FC2ブログ

<KUNIの雑感574>無観客でもテレビから応援しているよ!

<KUNIの雑感574>無観客でもテレビから応援しているよ!

新型コロナウイルスの影響で度重なる延期となっていましたが、今年のプロ野球は6月19日に開幕、ひとまず無観客試合でスタートする運びとなりました。そこで、この無観客試合について興味深い記事がありました。

ドイツのプロサッカーリーグ・ブンデスリーガは5月中旬より、2ヶ月ぶりにリーグ戦が無観客試合によって再開されたようですが、本来であればホーム側が有利とされるホームチームの勝率が、再開後には2割を下回っているというのです。

サッカーに限らず、ホームゲームというのは何かと有利です。カープも真っ赤に染まったマツダスタジアムを含めて、近年はホームゲームを得意としています。25年ぶりのセリーグ制覇を成し遂げた2016年は51勝20敗、2017年は50勝20敗、2018年は45勝25敗、Bクラスとなった昨季でも39勝31敗と、大きく勝ち越しています。

ホームゲームは移動がないために自宅から通え、精神的、肉体的な負担が少なく、自分たちが慣れ親しんだグラウンドでプレーできるという強みがあります。しかし、マツダスタジアムの場合は何と言っても真っ赤に染まった大声援がカープナインを後押しし、相手に大きなプレッシャーを与えることができます。つまり、近年のカープはマツダスタジアム、そしてファンとともに、強くなっていったとも言えます

ただ、無観客試合となれば、たとえマツダスタジアムでの試合であっても、最大のアドバンテージであるはずの後押ししてくれるファンがいない…さらには、これによって相手に「今年はここで勝てるかも」と思わせてしまうのではないかという不安もあります。

無観客試合だからこそ、まずは自分たちの野球をしっかりやっていけるかがより重要になると思います。マツダスタジアムでの試合はあくまでもホームグラウンドであり、少なからずも有利なのは間違いないですから。

そして、ファンは現地で観戦できない気持ちを押し殺して、テレビ越しに大声援を送っていますから!無観客試合のホームゲームでも、広島の風が、ファンの熱気が後押ししていることを感じながら、最高のプレーを見せて、ホームでどんどん勝ってほしいものです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感573>新外国人選手の活躍も早く見たいなあ…

<KUNIの雑感573>新外国人選手の活躍も早く見たいなあ…

今年、カープに加入したピレラ選手、DJジョンソン投手、そしてスコット投手。日本という新しい環境での生活をスタートさせるということは、期待とともに不安も当然あると思います。その中での新型コロナウイルスの感染拡大…異国の地だけに、さらなる不安も大きいことかと思います。

しかし、ピレラ選手は練習熱心で、周囲ともしっかりコミュニケーションをとりながら、さらにメヒア選手の打撃を参考にしようとする向上心もあり、すっかりチームにとけ込んでいるようです。そして、このコロナ禍にあって、「チームは家族で兄弟、助け合いながらやっていきたい」とうれしい言葉…かつて新井さんが語った「家族」というフレーズ、ピレラ選手もその心を持ち合わせています。

小さなお子さんもいらっしゃるようですが、奥様とともにアメリカでの生活を続けているようで、ピレラ選手自身は単身赴任。それでも前向きに、そして佐々岡監督が目指す「一体感」にしっかり歩調を合わせながら、チームを盛り上げてくれている…ピレラ選手の器の大きさを感じます

スコット投手は奥様も来日しており、ともにこの不安な情勢の中で互いに支え合いながら生活しているようです。そして、小型カメラを置いての投球フォームのチェックを行うなど、日本での成功へ向けて、着々と準備を進めています。DJジョンソン投手は家族を養うために、日本でプレーすることを決めたそうで、「カープで優勝したい」と語っています。その言葉からも、コロナ禍を吹き飛ばすような気合を感じます。

本来ならば、このような情勢では母国に帰りたくなっても不思議ではないと思うんです。しかし、どの選手も非常に前向きで、カープの一員として、そしてチームの戦力として活躍したいという気持ちにみなぎっているように感じます。もちろん、球団側の生活面でのケア体制もしっかりと整っているのでしょう。

外国人選手が成功するかのカギは日本の生活に馴染めるか…ここが非常に大きいとされています。ピレラ選手も、DJジョンソン投手も、スコット投手も日本で成功したい、カープの一員として優勝したいという強い思いの下で、いつか来る開幕を目指して練習に励んでいます。それぞれの思いを試合の中で爆発させ、大活躍する姿が見たい…彼らの強いハートがあれば、カープで欠かせない戦力となってくれると期待は膨らむばかりです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感572>お好み焼きの話

<KUNIの雑感572>お好み焼きの話

よく「広島風お好み焼き」とか「広島焼き」とか、全国的にはそんな呼ばれ方をしていますが、広島のお好み焼きは「広島焼き」でも「広島風」でもなく、「お好み焼き」なのです。

でも、そんなお好み焼きも広島県内で様々なバリエーションがあるようですね。昔からその街では当たり前のようにあるものだったり、町おこしのために新しく開発されたものだったりと様々です。

広島市内からもほど近い呉市では細いうどんを使い、しかも丸いお好み焼きを最後に半分にたたんで半円にするという、まるでクレープ感覚で食べられるお好み焼きがあるそうですね。呉市内の職人が忙しい中でも片手で食べられるように編み出したものだとか。

通常、広島市内のお好み焼きといえば、キャベツ、豚バラ肉、焼きそばを使うのがオーソドックスですが、中身の具材を豚バラ肉ではなく牛と豚のミンチ肉を使うのが広島県東部の府中市で食べられる府中焼き。最近では広島市内でも府中焼きのお好み焼き屋を目にすることも増えてきました。

砂肝とイカ天を入れるのが尾道焼きとされていますが、尾道市の西隣、三原市では鶏のモツを入れるそうですね。また広島県北部の庄原市ではご飯を入れて、ポン酢をかけて食べる庄原焼きという、かなり斬新なお好み焼きがあるんだとか。農業が盛んな庄原市ならではという感じです。

昨日、カープは全選手が集まっての練習が再開されました。約1か月半ぶりのことです。それとともに、抽選で選ばれた125組限定ですが、ファンがスタンドに戻ってきました。少しずつ日常へ戻していく…その中で、お好み焼きも気軽に店で食べられる日が戻ってきてほしいものです。そのときは、お腹いっぱい食べようと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感571>ワンポイント投手をいかに攻略するか

<KUNIの雑感571>ワンポイント投手をいかに攻略するか

西川選手が中継ぎ左腕対策として、高校時代、大学時代に投手としてもプレーした岩本貴裕スコアラーを打撃投手にして、居残りの打撃練習を行ったというニュースを見ました。左腕への苦手意識はなくとも、中継ぎで登板してくる左腕に対してあまり打てていないというイメージから、その対策に乗り出したそうです。

この点について、私も以前から気になっていたんです。証明するデータはないのですが、西川選手に限らず、チーム全体的に中継ぎで登板してくる左腕に弱い…いや、むしろ相手が打者によって、ワンポイントの細かい継投策を取ってきた場合に、打者が対応に苦労している印象がありました。

中継ぎで登板してくる左腕は、剛速球を投げ込んできたり、サイド気味の変則フォームだったりと、どこか一癖あるタイプの投手が多い…これは左腕に限りませんが、特にワンポイント起用は相手の目線を変えたいという首脳陣の意図もあるでしょうから、個性のある投手が増える傾向にあります。

カープが横浜DeNAをどうも苦手にしているのは、ブルペンの中継ぎ陣に個性派が揃っており、しかもワンポイント起用を駆使して変幻自在の継投を見せるからという理由もあると思います。2016年、2018年の日本シリーズでも相手のブルペンの個性派揃いに、打線が対応しきれず、「逆転のカープ」は眠ったまま、その威力が発揮されることはありませんでした。

また、細かな継投は投手交代による時間稼ぎも可能にします。それにより、ピンチの場面でも投手一呼吸置くことができ、相手打線の勢いや流れをいったん冷まし、打者の目線を次から次へと変えられるのだと思います。

強いチームほど、中継ぎに個性派が多く、そんかチームは終盤の接戦に強いのです。そんなチームと相対する場合、そんな細かい継投にいかに対応していくか、自分にぶつけられる可能性が高い投手を早い段階でイメージして、対策を練っておくことが大切だと思います。

西川選手の左投手対策…とりわけワンポイントリリーフの左腕によって、今まで相手が「カープにはこの手を使えば勝てる」と考えていた必勝法を覆し、思惑通りにはさせない攻撃で、苦手を打破するきっかけになってくれたらと思います。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感570>若手の成長を早く見てみたい!

<KUNIの雑感570>若手の成長を早く見てみたい!

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて発出された緊急事態宣言も、広島では解除され、カープナインの練習が3勤1休というスタイルに変わり、動きが活発化してきました。また月末には紅白戦も行う予定のようで、無観客試合とはいえ開幕が現実味を帯びてきた中で、選手のモチベーションも一気に高まってきたという感じですね。

そうなると、ファンも徐々に気分が高まってくるもので、たとえ無観客試合であっても開幕するその日が待ち遠しくなるとともに、ファームはいつ始まるのか…若手の成長ぶりを早く見たくなってきます

先発ローテーションの一角が期待される森下投手、オープン戦や練習試合では守備に不安を感じさせたものの、パンチ力ある打撃と走塁は十分戦力になると感じさせた宇草選手、さらに積極的な打撃と素早いスローイングで盗塁を刺してみせた石原貴選手。即戦力ルーキーと期待される各選手が公式戦でどんな活躍を見せるのでしょうか。

また、開幕延期となる中でも、スポーツ紙などでは若手の動きに関する記事もいくつかありました。

高い打撃センスと守備力が好評価のドラ4ルーキー・韮澤選手。空振りが奪えるように変化球に磨きをかけたいと語るドラ6ルーキー・玉村投手。2年目の中神選手は横浜DeNA・宮崎選手の打撃を参考にフォーム改造に挑戦中のようですし、同じく林選手は3月に2軍の対外試合では打撃で成長ぶりを感じさせ、大リーグ・レイズの筒香選手を参考にフォーム固めをしているとか。

2年目の正随選手は長打力を活かすべく、選球眼を磨いているようですし、3年目の平岡投手は3軍で動作解析を行いながら、最適なフォームを模索する中で、チーム屈指の回転数を誇るストレートを投げ込めるようになったそうです。また、トミー・ジョン手術からの復活を目指す高橋昂投手は全力でも投げ込めるようになり、現在は肘への負担の少ないフォームを模索中とか。

今年は育成選手にも楽しみ楽しみな若手が多い印象です。オープン戦で初登板を果たした藤井黎投手は直球の威力がアップし、ルーキーの木下選手は2軍の対外試合でも快音を響かせ、畝投手も大ピンチを切り抜けるピッチングを披露しました。

若手の育成は昨年から過渡期に入っていると思っています。しかし、この数年以内で獲得した若手選手は伸び盛りです。開幕延期となった今の時期に様々なことにチャレンジし、実戦に向けて準備をしている段階で、早く試合の中で試したい、首脳陣にアピールしたいとウズウズしていることでしょう。そんな若手の姿、プロ野球の開幕と並んで、早く見たいものです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
10位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる