☆5/26寸評☆ビジターで完勝!先制&中押し&ダメ押しで3連勝

☆5/26寸評☆ビジターで完勝!先制&中押し&ダメ押しで3連勝

今のカープは強いのか、弱いのか、良く分かりません。ただ、カープが本当に強いかどうかを測る基準…それはビジターで勝てるかどうかではないでしょうか。しっかり先制して、守り勝つことが出来るかどうか、チームとして「守り勝つ」と言うテーマを遂行することが出来ているかどうかで、真の強さを測れるのだと思います。そうなると、今日の試合を見ていると、カープは今の投手陣が非常に厳しい状況にありながらも、ビジターでも勝てるチームに徐々になっているようです


今日の試合はカープが岡田投手、巨人がマイコラス投手と、ともに譲らぬ投手戦で幕を開けました。前半の3回を終わって両チームとも無得点という試合展開の中で、まずその投手戦の風穴をあけたのが菊池選手でした。4回表、先頭の菊池選手はマイコラス投手の低めのスライダーに対して、すくい上げるように合わせた打球は高々と舞い上がり、レフトスタンドに到達する先制のソロホームラン!ビジターの試合でこそ、どうしてもほしかった先制点を菊池選手が技ありの打撃で奪ってくれました。

すると6回表には、先頭の丸選手がセンター前へのヒットを放つと、鈴木選手の2塁打で無死2・3塁とチャンスを広げ、さらに安部選手が変化球を振り抜き、前進守備の二遊間を抜けるセンター前ヒット!これで貴重な2点を挙げるタイムリーとなりました・さらに松山選手も続いて、4連打で3点を奪いました。

カープ先発・岡田投手はとにかくストレートが素晴らしかった!高めに浮くようなストレートでも、相手にとっては球威に押されて、思わず振ってしまうのでしょう。高めのボール球でも三振を奪えるほどに、そのストレートは球威を感じました。だからこそ、外寄りのスライダーなど、抜くような変化球を上手く織り交ぜて、試合を作ることが出来たように感じます。

7回裏に151キロのストレートを投げ込むほど、その球威は相手を圧倒するものがありました。7回に石川選手にセンターへ運ばれ、1点を失いましたが、7回を投げて1失点と完璧に相手打線を封じて、先発としてこれ以上ない仕事をしてくれたように思います

打線はリードを奪えば、縦横無尽に動き回ってきたように感じます。とりわけ8回には、堂林選手のライト前に落ちるヒットを足がかりに、石原選手の犠打は相手のセカンドのエラーを誘い、無死1・2塁に。エルドレッド選手は三振に倒れますが、続く田中選手はファーストゴロに倒れるも、そのセカンドへの送球がそれて、満塁のチャンスに。菊池選手はバウンドの高い内野安打となり、1点を追加すると、丸選手のセカンドゴロは1塁でアウトになりますが、一二塁間にはさまれた菊池選手を助けようと、2塁から3塁に到達した田中選手が本塁を狙うフリをして、二遊間にはさまれた菊池選手から注意をそらし、一気に2・3塁のチャンスを作りました。足技でも相手を圧倒していました。


どうしてもビジターで勝つことが出来ずにいたカープ。しかし、きちんと先制し、中押し、ダメ押しと得点を積み重ね、その一方で先発はしっかりと試合を作る…この投打がかみ合った試合を見せれば、ビジターだろうがホームだろうが関係ありません。場所がどこであっても、自分たちの野球をすれば勝てることを証明した試合だったように感じます

敵地でカードの初戦を奪いました。気がつけば、首位・阪神と勝率差で2位ですが、ゲーム差はなくなりました。それはともかく、敵地でのカード初戦を奪ったのは非常に大きい。この後控える交流戦を前に、とにかくここで弾みをつけたい。先発投手事情は非常に厳しいのですが、この逆境に打勝てるかどうか、ビジターでも勝てたことを自信に突き進みましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆3/20寸評(2)☆飯田投手が3人ピシャリ!

☆3/20寸評(2)☆飯田投手が3人ピシャリ!

「左腕不足」という課題がなかなか解消されないカープ。今年こそは…と、毎年キャンプ中には左腕の戦力が台頭してくるものの、オープン戦が始まる頃から徐々にその調子も下降線をたどり、シーズンが開幕する頃には、中継ぎ左腕が1人もいないという状況に陥ることも多く見受けられます。

そんな中、今日のオリックスとのオープン戦で7回から3番手で登板した飯田投手が1回を3人でピシャリと抑える好投を見せました。今日の飯田投手は右打者の懐に入り込むストレート、そして左打者にも内角をしっかり攻めるピッチングが光りました

鈴木昂選手に対しては、低めの変化球でカウントを稼ぎ、最後は内角低めのストレートで三振を奪うテンポの良い投球。さらに吉田正選手に対しては外角低めにしっかりコントロールされた投球で、最後はボールゾーンへと変化する球でセカンドゴロに抑えました。左打者をしっかり抑えられるかというテーマも見事にクリアしました

今日のようなピッチングがでいれば、シーズンに入っても、貴重な中継ぎ左腕として期待できるでしょう。今季からはクロスステップにすることで、相手打者、とりわけ左打者が打ちにくいと感じさせるフォームへと進化しました。ひとまず今のところは手応えをつかんでいることでしょう。あとはこの手応えを次に活かし、継続することが出来るかがカギを握ります。中継ぎ左腕の台頭が待たれるだけに、飯田投手の今後の投球が注目されます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

6月カープ月間MVP投票受付中!

◎6月カープ月間MVP投票受付中!

今日は七夕。「カープが今年こそ優勝しますように」と願いをこめて…

さて、弊ブログのメインサイト「週刊カープ評論」の中で実施した5月のカープ月間MVP投票。皆様から多くの投票をいただき、投手はジョンソン投手が通算3度目、野手は安部選手が初受賞となりました。多くの投票、ありがとうございました。

そして5日より、6月のカープ月間MVPの投票受付を開始いたしました。6月は交流戦でカープは3位と大躍進し、しかも32年ぶりの11連勝を飾り、2位に大きく差をつけての首位に立った1ヶ月でした。そんな6月のカープ月間MVP、「週刊カープ評論」の中で投票を行っています。ぜひ、皆様からの多くの投票をお待ちしております。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆寸評☆6月17日、対オリックス1回戦(広6-4オ)

☆寸評☆6月17日、対オリックス1回戦(広6-4オ)

・土壇場からの大逆転!!鈴木選手がミラクルサヨナラ弾

8回表、オスカル投手がT-岡田選手にライトスタンドにソロホームランを浴びました。このとき、スコアは0-4。ダメ押し点を奪われ、正直、「これはもうダメだ」と思いました。試合の流れからして、この一発は勝利を決定付けるものだと思いましたし、その直後の松山選手が2点を奪う、右中間へのタイムリーを放ちましたが、それでも今日の結末を予想することは出来ませんでした。いや、予想できる結末にならないのが、今のカープの底力なのでしょう

9回裏、西川選手の内野安打の後、2死から丸選手がヒットでつなぎ、2死ながら1・2塁のチャンスで、打席には4番・ルナ選手。その2球目でした。詰まった当たりに見えなましたが、打球の軌道はレフト線。サードが差し出すグラブをかすめてレフト線へと抜けていきました。2死ということもあり、いっせいにスタートを切っていたランナー。1塁にいた丸選手も一気にホームイン!なんと、9回2死という土壇場の状況から同点に追いつきました

そして延長12回裏。マウンド上には、右のサイドハンドの比嘉投手。先頭の磯村選手がいきなり初球でした。見送っていたら絶対についていけないような外寄りのスライダーを、迷わず振っていき、レフト線への2塁打。2軍での対戦経験があったのかもしれません。それでも迷いなく、外寄りの球をレフト方向へと引っ張った打撃は見事でした

その磯村選手の打撃にベンチは一気に盛り上がりました。そして打席には鈴木選手。2球目までは「これは敬遠か?」という雰囲気でした。しかし、3球目を空振りすると、どことなく勝負するような雰囲気に変わりました。そして6球目にはいきなり捕手の構えるミットとは逆の逆球。これをファウルにしたとき、球がしっかり見えている…そう感じました。

そして7球目。外角低めのスライダーでした。放った打球は高く舞い上がりました。最初はレフトフライかと思いました。しかし、レフとはどんどんフェンスへと下がっていきます。そして追いかけるのをやめてしまいます。打球はフェンスを越えました!0-4…諦めていた勝利が、まさかカープに転がり込んでくるとは。そして、チームが一丸となって、勝利を手繰り寄せたその粘り

前日の試合でも粘りを感じましたが、チーム全体で勝ちたいという執念を感じた試合でもありました。土壇場で逆転勝ちを決め、カープは今季の交流戦で勝ち越しを決めてくれました。毎年、鬼門とされている交流戦ですが、チームが一丸となったことで、カープは4点ビハインドをまずは2イニングで同点に追いつき、まずは勝ち越しを決めました。そうなれば、続いては地元での残り2試合でルーキーに勝ち星をつけること…次はこれでしょう。これを達成してほしい!


・粘った!中崎投手がつないでくれた

ここ2試合、失点を重ねてしまった中崎投手。1つはサヨナラ負けを演出し、1つは土壇場での同点劇を生んでしまいました。だからこそ、今日の10回表の登板は、様々な思いが交錯したことでしょう。なんせ、僅差の試合で、守護神として2回続けて、救援に失敗したのですから、プレッシャーもひとしおだったと思います。

先頭の駿太選手を三振に抑えましたが、若月選手にライトにヒットを打たれ、打席には代打・中島選手。フルカウント勝負となりましたが、最後は外角へ思い切って投げたストレートで見逃し三振を奪いました。しかし、続いては糸井選手。粘っこい打者に対して、やはりフルカウント勝負となりました。粘る、そして最後は外角への意識を高めている打者に対して、内角へズバッとストレート!見事に空振りを奪いました。

ここ2試合、試合を左右するような失点を繰り返していた中崎投手。しかし、同点に追いついた直後のイニングを任されました。出塁は許したものの、実績のある選手から2者連続三振を奪い、何とかそのイニングをゼロで抑えました。通常で考えると、1死1塁ですから、そこまで心理的に揺さぶられる状況ではなかったかもしれませんが、ここ2試合で失点を重ねた中崎投手にとっては、かなり深刻な状況だったでしょう。しかし、それを抑えた…これを今後の守護神としての自信を取り戻すきっかけになってくれたらと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

☆寸評☆4月16日、4回戦 対巨人(広5-6巨)

☆寸評☆4月16日、4回戦 対巨人(広5-6巨)

・黒田投手が5回6失点

巨人からすれば、前回完封を食らった相手だけに、かなり研究してきたのでしょう。カープ先発・黒田投手の立ち上がりはけして悪いものとは思いませんでした。おそらく、できるだけボールを見ていこうという方針だったのではないでしょうか。今までよりも、ボールを見極める打者が多かったように思います。

その一方で黒田投手は2死までは奪うのですが、そこからどうしても踏ん張ることが出来なかった…そこには、微妙なコントロールのずれがあったようにも思います。ストライクと思った球が微妙な判定でボールになったり、球が明らかに上ずったり…そのようなケースが多く見受けられました。初回、2死2塁から、ギャレット選手との対戦では微妙なコースをボール判定されたり、打ち取ったと思った当たりが外野の前にポトリと落ちたりといったことの繰り返しで、失点を積み重ねたことで、最後まで本調子を取り戻せないまま、5回まで投げ、ゼロで抑えたのは4回だけという結果になったように思います。

3回からの黒田投手はけして悪いという感じではなかったのですが、要所で一発を浴びてしまうという展開。比較的ホームランが出やすいとされる東京ドームだからこその一発を2本浴びてしまい、それが決勝点となってしまいました。黒田投手は5回6失点…まあ、こういう試合もあるわけで、相手のその試合だけの攻略法を乗り越えるだけの経験があるだけに、次の投球に期待したいところです

・ルナ選手が右ハムストリングを痛める

恐れていたことが起きた…いや、それは覚悟する必要があったものだったのでしょう。3回表、無死1・2塁の場面で、ルナ選手の当たりはセンター前へのクリーンヒットで、2点差に迫ると、エルドレッド選手が死球で満塁に。打席には新井選手。放った打球はレフト前に落ちます。

セカンドランナーのルナ選手は素晴らしいスタートを切っていました。サードを回り、本塁へ向かおうとしたときに、突然、左足でケンケンするような仕草。明らかに右足、太ももを痛めたような感じで同点のホームを踏みました。しかし、その直後の回からベンチに下がり、サードは安部選手が守りました。

その後、都内の病院で検査を受けたルナ選手。明らかな所見は出なかったようで、あくまでも右ハムストリングの違和感で、次の試合は様子を見ての起用となるようです。ただ、走塁の様子を見ている限りでは、あまり無理をさせると、年齢的にも、過去の故障歴を考えても、けして良い方向には行かないだろうということは推察できます。

「つなぎの4番」で結果を残してきたルナ選手。離脱する可能性が出てきたことは、チームにとってはあまりに痛いことですし、好調な打線のストーリーの名場面をぽっかりと失ってしまうことにもなります。しかし、36歳という年齢、故障が多かった中日時代…いずれにしても、予測は出来たこと。だからこそ、明日以降、この危機管理能力が試されるところです。何も大きく崩す必要はありません。1つ言えるのは、今季のカープ打線の4番は「つなぎの4番」ということ。その方針ならば、答えは出ると思いますし、焦ることはありません。4番の代役…私なら新井選手。もし、今までの打順を崩さないなら、鈴木選手でも良いのではないでしょうか窮地の今こそ、「つなぎの4番」の方針を貫いてほしい!それが今のカープにとって重要なのだと思います。あとはルナ選手がしっかり回復して、戻ってくる日を待つばかりです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる