FC2ブログ

梵選手が現役を引退…

◎梵選手が現役を引退…

カープが長きにわたって優勝はおろか、Aクラスからも遠ざかっていた暗黒時代に、打線のリードオフマンとして、またショートのレギュラーでもあった梵英心選手が現役を引退することを発表しました。

梵選手は2017年オフに自ら出場機会を求めて自由契約となり、プロ野球界ではオファーがなかったものの、2018年から社会人野球のエイジェックで選手兼コーチとして入団し、今年も同チームでプレーしていました。

梵選手は「現在のチームメイト、これから野球の環境を求めてくる選手のため、プレイヤーとして区切りをつけようと決めました」と、引退までの経緯を語り、「ファンの皆様、球団関係者の皆様、各チームでの戦友には感謝の気持ちでいっぱいです。」としています。

思えば、今季限りで現役を引退した永川投手とは同い年で、しかも同じ広島県三次市出身なんですよね。同じタイミングで引退とは…。

やはり年齢を重ねてくると、プロ野球選手の場合は、徐々に、若い力に押され、しかも自分自身も思うようなプレーができない…ということで、引退を決意するケースが多いように感じますが、社会人野球となると、若い選手が夢を追い求めて入ってくるだけに、それを邪魔してはいけない…という思いが強くなるのかもしれません。

梵選手はカープの長きに渡る低迷期でも、我慢して、辛抱を重ねて、それでもショートのレギュラーとしてチームを支えてくれました。長きに渡る野球選手としての人生…本当にお疲れ様でした

この時期に引退を表明…と聞くと、どうしても「カープにコーチとして戻ってきてくれるんじゃないか」という期待感が膨らんでしまいますが、それが今年というのはあまりに性急すぎますが、将来的には戻ってきてほしいな…と思います。言葉少ないイメージですが、コーチは向いているような気がしますから。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

會澤選手、3年契約で残留!

◎會澤選手、3年契約で残留!

クリーンアップを打てるほどの「打てる捕手」で、しかも選手会長としてのリーダーシップもある…今やチームの「中心」でもある會澤選手だけに、この選手を失うというのは絶対に考えられない、それだけ大きな存在で、チームの根幹となる選手。絶対に手放してはいけない…。

そんな會澤選手が今季取得したFA権を行使せずにカープに残留することを表明しました!しかも、3年契約、推定で総額6億円、1年単位の年俸は倍以上アップし、2億円プラス出来高となりました。

會澤選手は会見の中で決め手になったのは、「やっぱりこのチームが好きっていうこと。この仲間、このチームメートが好きっていうのもあります」とし、佐々岡監督からも監督就任直後に電話があったようで、「『おまえの力が必要だ』という言葉はホントにありがたかったです」と語りました。

また、球団からはシーズン中から話し合いの場があり、「すごい温かいお言葉、うれしいお言葉をいただいきました。そこまで悩まなかったです」と、残留の決断が早かった理由も語りました。

この會澤選手の残留こそ、来季へ向けて最高の補強といっても過言ではありません。球団側も最高の誠意を見せ、また複数年契約に大幅アップと奮発してくれました。それよりも「このチームが好き」という言葉…昨年の松山選手もそうですが、非常に心打たれます。

そして、やはり早い決断!

シーズンが早く終わったこともあるでしょうし、CSを逃してしまった悔しさもあるでしょう。しかも、チームは来季に向けて戦力補強していかなければならず、直近ではドラフト会議も控えています。會澤選手は球団の誠意や「悩むのが嫌」という自身の性格も挙げていますが、来季に向かうチームを考えてのことではないでしょうか。いかにも會澤選手らしい「男気」を感じました

まだ菊池涼選手、野村投手もFA権の動向が気になりますし、FA権を保有している松山選手や長野選手についても、やはり気になります。佐々岡新監督の下で、新たなスタートを切るには必要な選手ばかり。もちろん、FA権を行使するもしないも、選手の権利ではありますが、ファンとしてはぜひ残ってほしい!ただそれだけです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

佐々岡監督率いる秋季練習スタート!

◎佐々岡監督率いる秋季練習スタート!

ここ3年間、カープはCSを戦っていたので、すごく早いイメージがありますが、9日から秋季練習がスタートしました。佐々岡監督となって初めて、フェニックスリーグに参加している選手などを除く27選手が集まっての練習となりました。いよいよ「佐々岡カープ」が始動です。

大瀬良投手や鈴木選手、長野選手ら主力選手も参加しての秋季練習は、佐々岡新監督の声がけで幕を開け、野手と投手が混じっての練習でスタートを切りました。投手と野手が合同で練習をするスタートは、佐々岡監督が目指す「一体感」を感じさせるものとなりました

これまでのカープも、新井さんが「家族」と表現したように、チーム一丸となって、勝利をモノにし、セリーグ3連覇へとつなげていきました。今年はCSも逃すという残念な結果となりましたが、佐々岡監督の中には、もう一度、3連覇の頃の一体感を取り戻し、チーム一丸となって優勝を目指そうという意図があるのでしょう

私は思うんです。

今年のキャッチフレーズは「水金地火木ドッテンカープ」という、何とも得体の知れないものでした。そして、カープは皮肉にも「ドッテン」と転ぶ格好となってしまいました。

キャッチフレーズはもっと分かりやすいものでいいと思うんです。最近では、マーティー時代の「ALL-IN」は、非常に端的に目指すものを表現していて良かったと思いました。その言葉はマーティー自身から発せられたものでした。

ならば、来季のキャッチフレーズは、妙に凝っているのか、ウケを狙っているのか、聞いてもピンとこないようなものにするよりも、佐々岡監督が目指す「一体感」…これで良いんじゃないでしょうか。監督自身が発した言葉を胸に、チームとして突き進んでいく感じがして良いと思うんですけどね。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

鈴木選手が初タイトル&2冠達成!

◎鈴木選手が初タイトル&2冠達成!

すでに今シーズンのセリーグ全日程が終了し、プロ野球はCSが行われている時期で、ちょっと遅くなってしまいましたが…

今シーズンのタイトルが確定しており、カープからは鈴木選手が打率と出塁率の2冠を達成しました。鈴木選手のタイトル獲得は初めてのことです。打率は2位の中日・ビシエド選手に2分の差をつける.335、出塁率.453は2位の阪神・糸井選手に実に5分もの差をつけての堂々のタイトルとなりました。

今季の鈴木選手は、丸選手が離脱し、さらに3番打者がなかなか固定されず、5番を打つことが多かった松山選手を含めて、打撃陣の調子が上がってこなかったこともあり、なかなかまともに勝負してもらえない場面も目立ちました。最高出塁率のタイトルは次へつなぐ意識とともに、相手が勝負してこないケースが多かったことが重なったのでしょう。

しかし、それでも首位打者を獲得したのは「すごい」の一言!相手がまともに勝負してこないにもかかわらず、それでもしっかりつなぎの打撃ができる…クリーンアップとしての役割を見事に果たしました。

今季は打率.335に加えて、28本塁打、25盗塁と、一昨年に手術をした足も回復し、打って走れる選手へと進化を遂げました。あと少しで「トリプルスリー」だったのですが、それには惜しくも届きませんでした。しかし、近い将来、「トリプルスリー」を必ずや実現してくれるのではないでしょうか

一方で…

残念だったのはジョンソン投手。9月27日の中日戦でマウンドに上がるまでは、十分に最優秀防御率のタイトルが獲得できる状況にありました。6回まで1失点に抑え、順調にタイトルに向かっていました。ブルペンには先発投手も入れる「総動員」の体勢で臨んでいたにもかかわらず、7回まで引っ張り、そのイニングに3点を失ってしまいました。

9月30日の中日と阪神の試合で、中日・大野雄投手が4回途中無失点で降板し、ジョンソン投手の防御率を上回り、最後の最後でタイトルを逃すことになってしまいました。起用によってはタイトルも獲得できただけに、非常にもったいない…今でも残念でなりません。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

佐々岡新監督就任会見

◎佐々岡新監督就任会見

次期監督に内定していた佐々岡新監督の就任会見が行われました。カープらしく真っ赤なネクタイを締めての記者会見は、佐々岡監督らしく、言葉の多い、今の思いが詰まったものとなりました。

佐々岡監督は、「先ほど松田オーナーから温かい激励の言葉をいただき、改めまして、心引き締まる思いでいっぱいです。V奪回、そして日本一を目指して、全身全霊を込めて、務めさせていただきます。」とし、采配面に関しては「自分の色というか、歴代の監督をはじめ、今年の緒方監督、ずっとやってきたカープ野球。投手中心の野球を基本にやっていきたいと思います」と語っています。

また、国内FA権を取得し、どの動向が注目されている會澤選手、野村投手、そして菊池涼選手の3選手にもすでに連絡を取り、残ってほしいという気持ちを事前に伝えていたようです。「3人がいなくなるという頭は今のところない」とし、全員で戦っていく中で、「悔しさがあれば出し、勝つ喜びを出す」ことを理想とし、その中で3人は絶対に必要な戦力ということを改めて強く語りました。

ついに佐々岡監督誕生となりました。1967年の「小さな大投手」長谷川良平さん以来、実に53年ぶりとなる投手出身の監督だけに、今までの野手出身監督の野球に慣れていた中で、どんな野球を見せてくれるのか注目されます。

今年の投手起用に関して、様々な批判もありました。ただ、その起用を見ていると、「困ったときはフランスア投手」、先発もブルペン待機させ総動員で臨んだ試合で継投が後手に回る…など、佐々岡監督が1軍の投手コーチに就任する前と後とで、特に変わらないものに感じました。つまり、当然ではありますが、起用に関する最終のジャッジは緒方前監督が行っていたということでしょう。

来季からは監督を務める中で、長期戦に長けた緒方前監督の投手起用を踏襲しつつ、ここ一番の勝負どころで、いかに積極的な投手起用を見せるか…佐々岡監督が投手出身監督だからこそ出来る采配に期待したいものです。

そして、すでに1軍投手コーチには横山竜士さんが就任する方向のようです。投手コーチの後釜が決まっただけに、後は投手出身監督だからこそ、野手の起用や攻守の作戦面を任せられる参謀役となるヘッドコーチ、さらには打撃コーチ、守備走塁コーチ、バッテリーコーチと、今年のコーチ陣の配置換えや外部からの招へいなども含めて、どのような組閣になるか注目されます。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる