)林       3-0-0 .193
8番:(三)中神      3-0-0 .253
9番:(捕)中村奨     3-1-0 .190

★投手成績(投球回-投球数-被安打-奪三振-四死球-自責点の順)
ローレンス 6-81-4-4-0-2 3.23
永川    1-9-0-0-0-0 5.14
岡田    1-19-0-1-1-0 7.94

★阪神の継投<(カッコ内はイニング数)
岩貞(2)、馬場(3)、高橋聡(1)、高野(1)、横山(1)、岡本(1)-片山

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<公式戦>8月14日、今日の試合は…

◎<公式戦>8月14日、今日の試合は…

公式戦(対巨人20回戦 12勝6敗1分)
広    島  vs  巨    人
(18時:マツダスタジアム)

★先発投手★
C:野村祐輔(14試合 6勝3敗0S 防御率3.77)
G:菅野智之(17試合 8勝5敗0S 防御率3.90)

★中継★
RCC中国放送(18:15~21:57、広島地区のみ)
BS-TBS(18:00~20:54)
TBSチャンネル(17:55~23:00)

★天気予報★
マツダスタジアムの天気予報はこちら

★見どころ★
打線は好調…しかし、それは1点差に迫るまでの話。そこを打ち破れるかどうか、欲しい1点を奪うことができるかどうか、そこを乗り越えなければ、深みにはまるのではないかと思っていました。昨夜、「やっぱりな」という展開になりましたが、延長11回に磯村選手の劇的サヨナラ犠牲フライ。相手はおそらく引き分けでも良い…という思いがあったことでしょう。そんな思惑、ホームで思い通りにさせるわけにはいきません。今年、負のスパイラルを生んだ悪い流れを、磯村選手が何とか断ち切ってくれました。後はホームの利を活かして、そして昨夜、乗り越えた壁や呪縛を振り放った勢いを見せつけてほしいと思います。是が非でもカード勝ち越しを決めましょう!

カープの先発は野村投手。まるでプロの打者に歯が立たない状況から、2軍で出直しを図り、1軍で復活を遂げてからというもの、3試合で3連勝と、ようやく本来の野村投手らしさを取り戻してきました。技巧的な投手である野村投手であっても、やはりその軸はストレート。変化球がストレートを活かすエッセンスとなれば、それが野村投手の持ち味の1つとなります。前回登板の8日の横浜DeNA戦では8回、被安打1、無失点という今季最高のピッチングを見せてくれました。その手ごたえを今夜のピッチングに生かしてほしいと思います。巨人戦は今季3度目の対戦で、過去2度は1勝、防御率2.25と相性は悪くありません。ゲレーロ選手に2の2、坂本勇選手に3の2と打たれていますが、低めと内角を突く野村投手らしい、思い切ったピッチングを見せてほしいところです。

一方で巨人の先発は菅野投手。今季は不調に苦しむ巨人のエースですが、カープとしては非常に手ごわい相手であることは間違いありません。カープを蹴落とそうと、中5日でマウンドに上がる相手の思惑を、カープ側からすれば何としても崩してほしいと思います。特に中5日ですから、できるだけ球数を投げさせれば、早い段階でマウンドから引きずり下ろせる可能性もあるだけに、打線の粘りも大きなカギを握るでしょう。カープは今季3度目の対戦で、カープの1勝、防御率は3.29となっています。西川選手は7の4、鈴木選手は5の2、安部選手が6の2とまずまずの相性となっています。先頭の西川選手がいかに出塁するか、ここが大きなカギとなりそうです。

★予想スタメン★
1番:(中)西川
2番:(二)菊池涼
3番:(一)バティスタ
4番:(右)鈴木
5番:(左)松山
6番:(三)安部
7番:(捕)會澤
8番:(遊)田中広
9番:(投)野村

★他球場の試合★
中日vs阪神(18時:ナゴヤドーム)
東京ヤクルトvs横浜DeNA(18時:明治神宮野球場)
北海道日本ハムvs千葉ロッテ(18時:東京ドーム)
埼玉西武vsオリックス(18時:所沢・メットライフドーム)
東北楽天vs福岡ソフトバンク(18時:仙台・楽天生命パーク宮城)

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
応援の↓のボタンクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆KUNI’s EYE(8/13vsG)☆重たい1点…磯村選手のバットでもぎ取る!!

☆KUNI’s EYE(8/13vsG)☆重たい1点…磯村選手のバットでもぎ取る!!

7-8で敗れた巨人との3連戦初戦。先発投手がいきなり4点を失いながらも、最後は1点差まで詰め寄りました。この試合に打線の粘りを感じるものの、あと1点というところではどうしても決定打が出ない…その様子を見ていると、あの11連敗していた頃の重苦しさを感じました。

1点の壁…それは今夜の2戦目にも感じました。

カープ先発・ジョンソン投手は初回のピンチを見事に乗り切り、前夜の「初回失点」の流れを断ち切りました。その後も7回まで巨人打線を2安打、無失点に抑える素晴らしいピッチングを展開しました。

しかし、打線は2回に松山選手の右中間への2塁打で1点を先制したものの、その後はどうも空回り。「あと1点追加すれば、勝利に近づけるのに…」という中で、なかなか得点できません。7回裏、1死満塁のチャンスでも代打・安部選手が三振、三好選手は良い当たりでしたが、センターへのフライに終わり、無得点に終わりました。

「やっぱりな」という感じでした。どうしても奪いたい追加の1点がどうしても奪えず、2点差にできない…。そうこうしているうちに、「おそらく追いつかれる」と思っていたら、8回表にセカンドゴロの間にサードランナーの生還を許し、やはり同点に追いつかれました。

やはり、打線は好調…といえども、「重たい1点」を奪うだけの力がない。チャンスは作れても、それを活かすことができない。嫌な負け方が続き、負けられない状況に追い込まれた中で、選手が大きなプレッシャーを感じているような雰囲気でした。

そんな大きな壁…ついにぶち破りました

11回裏、先頭の鈴木選手がレフトフェンスの上部に直撃する2塁打で出塁すると、野間選手がしっかりとバントを決め、その後のメヒア選手、會澤選手が立て続けに申告敬遠で、1死満塁のチャンスとなり、打席には代打・磯村選手

3球目、外角への変化球を見事にとらえました。打球はライナーでぐんぐんと伸び、レフトが背伸びしながらキャッチ。サードランナー・鈴木選手がそれを見てタッチアップし、悠々ホームイン!!「重たい1点」の壁を、なんとかこじ開けての劇的なサヨナラ勝利となりました。

上手くいかないときは、「1点の壁」が非常に重たくなるもの。昨夜の場合、もはやホームランしかないと思っていました。鈴木選手の当たりがレフトのフェンスに阻まれたときは、「この回も苦しいか」と正直思いました。しかし、相手が2つの申告敬遠…より大きなチャンスをくれたこと、そして磯村選手の執念が実を結んだ勝利だったと思います。そしてホームでの劇的サヨナラ勝利は、今後のチームとしての復調へ必ずつながっていくはずです。まだまだ巻き返せる!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓ボタンクリックでお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる