ドラフト指名選手の横顔(最終回)

◎ドラフト指名選手の横顔(最終回)

今年のカープのドラフト指名選手の横顔とともに、入団したらどのような起用法になるのか、どのように育てていくのかを考える「ドラフト指名選手の横顔」も最終回となりました。大トリはドラフト1位で指名した明治大・野村祐輔投手です。


正直、これだけの投手を単独指名で獲得できたな…改めてそう思うばかりです。ドラフト会議後に行われた明治神宮大会で、決勝戦でも見事な完封という投球を見せ、明治大学を見事大学球会の頂点へと導きました。そんな勲章を片手に、カープへの入団が決まりました。

野村投手といえば、やはり広陵高校3年生の夏の甲子園でしょう。広陵高を40年ぶりの決勝に導く投球を見せた野村投手は、決勝戦でも佐賀北高打線を7回まで無失点に抑え、チームの打線の援護もあり4対0と大きなリードを奪い、優勝へ向けてばく進していました。しかし、8回に急に球審のストライクゾーンが狭くなってしまったのか、明らかなストライクの球もボールと判定され、投げる場所がなくなった野村投手は打者にレフトスタンドに満塁ホームランを浴び、逆転負けを喫してしまいました。

そのときの悔しさ…それが野村投手を成長させたのでしょう。大学球会でも屈指の右腕として、早くからプロに注目される存在となりました。1年の秋には34回と3分の2を投げて、実に自責点は0。いきなり最優秀防御率のタイトルを獲得すると、その後も全体的に安定した投球を展開し、4年秋の明治神宮大会ではついに大学生のトップに立ったのです


ドラフト会議が明治神宮大会の前で本当に良かった。もし、これが順序が逆だったら、もちろん競合していたことでしょう。大学球界最高のエースとなった野村投手の加入。これはカープの先発投手陣にとっても、ルーキーイヤーから即戦力の期待が高まります。

カープのドラフトでは近年稀に見るほど、完成された投手ということが出来るでしょう。ストレートはMAX149キロ、そしてスライダー、カーブ、カットボール、チェンジアップ…多彩な変化球をしかもコーナーに投げ分けるだけの精度の高いコントロール。その投球術はまさに即戦力といえるでしょう。

やはりプロで通用する投手の一番の要素は、やはりコントロールではないでしょうか。球速が速くとも、コントロールの精度はイマイチ…このような素材型の投手は、なかなか大成するのが難しい反面で、コントロールが良い投手は、調子が悪いときでも、コントロールを生命線に抑えることが出来る上に、低めのコーナーに投げれば長打も打たれにくいという特徴もあります。

野村投手は抜群のコントロールがあります。これは1年目から十分に通用する…そう感じさせる素材であることを示しているのではないでしょうか。十分に1年目から先発ローテーションに入って、10勝を挙げられるだけの力はあると思います。高校・大学と大舞台を経験しているだけに、その経験も糧にして、ぜひ1年目から台頭してほしいと思いますし、それが野村投手の目指す「日本一」につながるのですから。



今回で連載企画「ドラフト指名選手の横顔」は終わりです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
野村投手の活躍を祈って、↓のボタンクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

ドラフト指名選手の横顔(7)

◎ドラフト指名選手の横顔(7)

今年のカープのドラフト指名選手の横顔とともに、入団したらどのような起用法になるのか、どのように育てていくのかを考える「ドラフト指名選手の横顔」も残すところ2選手となりました。第7弾の今日はドラフト4位で指名した早稲田大・土生翔平外野手です。


本来の調子であれば、もっと上の順位で指名されていたであろう土生選手。3位以下での指名なら社会人へ…本人にはそんな意思もあったようです。しかし、カープは果敢にも4位で指名しました。広島出身で、しかもカープの大ファンだった土生選手だけに、カープの選手になれるというチャンスに、プロへの進路を決めました。

高校時代はドラフト1指名された明治大・野村祐輔投手とともに、広陵高のレギュラーとして夏の甲子園で準優勝を飾り、その実績を引き下げて入学した早稲田大でも、1年次から持ち前の打撃センスを披露し、2年の春には打率.318、秋には何と打率4割、さらに3年秋には打率.386で首位打者に上り詰めました。

ところが、4年に入って一転、極度の不振に陥り、打率も2割前後に…。それまではドラフト1位候補になったであろう持ち前の打撃は、一気にスランプに陥ったことで、今回のドラフトで4位でも指名できたということになったのでしょう。足は格別速いわけではないのですが、打撃センスと強肩が大きな魅力なのは間違いありません


左打ちの外野手…松山選手、天谷選手、丸選手、末永選手、嶋選手ら、カープが今、最も選手層が厚い部分といえるでしょう。にもかかわらず、同じタイプの選手を指名したこと。これはカープの今の戦力を見ると、外野手は余剰するほど戦力があるけれども、レギュラーが奪える選手が広瀬選手くらいしかいない現状にあるのでしょう

もちろん即戦力であるのは間違いありません。しかし、1年間にわたって不振を極めた打撃をどこまで復調できるのか…これは大きなカギを握るでしょう。ただ、広陵高時代にチームメイトだった野村投手と再び同じユニフォームを着る…これは土生選手自身にも大きなモチベーションになるでしょうし、広陵高時代に惜しくもなしえなかった優勝を、将来はこの2人を中心にカープというプロの舞台で実現してほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
土生選手の活躍に期待して!↓のボタンをクリックして、このブログに清き1票をお願いします。
皆様からの1票が、私KUNIの大きな励みになりますので。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村〜日本ブログ村〜広島東洋カープ〜

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

ドラフト指名選手の横顔(6)

◎ドラフト指名選手の横顔(6)

今年のカープのドラフト指名選手の横顔とともに、入団したらどのような起用法になるのか、どのように育てていくのかを考える「ドラフト指名選手の横顔」も後半の第6弾。今日は育成ドラフト1位で指名した四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックス・富永一投手です。


富永投手は現在22歳。徳島県の鳴門高校から香川県の社会人チームであるアークバリアに所属し、今年から四国アイランドリーグPlusの徳島インディゴソックスに所属することになりました。

徳島インディゴソックスでは守護神として活躍していました。球速こそ140キロ代前半がほとんどで、MAXは147キロ。けしてストレートが抜群に速いというわけではありません。しかし、球の出所がわかりにくいフォームから繰り出されるストレートには球速以上に勢いを感じさせるもののようで、リーグでも続々と三振を奪っていく投球を見せました

本格派右腕として、そしてチームの守護神として、富永投手は今季、徳島インディゴソックスで27試合に登板し、勝ち負けなしで、17セーブを挙げる活躍を見せました。27回を投げて、打たれたヒットは2イニングに1本程度のペースになる14本、しかも、三振は平均すれば1回に2個近くに及ぶ、実に50個。コントロールも比較的安定しており、防御率も1.33という抜群の内容でした

育成選手としてのカープ入団となりましたが、22歳という年齢から考えても、1年目から勝負ということになります。その中で、独立リーグ時代と同じように、三振が取れる投球を見せることが出来るかどうか…ここが支配下分けへの大きなポイントとなってくるのではないでしょうか。

しかし、コントロール自体も悪くはありません。それでいて球威があるストレートとスライダーが持ち味の投手だけに、実践型で1年目からでも活躍できるだけの素質は十分にあるように感じます。1年目からどんな投球を見せてくれるか、非常に楽しみな右腕であり、早く支配下枠を勝ち取り、1軍の中継ぎとして台頭してもらいたいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
富永一投手…
ドラフト会議で、その名前を最初に見たとき「富永〜!」だと思ってしまった私。
もし同じことを思ってしまったという方、ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村〜日本ブログ村〜広島東洋カープ〜

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

ドラ2・菊池選手と契約

◎ドラ2・菊池選手と契約

カープが今秋のドラフト会議で2位指名した中京学院大・菊池涼介選手と契約が成立したことを発表しました。名古屋市内のホテルで交渉を行い、契約金は7000万円、年俸1000万円で背番号も33に決まりました。菊池選手は「契約を終えてやっと実感がわいてきた。アピールポイントである守備や肩を活かして、チャンスを狙っていきたい」と抱負を語っています。

中央球界では無名の存在のリーグの中でも、一際ショートの守備には定評あった菊池選手。大学屈指の守備力とともに、50m5秒9という俊足も兼ね備えています。意外にパンチ力があり、リーグの三冠王を受賞した経験もありますが、この打撃がどこまでプロで通用するか…やはり、即戦力の名前にふさわしい活躍をするためにはそこが大きなカギとなるのでしょう。

背番号は33。私自身、「33」という数字は、いまだに江藤選手のような長距離砲のイメージがあるため、菊池選手のようなタイプのイメージとはちょっと違う感覚はあるのですが、菊池選手自身が狙うのは「7」。その数字を手にすることが出来るように、1年目からどんどんチャージをかけてほしいと思います。そして、同じ大学出身で育成選手の池ノ内投手にもいい刺激となって、支配下登録されるように今のチャンスをつかんでほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
将来の「7」は菊池選手か、それとも堂林選手か。
とにかく若手にどんどん出てきてもらいたい!
その気持ちを、↓のボタンクリックに託してみましょう。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

ドラフト指名選手の横顔(5)

◎ドラフト指名選手の横顔(5)

今年のカープのドラフト指名選手の横顔とともに、入団したらどのような起用法になるのか、どのように育てていくのかを考える「ドラフト指名選手の横顔」の第5弾。今日は育成ドラフト4位で指名した市立和歌山高・三家和真選手です。


カープの野球といえば、機動力を生かした緻密な野球…これで一時は黄金時代を築き、Aクラスは常連、そして優勝もたびたび達成してきました。その中で欠かせない戦力として、高橋慶彦選手、正田耕三選手、山崎隆造選手といった打力もあり、走力もある選手がいました。そして先に挙げた3選手に共通して言えるのはスイッチヒッターであるということ。左右打席で安定した打撃が出来る…これもカープ野球の大きな魅力の一つとなりました。

思えば、野村監督も入団当初はスイッチヒッターでしたが、思えば今、カープにはスイッチヒッターがいなくなってしまいました。何年か前までは上村選手がスイッチヒッターでしたが、故障の影響もあり、今では右打席に絞っているようです。スイッチヒッターこそ、カープらしさの一つでもあっただけに、この現状には寂しさも感じました。

しかし、カープはついにスイッチヒッターをドラフトで指名しました。育成ドラフト4位で指名した市立和歌山高の三家選手です。高校時代は当初、右打席一本で打席に立っていた三家選手でしたが、監督からの指導もあり左打席でも打つことになり、スイッチヒッターとなりました。そして今では、右では一発もある打撃、左ではシュアな打撃と、どちらでも安定してヒットを打てるまでにレベルを上げ、プロからも注目される選手となったのです。

強肩、しかも50m6秒という俊足、さらにスイッチヒッター。まさにこの選手はカープの機動力野球の申し子とも言える存在なのではないでしょうか。育成選手からのスタートではありますが、その器用な打撃は要注目です。相手投手の左右を気にしない両打ちの三家選手。カープに久々に現れたスイッチヒッターだけに、1年目から走攻守の3拍子を如何なく発揮してほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
スイッチヒッターの三家選手、その成長が楽しみな方は
ぜひ↓のボタンをポチッとお願いいたします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村〜日本ブログ村〜広島東洋カープ〜

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
43位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる