FC2ブログ

☆KUNI’s EYE☆メヒア選手が3戦連発!

☆KUNI’s EYE☆メヒア選手が3戦連発!

春季キャンプからオープン戦にかけて、打撃陣では特に右打者の成長ぶりを感じます。下水流選手や堂林選手はコンスタントにヒットを打っていますし、美間選手は打撃では勝負強さを、守備ではサードやセカンドで好プレーを見せるなど、攻守にわたって大きなアピールをしています。

そんな中で最も目立っているのがメヒア選手です。昨日、長崎で行われた埼玉西武とのオープン戦では、4回表、高橋光投手のドロンとしたカーブに見事にタイミングを合わせて、左中間スタンドに、3試合連続となる豪快な同点2ランを放ちました。2回にもストレートをセンター前にはじき返すタイムリーを放っており、昨日の試合ではチームの全打点をメヒア選手のバットで稼いだことになります。

ここまでのメヒア選手は何と打率5割で3本塁打。パワーといえば、どうしてもバティスタ選手やエルドレッド選手の方が目立ちますが、メヒア選手は的確なバットコントロールとミート力で、「ヒットの延長が本塁打」というバッティングを見せてくれています。昨日のオープン戦では相手の外角ストレートには、長いリーチも活かして、センター返しの意識を強く持ってはじき返し、緩いカーブはタイミングを合わせて本塁打。非常に器用さを感じさせます

昨シーズンは2軍で首位打者に輝いたメヒア選手。だからこそ、経験を積むことで、徐々にその打力を1軍でも開花させることが出来るのではと感じていました。確かにオープン戦であり、相手も調整段階ではありますが、それでも1軍クラスの投手を相手に経験を積んでいる今は、メヒア選手にとっては非常に貴重な時間でしょうし、このチャンスを見事に活かしています

現在、バティスタ選手は練習試合での死球による骨挫傷で別メニュー調整を余儀なくされ、復帰は未定の状況です。同じサードのライバルでもある安部選手も腰痛症で離脱しています。そのため、右打者でサードも守れるメヒア選手には大きな期待が高まります。この調子を続けていくことも重要ですが、今のこの期間に1軍クラスの投手との対戦を体感し、それに適応していく能力を育てていくことで、今季は1軍でも結果を残せるようになるのではないでしょうか。勝負強さ、打率、そしてパワー…打者としての大きな魅力を兼ね備えているだけに、今季の飛躍が期待されます。



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆KUNI’s EYE☆長井投手、結果はともかく上々の内容!

☆KUNI’s EYE☆長井投手、結果はともかく上々の内容!

カープの先発・薮田投手は非の打ちどころのないピッチングを見せてくれました。ストレートには伸びがあり、新球であるフォークも試し、かなりの手応えをつかんだようです。3回を投げて、相手に1本のヒットも許さず、まったくスキのない投球でした。普段は対戦しない相手だっただけに、あとはセリーグのチームを相手にどんなピッチングを見せるか…そこが気になるところです。


ところで、オープン戦開幕となったこの日。8回に9点というビッグイニングを献上し、逆転負けを喫してしまいましたが、そのきっかけとなってしまったのが、練習試合中のアクシデントで離脱した中村祐投手の代わりに1軍に呼ばれた2年目の長井投手でした。

先頭打者に対して、簡単に追い込みながらも、決定打がないまま、四球を与えてしまうと、さらにその後も連続四球。内野ゴロの感に1点を奪われてしまうなど、散々な結果となりましたが、内容は見るべきものがあったように思います。結果的には1死だけ奪ったのみで、4失点。防御率にして、108.00です。

ただ、数字の上ではそうですが、投手としての将来性を十分に感じさせてくれたピッチングでした。先頭の田中選手に対しては、ストレートからのフォークボールで2ストライクと追い込みました。そこから決めにいった内角低めのストレートが微妙に外れてしまった・・・そこからボールがばらついての四球でした。ランナーを出し、盗塁を決められながらも、オコエ選手に対してのストレートは149キロを計時しました。セットポジションからの投球で、150キロ近い球を投げるのですから、それは素晴らしいと思います。

長井投手にとっては、急きょ、1軍に呼ばれ、練習試合に出ることなく、いきなるオープン戦ですから。19歳の投手にとっては、あまりにも荷が重過ぎるようにも感じました。結果はともかくとして、その中で自慢のストレートで149キロをマークしたこと、フォークも決まれば、相手は空振りしてくれること…こういったことは、今後の糧、そして自信にしてほしいと思います。まだまだ線が細いと感じただけに、もっと下半身を鍛えていけば、コントロールもつき、良い投手になれる…そう感じさせるだけの素質はあります。


ただ、このイニングは長井投手降板後も、その後を次いだオスカル投手が止めきれず9失点…これはいただけません。中継ぎが炎上しかけたときに、火消しが出来るか、それとも火に油を注ぐのか…これは大きな分かれ目です。オスカル投手の場合、自らもエラーをするなど、完全に火に油を注いでしまいました。一方で、2死から登板した藤井晧投手は、1人の打者から三振を奪い、あっという間に燃え盛る火を消し去りました。

この違いは非常に大きなものです。オスカル投手は大きな課題を残す登板となりました。やはりオープン戦となれば、本当の力が見えてくるものです。ただ、サイドスローに転向して間もないだけに、ここからどう修正していくか、この課題を克服してほしいと思います。また、藤井晧投手は見事な火消しが出来るほどに、精神面でも自信を帯びてきただけに、これからが楽しみな投手です。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

今季の選手の起用法2018(8)~外国人選手の起用法~

◎今季の選手の起用法2018(8)~外国人選手の起用法~

毎年恒例の企画「今季の選手の起用法」、2018年バージョンの第8回。近年は外国人選手の成否が勝敗を大きく左右するといっても過言ではありません。しかし、今のカープの強さがあるのは、若手がしっかり育ち、そこに外国人選手が見事に融合し、最大限の効果を生み出しているといえます。戦力の穴を埋めるだけでなく、今ある戦力をさらに層の厚いものにしてくれているのです。そんな外国人選手の今季の起用法を考えてみましょう。

まず、今季のカープに所属している外国人選手の昨季の成績を振り返ってみましょう。

【投手】
ジョンソン投手
13試合 6勝3敗0S 76.1イニング 被安打79 四死球27 奪三振53 自責点34 防御率4.01

ジャクソン投手
60試合 2勝2敗1S 62イニング 被安打43 四死球20 奪三振55 自責点14 防御率2.03

カンポス投手
新加入

【野手】
エルドレッド選手
116試合 334打数91安打 27本塁打78打点 58四死球111三振 0盗塁 打率.265

バティスタ選手
61試合 125打数32安打 11本塁打26打点 16四死球44三振 0盗塁 打率.256

メヒア選手
9試合 14打数3安打 0本塁打1点 1四死球4三振 0盗塁 打率.214


現時点では投手3、野手3の計6人の選手がカープに所属しています。1軍に登録できる外国人選手は最大4人まで、しかも投手、野手に一方的に偏ってはならず、もし最大の4人を登録するならば、投手3・野手1、投手2・野手2、投手1・野手3という組み合わせにならなければなりません。

近年のカープを見てみると、25年ぶりの優勝を決めた2016年の場合、投手2・野手2でスタートしたものの、中継ぎ陣の層を厚くするために、投手3・野手1という組み合わせである期間が最も長くなりました。中継ぎ陣の層が厚めにしたことで、試合中盤以降の戦いの中で、投手の継投にゆとりと幅を持たせることが出来ました。一方で2017年は投手2・野手2という起用が中心となりました。そこにはバティスタ選手の台頭も大きな要因としてありました。

では、今年はどうなるでしょうか。

やはり基本線は投手2・野手2という組み合わせになるのではないかと思われます。しかし、戦いを重ねる上で必要に応じて、投手の方に厚みを持たせる可能性は十分にあるでしょう。

まず投手ですが、ジョンソン投手は先発の柱であり、しかも貴重な左でもあるだけに、まずは当確でしょう。残る1枠を実績十分のジャクソン投手とカンポス投手で争うことに。カンポス投手は現時点で、コントロール、球威ともに評価が高いようです。実戦の中でも使えるとなると、中継ぎの層に厚みを持たせるために、3投手とも1軍での起用…その可能性も十分にありそうです

野手はバティスタ選手とメヒア選手が攻守両面でどこまで成長を見せるかがカギでしょう。キャンプ、オープン戦を通じて結果を残せば、ひとまずエルドレッド選手は2軍で待機し、ドミニカ勢の2選手を1軍で起用するということもありそうです。しかし、長いシーズンを通して考えると、1軍で年間通じて戦った経験のない2選手。だからこそ、彼らを支えるエルドレッド選手の存在感は欠かせません


昨シーズンに引き続き、5選手が今年もカープでプレーします。新しく加入したのはカンポス投手のみという状況なのは、起用する側からすれば、戦力としての計算が立つというメリットがあります。昨年の実績から考えると、1軍の外国人選手は投手がジョンソン投手、ジャクソン投手、野手がエルドレッド選手、バティスタ選手というのがベースになると思います。

しかし、今シーズンに関しては、カンポス投手がどのくらい戦力になるか、メヒア選手の成長度合いはどうか…この2点が未知数であると言えます。また、昨年は中継ぎ陣に50試合以上登板した投手が5人もいたことから、長いシーズンを考えると、層を厚くしておきたいところでしょう。守り勝つ野球を目指すなら、野手よりも、投手を厚めにしておきたいでしょうし、実際、現状では野手に比べると投手はまだ手薄な印象があります。そのため、長いシーズンでは外国人選手の起用を投手3・野手1と投手を厚めにする可能性も出てくるでしょう。

今シーズンも外国人選手がチームの選手層に厚みを持たせてくれる存在となってくれると思います。ジョンソン投手は昨シーズンからの巻き返しに、バティスタ選手、メヒア選手は成長ぶりに期待するとともに、カンポス投手は中継ぎ陣にとって大きな戦力になるのではと楽しみな存在です。さらに、春季キャンプでは1軍メンバーとなったフランスア投手らドミニカからの練習生がどんなピッチングを見せるかによって、外国人選手起用にも大きな変化が生まれそうです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

初の紅白戦…投手陣は「四球が命取り」

◎初の紅白戦…投手陣は「四球が命取り」

日南での1軍春季キャンプも最終クール。いよいよ紅白戦が行われました。実戦形式の中で、果たして今までの練習の成果をどこまで出すことが出来るか…やはり実戦で発揮できてこそ、戦力となれるのです。沖縄への切符をつかむことが出来るか、今日の紅白戦は若手にとって、大きな関門でもありました。だからこそ、このプレッシャーを打ち破れる若手に1人でも多く出てきてほしいところ。

そんなこの日の紅白戦を見ていると、現時点でどの程度戦力となれるか、そして現在の調整ぶりがはっきりと分かったように感じました。この日、マウンドに上がった5人の投手の中で、最も良かったのは白組の先発・高橋昂投手でしょう。確かにヒットを打たれるシーンはたびたびありましたが、それでも3回を投げて無失点に抑えました。自らの牽制から走者をアウトにしとめたこと、相手の暴走から何とか1つのアウトを奪えたこと…こういったことも重なりましたが、何とゼロで乗り切りました。

そんな高橋昂投手を見ていると、ストレートの球威は、今の時期にしては素晴らしい伸びがあったと思います。だからこそ、時おり織り交ぜる変化球が威力を発揮しました。3回を投げ、4本のヒットを浴びたものの、何とかゼロで抑えたところにマウンド度胸を感じました。

その他の4投手については、四球から失点を重ねてしまいました。それは大きな課題でしょう。ただ、紅組先発のアドゥワ投手は2回まで完璧なピッチングを見せました。緩急を上手く使ったピッチングを見せましたが、打者が一巡して、ランナーを出したときにどうか、そこが課題でしょう。

高橋樹投手は昨年もそうでしたが、2イニング目が大きな課題。1イニング目はしっかりと抑えられるのですが、今日も2イニング目に丸選手に四球を与えたことで、ピッチングの幅が狭くなったような気がします。ただ1イニング目は素晴らしかっただけに、ここからどう次のイニングへつなげていくか…中継ぎであれば、十分戦力となる印象はあっただけに、次はどうステップアップするかが注目されます。

オスカル投手は磯村選手、菊池選手に引っ張られて1点を失いました。右打者にとっては、非常に打ち頃なのでしょう。堂林選手の打球も芯を捕らえていましたが、何とかサードゴロに抑えました。ただ田中選手、松山選手という左打者を何とか抑えました。左打者をしっかりと封じることが出来るかが、1軍戦力へのカギとなります。その点では、左打者をしっかり抑えることが出来ただけに、次へのステップにつながったと思います。

この日のカープ投手陣は四球から崩れるケースが目立ちました。四球を出すことをあまりに考え過ぎてもいけません。そこが難しい部分でしょう。そこをどう乗り切るかとなれば、自分自身の中で、決め手を作ることだと思います。アドゥワ投手も、高橋樹投手も、オスカル投手も、外角低目へ見事にコントロールされた球を投げ込むシーンがありました。それを2ストライクを奪った状態の中で投げ込めるか…そこだと思います。それぞれに良い球もあっただけに、全体的な配球の中で、外角低目をズバッと突けるだけの度胸が出来るか、次のマウンドではそこを存分に見せてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

春季キャンプ、メンバー決まる

◎春季キャンプ、メンバー決まる

19日、広島市内の広島城のたもとにある広島護国神社で必勝祈願を行った首脳陣。そして毎年、この行事の直後に発表されるのが、2月1日から12球団一斉に始まる春季キャンプの参加メンバーです。もちろん全員参加なのですが、1・2軍ではキャンプ地が異なり、どちらのキャンプに参加するのか…それが発表されました。そのメンバーは以下の通りです(敬称略)。

【1軍】
・投手
九里、大瀬良、今村、岡田、野村、中崎、薮田、中田、一岡、高橋昂、塹江、藤井晧、ジョンソン、高橋樹、
アドゥワ、戸田、辻、オスカル、ジャクソン、中村祐、カンポス、フランスア
・捕手
会沢、石原、磯村、坂倉
・内野手
上本、田中、安部、堂林、新井、菊池、庄司、美間、西川、メヒア
・外野手
丸、下水流、野間、松山、鈴木、バティスタ

【2軍】
・投手
福井、加藤、永川、横山、床田、ケムナ、飯田、山口、中村恭、長井、遠藤、平岡、
佐藤、岡林、藤井黎、佐々木、モンティージャ、タバーレス
・捕手
中村奨、白浜、船越
・内野手
小窪、桑原、エルドレッド、青木、木村
・外野手
岩本、赤松、土生、天谷、高橋、永井


まず注目は何と言っても新戦力。今年ドラフトでは育成選手を含めて9選手を獲得しましたが、高校生も大学生も、すべて2軍スタートとなりました。例年であれば、大学・社会人出身選手は1軍メンバーになることが多いのですが、今年は全選手が2軍スタート。今年はどの選手の素材型ということもあってか、じっくりと育成していこうというチームの方針が感じられます。

1年目には無理はさせない…しかし2年目以降になると、やはり期待は膨らみます。1軍メンバーには高橋昂投手とアドゥワ投手の2人が選ばれました。いずれも昨年は高卒ルーキーで、今年2年目の投手です。昨年の2軍でのピッチング、そしてフェニックスリーグ、秋季キャンプを経て、見事1軍メンバーとなりました。成長の度合いを1軍の首脳陣が自分の目で見てみたいという期待の表れでしょう。

そして、カープと言えば、近年は若手がどんどん伸びてくる環境があります。今年の1軍メンバーを見ると、塹江投手、藤井晧投手という、今年4年目を迎える同期の左右の両輪。辻投手は育成からはい上がり、150キロを越えるストレートが魅力。高橋樹投手は3年目で、先発の一角に入ってきてほしい素材。坂倉選手は1年目からウエスタンリーグ2位の打率を残し、美間選手は右の長距離砲として注目されます。楽しみな若手が、ひとまず1軍メンバーに選ばれました

最後に…やはり気になるのが左腕。昨年から今年にかけて、左腕の補強がまったくなかったカープ。懸案の課題であったはずの左腕ですが、補強がなかった…しかし、このメンバー発表を見て分かりました。なかなか有力な左腕が獲得できない状況ではありますが、だったら自分たちで育てようということなのでしょう

1軍メンバーにはフランスア投手、2軍にはモンティージャ投手という2人のドミニカアカデミー出身左腕が加わりました。昨年はバティスタ選手、メヒア選手が一気に支配下登録を勝ち取りましたが、今年はフランスア投手、モンティージャ投手という2人のドミニカの星が、キャンプ、オープン戦を通じて、もしかしたら育成、ひょっとしたら一気に支配下。そんな形でカープの穴を埋めてくれるかもしれません。キャンプでどんなピッチングを見せるか、要注目です!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる