<KUNIの雑感289>持ち味をつかみとる

<KUNIの雑感289>持ち味をつかみとる

今年の春季キャンプは2軍の注目度がいつになく高いのは、やはり中村奨選手が加入したからでしょう。21日に日南で行われた社会人・セガサミーとの練習試合では1番・指名打者でスタメン出場し、打っては4打数2安打1四球、さらに途中から捕手のポジションにもつきました。詰まったヒットもあったものの、果敢に2塁を狙う積極的な走塁もあったようです。

そんな練習試合は、9回裏に船越選手サヨナラタイムリーを放ち、3-2で何とか勝利を収めました。その船越選手ですが、この試合では本職の捕手ではなく、ライトで先発出場し、先のサヨナラタイムリーを含む3安打猛打賞と大当たりで、大きなアピールとなりました。

船越選手の立場というのは、同じ捕手の坂倉選手の成長や中村奨選手の加入によって、まだ入団3年目ながら厳しい状況にあります。そのため船越選手は捕手にこだわらず、内外野どこでも守れるように練習に励んでいるようです。捕手だけでは出場機会がなかなか得られないため、その可能性を増やし、しかも「内外野守れて、しかも捕手もできる」となれば、それは大きな個性となります。そこに活路を見出そうとしています。

同期で、しかも同じ社会人・王子からカープに入団した西川選手は今やチームに欠かせない戦力であり、日本代表メンバーにも選ばれるほどとなりました。大きな差をつけられてしまった状況です。しかし、まだ入団3年目。今年は結果を残し、どんな役割であれ、1軍での出場を果たしたいところ。

この春季キャンプでは、1度だけ1軍キャンプの紅白戦に出場したものの、結果を残すことは出来ませんでした。しかし、2軍で、まずは打撃でアピールしつつ、内外野まずまずのレベルで守れるようになればチャンスはあるはずです。捕手層が厚いカープですが、ユーティリティ性があり、打撃力のある捕手となれば、他の捕手にはない大きな持ち味になりますから。どんなアピールを見せてくれるかが注目されます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感288>三振しにくいバッター

<KUNIの雑感288>三振しにくいバッター

投手からすれば、なかなか三振してくれない打者というのは手強い上に、球数がかさんでしまうために、かなり神経を使うことでしょう。今のカープ打線は積極性と粘り、見極めが見事に両立し、非常にしぶとく、どこからでも攻撃が仕掛けられるという印象があります。とりわけ機動力も絡められると、相手からすればかなりきついでしょうし、そこにカープの強さがあります。

ところで、今のカープ打線で、プロ野球の世界で1000打数以上を経験した打者で、三振が少ないのは誰かというのを調べてみました。といいますか、たまたまある選手のプロ通算打撃成績を見ていると、「三振が少ないなあ」と感じたのが、調べてみるきっかけだったのですが、そのある選手とは、こちらです。

松山選手 
1746打数216三振  三振率.124

比較ということで、他の選手のプロ通算三振率も見てみましょう。

菊池選手 
3019打数547三振  三振率.181
丸選手 
3422打数732三振  三振率.214
天谷選手 
1931打数405三振  三振率.210
田中選手 
1984打数412三振  三振率.208
新井選手 
7820打数1667三振 三振率.213
エルドレッド選手 
1838打数597三振 三振率.325
堂林選手 
1307打数373三振  三振率.285

右の長距離砲であるエルドレッド選手の三振率は際立ってますが、おおむね2割ちょっとといったところです。新井選手は右のパワーヒッターでありながら、三振率は丸選手とあまり変わらないというのは、勝負強さもさることながら、外角球を逆らわずに右方向へ流す技術の高さもあるのでしょう。そう考えると外角低めへの変化球に思わず手を出しがちなエルドレッド選手や堂林選手の三振率が高いのもうなずけます。

菊池選手の三振率.184も目立ちますが、やはり松山選手の.124は際立って三振の可能性の低さを物語っています。では、なぜ松山選手の三振率は低いのかを考えてみました。

まず、昨年のシーズン終盤こそ、相手が左腕であっても打席に送られることが増えましたが、それ以前は右投手専門という起用が目立ちました。左打者の松山選手が左投手との対戦が少なかったのが原因かと思い、昨年の対左腕の三振率を調べてみると…

松山選手 対左腕 80打数12三振  三振率.150

確かにプロ通算の三振率からすれば、その割合は上昇していますが、それでも他の打者に比べると低い数値となっています。こういったところに、左投手もけして苦にはしていないことを感じさせます。

松山選手と言えば、長打もある中距離ヒッターですが、とりわけ内角打ち、しかも低めが芸術的に上手いという特徴があります。相手が空振りや見逃しを狙って投げてきても、上手く弾き返す技術があります。足がもう少し速ければ…と思ったりもしますが、三振が少ない打撃技術があるだけに、やはり起用としては5番、もしくは鈴木選手不在時の4番が理想でしょうね。

ちなみに、打撃技術の高さといえば、カープではあの侍を忘れてはなりません。その選手のプロ通算三振率を調べてみると…

前田智徳選手 
7008打数765三振 三振率.109

松山選手の数字をさらに下回る三振率。もはや1割台を割り込もうとするほどで、これはすごい数値です。前田智選手と言えば、2ストライクと追い込まれてからの打率も、他と比べて格段に高いという特徴がありました。追い込まれるほどに執念と技術の高さを発揮するのですから。松山選手も数字上ではかなり良い線を行ってるだけに、年齢と経験を重ねて、少しでも近づいて、カープの歴史に名を残す打者になってほしいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感287>ドラ1の育成方針

<KUNIの雑感287>ドラ1の育成方針

今季の春季キャンプはルーキー勢は全員2軍スタートとなりましたが、それでも注目されたのがドラフト1位の中村奨選手ですね。山口・岩国のキズナスタジアムでスタートした2軍のキャンプですが、1500人を超えるファンが集まったようで、これだけ注目度が高いルーキーも珍しいのではないでしょうか。

やはり、昨夏の甲子園では地元・広陵高を決勝戦へと導いた原動力となる1大会6本塁打という史上最多の記録をマークしたわけですし、しかも広島出身でカープに入団したのですから。アマチュア時代の活躍ぶりの知名度が高いことで、より関心が高まっているのでしょう。

カープの育成方針は一貫していて、水本2軍監督も今の段階では他の捕手とはまだ競争できるレベルにないと判断しており、きっとじっくりと育成していくことになるのでしょう。ゴールデンルーキーではありますが、特別扱いすることなく、今の力を見極めながら、2軍で実戦経験も積ませていくのでしょう。さすがは「育成」のカープです。

中村奨選手を見ていると、やはり身体の線が細いという印象があります。まだまだプロの身体ではありません。また、木製バットへの対応も課題とされています。これは昨年の国際大会出場の頃から指摘されていましたが、やはり金属バットに慣れた状態からの木製バットへの切り替え、対応には時間がかかるでしょう。

ブルペンでのキャッチングを見ても、けして「パーン!」という音は出ていなかったので、すべてにおいてレベルアップが必要でしょう。何かと比較されがちですが、個人的には昨年の坂倉選手の1年目ほどの結果は残せないと思っています。ただ、今は時間がかかっても良いのです。焦ることは何もありません。走攻守、すべてにおいてセンスの塊で、後はそれをプロ仕様にしていくわけで、しかも捕手ですから、多少なりとも時間はかかると思います。

ところで、地元出身の地元の高校生を、カープは長らく指名しませんでした。なぜなのか本当のところは分かりませんが、中村奨選手が入団したことで何となく思うのですが、地元の期待があまりに大きくなりすぎて、とりわけ高卒ルーキーには大きなプレッシャーになり、焦りにもつながってしまうからかもしれません。

しかし、中村奨選手に関しては、大舞台で大記録を打ち立てるのですから、それだけの精神力があると思います。あくまでも1軍で活躍するという目標に向かって、周囲の期待を力に変えながら、それでいてまっすぐに進むことができる選手だとも思います。焦らず、コーチの指導の下で、走攻守3拍子揃った捕手として大きく育ってほしいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感286>紅白戦に関する疑問

<KUNIの雑感286>紅白戦に関する疑問

春季キャンプも1軍は沖縄キャンプが第1クールを終え、紅白戦、対外試合も行われるようになってきました。最近は紅白戦もテレビで中継してくれるので、主力選手の調整ぶりや若手選手のアピールの様子が手に取るように分かるので良いですね。

ところで、紅白戦をテレビで観戦していると、息子がこんなことを言いました。「赤と白、どっち応援してるん?」って。なかなか難しい質問ですね。どちらもカープですし、引き分けを除けば、必ずカープが勝つシーンを見ることは出来ます。確かに試合をするからには勝つ方が良いわけで、それで得られる試合勘というのもあるでしょうから。負けても課題が分かるわけで、やはり実戦はチーム力を高める上では効果的です。

息子の素朴な質問に対しては、結局のところ、「どちらもカープだからね」と伝えつつ、「いつも試合に出ている選手は今年も大丈夫そうだなと思いながら見てるけど、あまり名前が出てこない選手には活躍してほしいなと思ってるよ」と答えました。やっぱり気になるのは、今年、どんな若手が台頭してくるか、若手の成長ぶり、そして1軍で活躍するところですから、この時期だからこそ、やっぱり若手選手は応援したくなります

それにしても、カープはセリーグを連覇し、実績と経験を兼ね備えた選手がたくさんいます。若手投手が続々と紅白戦のマウンドに上がる中で、打席にはタナキクマル、松山選手、安部選手などなど、セリーグでも屈指の打者ばかり。彼らと対戦することが若手にとっては非常に良い練習となり、経験にもなると思います。打たれたり、四球を出したりというのも当然ありますが、主力選手と対戦したことから何かを掴んでもらいたいものですね。それもまたチーム力の向上につながるでしょうから。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感285>誕生日が同じ…そんな2人の左腕の話

<KUNIの雑感285>誕生日が同じ…そんな2人の左腕の話

今年の春季キャンプの注目点の1つが、長年の課題である左腕をどうするかというところ。昨年のシーズン終了後から今に至るまで、特に左腕の補強は見受けられません。強いて言えば、1軍のキャンプにドミニカカープアカデミーから練習生のフランスア投手が加わっているくらいです。それゆえ、現有戦力をどこまで底上げできるかが、大きなポイントとなります。

確かに昨年のドラフト会議では左腕の指名はありませんでした。ただ、過去にさかのぼると、2016年は高橋昂投手と床田投手、2015年は高橋樹投手とオスカル投手、2014年は塹江投手と飯田投手という感じで、3年連続で2人ずつ左腕を獲得しました。今の現状は、左腕をコンスタントに補強してはいるものの、まだ1軍の戦力になりきれていないのです。

そんな中、昨年のオフから2人の左腕がサイドスローに転向しました。飯田投手オスカル投手です。春季キャンプは飯田投手が2軍、オスカル投手は1軍でのスタートとなりました。

オスカル投手は7日のシート打撃に登板し、いきなり野間選手に四球を与え、田中選手に内野安打を打たれますが、丸選手を見逃し三振、さらに安部選手からも空振り三振。さらに、西川選手も外角ギリギリで見逃し三振と、主力の左打者が続々と三振を奪いました。外へのストレート、スライダーともに良かったこともあり、後は内角をうまく使えるかというというでしょう。

緒方監督の中には、「左腕がいなくても連覇できた」という思いはあるようで、確かに結果が物語ります。しかし、長期的なシーズンでは良くても、やはり短期決戦ではブルペンの左腕不足、バリエーション不足が強く感じられます。長いシーズンでも、「今日は絶対に勝たなければ」という試合では、左腕がより重要となるでしょう。長い目で見れば、やはり1人でも多くの左腕に台頭してほしいところ。

そんなサイドスロー転向の飯田投手とオスカル投手。同じ時期にサイドに転向しただけでなく、偶然にも2人は1991年3月28日生まれ、そう全く同じ日が誕生日なのです。同じ日に生まれ、別々の人生を歩みながら、今は同じチームで、サイドスローの左腕としてライバルでもある2人。でも、今年こそは、相手の強力な左打者を、ここ一番で見事に封じるワンポイントのマウンドで、貴重な戦力になってほしいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
8位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる