FC2ブログ

今年のカープvs中日を振り返る(1)~対戦成績編~

◎今年のカープvs中日を振り返る(1)~対戦成績編~

レギュラーシーズンも終わり、今シーズンのカープをセリーグ5球団や交流戦との対戦から振り返っていくシリーズの第2回はセリーグ5位となった対中日編です。

まずは今シーズンの中日戦、全25試合の対戦結果を振り返ってみましょう。

4月
 2日 ●4-7(ナゴヤドーム、先発:ジョンソン、責任投手:フランスア)
 3日 ○3-2(ナゴヤドーム、先発:野村、責任投手:野村・S:中崎)
 4日 ●2-3(ナゴヤドーム、先発:岡田、責任投手:岡田)
23日 ○3-2(マツダスタジアム、先発:アドゥワ、責任投手:中崎)
24日 ○5-0(マツダスタジアム、先発:野村、責任投手:野村)
25日 ○2-0(マツダスタジアム、先発:大瀬良、責任投手:大瀬良)

5月
 6日 ○7-2(ナゴヤドーム、先発:アドゥワ、責任投手:菊池保)
 7日 ●0-6(ナゴヤドーム、先発:野村、責任投手:野村)
 8日 ○3-2(ナゴヤドーム、先発:大瀬良、責任投手:大瀬良)
21日 ○3-2(広島・三次、先発:野村、責任投手:野村・S:中崎)
22日 ○3-1(マツダスタジアム、先発:大瀬良、責任投手:大瀬良)

7月
 8日 ●2-3(ナゴヤドーム、先発:九里、責任投手:九里)
 9日 ●3-6(ナゴヤドーム、先発:山口、責任投手:山口)
10日 ●1-2(ナゴヤドーム、先発:ジョンソン、責任投手:レグナルト)
23日 ○6-5(マツダスタジアム、先発:アドゥワ、責任投手:フランスア)
24日 ○2-0(マツダスタジアム、先発:ジョンソン、責任投手:ジョンソン)
25日 ○11-4(マツダスタジアム、先発:野村、責任投手:野村)

8月
23日 ●1-4(ナゴヤドーム、先発:大瀬良、責任投手:大瀬良)
24日 ○5-4(ナゴヤドーム、先発:床田、責任投手:中崎・S:遠藤)
25日 ●4-10(ナゴヤドーム、先発:九里、責任投手:九里)

9月
10日 ○3-0(マツダスタジアム、先発:ジョンソン、責任投手:ジョンソン・S:フランスア良)
11日 ●2-3(マツダスタジアム、先発:大瀬良、責任投手:フランスア)
12日 ○3-2(マツダスタジアム、先発:床田、責任投手:床田)
23日 ○4-3(マツダスタジアム、先発:塹江、責任投手:塹江)
27日 ●1-4(マツダスタジアム、先発:大瀬良、責任投手:大瀬良)

対戦成績は15勝10敗とカープが大きく勝ち越しとなりました。25試合での総得点は83、総失点は77となっており、今季カープが対戦したセリーグ5球団の中では、最も得点が奪えず、最も失点しなかったカード…つまり、最も互いに得点が入らない試合が多かったということになります。なんせ、25試合のうち、半数以上の13試合が3点以内の勝負であったことからも、それがうかがい知れます。前回振り返った今季の東京ヤクルト戦と比較すると、非常に対照的です。

カープの中日戦での打率は.253となっており、横浜DeNA戦に次ぐ低さとなっています。また対戦防御率は2.88で、今季のカープのチーム防御率が3.68だったことを考えると、中日戦では投手陣が機能していたということになる反面で、打線はあまり援護できなかったということになります。

また、中日戦で目立つのが1点差ゲーム。全25試合のうち、半数近い12試合が1点差という僅差の試合でした。しかも8試合が3-2というスコアでした。この12試合に及んだ1点差ゲームで、カープは9勝3敗と大きく勝ち越しました。比較的投手戦が多くなりやすい中日戦で、1点差ゲームを多くモノにできたことが、今季の対戦成績にもつながったといえます。

さらに、中日戦といえば、カープにとってどうもナゴヤドームのイメージが良くない、相手もマツダスタジアムのイメージが良くない…そのために「内弁慶」カードになりやすい傾向があります。今季カープは中日とのホームゲームで11勝2敗と大きく勝ち越したのに対して、ナゴヤドームでは6勝8敗。例年に比べると、ナゴヤドームを苦手にしている印象は小さかったのですが、一方、マツダスタジアムでは大きく勝ち越したとはいえ、CS進出を自力で決められるチャンスがあった今季最終戦では勝てなかった…肝心な試合で「内弁慶」を活かせなかったのは悔やまれるところです

今季は15勝10敗で大きく勝ち越しはしましたが、1点差ゲームが多く、ちょっとしたボタンのかけ違いで一気に形勢が逆転する可能性も多いカードともいえます。もし、中日打線が来季、打線が今季を超える破壊力を持ってきたら、立場は一変するかもしれません。いかに打線が中日投手陣から1試合1点ずつでも上乗せできるかがポイントとなりそうです

次回はカープ投手陣vs中日打線を振り返ってみたいと思います。お楽しみに!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感446>一発変換

<KUNIの雑感446>一発変換

毎年、ドラフト会議の速報を弊ブログでも行っていますが、初めて耳にするような苗字だったり、漢字を見ただけでは読み方が分からない名前だったり…そういった選手をパソコンで打ち込んでも、変換して、正しい文字を見つけるだけでも時間がかかります。

だから、ドラフト会議前には、ある程度指名されそうな選手のリストをポジションと所属を含めて作るようにしています。事前にリストを作っておくだけで、かなり手間が省けますから。エクセルの機能や計算式を使えば、意外と簡単にリストは作れますね。

カープは育成選手も含めて9選手を指名しました。未来のカープを背負って立つ期待の若ゴイだからこそ、名前は正確に覚えておきたいところ

例えば、ドラフト1位の明治大・森下投手の名前は「暢仁」。女優の秋野暢子さんの「暢」と司会者の草野仁さんの「仁」…「ようじ」かと思いましたが、これで「まさと」と読むそうです。あるカープサイトには全部「鴨仁」と書いてありましたが、さすがに「鴨」と間違えては失礼だなあ…と思ったり

ドラフト2位の法政大・宇草孔基(うぐさ・こうき)選手は、苗字も名前も一発で変換されず…。まるで四字熟語のような難しい名前ですが、なかなかカッコ良い名前ですね。ドラフト5位の天理大・石原貴規選手は「貴規」は「たかのり」ではなく、「ともき」と読みます。チームにはベテラン・石原慶幸選手がいるだけに、下の名前で呼ぶことも増えるでしょうね。

ドラフトが終わるこの時期は、カープが指名した期待の若ゴイの名前を、パソコンの辞書登録機能を使って一発変換できるようにしています。今年もきちんと登録を済ませました。どの選手もたびたび変換する必要があるくらいの大活躍に期待です


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感445>勝負パンツ

<KUNIの雑感445>勝負パンツ

本来であれば、50過ぎたオジサンのパンツの色なんて、どうでも良いことなのですが…。

でも、ドラフト会議に初めて臨む佐々岡新監督の勝負パンツは気になるもので。そんな佐々岡監督は、開始前に紫紺の勝負パンツに履き替えたそうです。それは動画を見てほれ込んだ明治大・森下投手の交渉権を獲得できるように、明治大のカラーである紫紺にその願いをこめたのです。

勝負パンツ…といって思い出すのは、2013年のドラフト会議で、大瀬良投手を指名したときのこと。徹底的にマークを続けてきた九州担当の田村恵スカウトが、3球団が競合した大瀬良投手の抽選に臨みました。そのとき、田村スカウトは赤の勝負パンツを履いていました。その願いは当たりくじに届いたのは有名な話です。

履けば絶対に当たるというわけではありませんが、履いてないと気になる…縁起を担ぐというのはそういうものでしょう。

佐々岡監督はドキドキしていたと思いますよ。カープが森下投手を指名したとき、まだそれまでに1位指名した4球団から「森下」の名前は会場に響いていませんでした。でも、まだ7球団も控えている…佐々岡監督は抽選になる覚悟を決めていたようですし、私自身も森下投手は十中八九、抽選になると思っていましたから。

でも、カープの指名以降、森下投手の名前は聞こえてきません。1球団ずつ指名があるたびにドキドキし、「できることなら、ここままどこも指名しないで」と、抽選の覚悟から一転、逃げ切りへの願いに変わっていました

そして森下投手指名のウワサがあった横浜DeNAの1位指名…

「森…」

ときたとき、「ああ…やっぱりダメか」と思いました。しかし、指名した選手は桐蔭学園高の森敬斗選手だったときは、ホッとしましたね。とはいえ、まだ3球団も残っている…

福岡ソフトバンク、巨人がそれぞれ指名を終え、残るは埼玉西武。投手力に不安を抱えるチームだけに、即戦力がほしがりそうなイメージがありました。最後の山、これを越えれば…「埼玉西武、1位、佐々木朗希」と聞こえたとき、いやあガッツポーズしましたね。まさかの一本釣りでしたから

でも、一番ホッとしたのはクジを引く重責を担うことになっていた佐々岡監督でしょうね。「一本釣り」も明治大への思いをこめた勝負パンツのおかげだったのでしょう。その後、佐々岡監督は喜び勇んで、明治大に足を運び、直接森下投手に会って、自身もつけていたエースナンバー「18」を継がせたい意向があることなど、思いを伝えたそうです。

勝負パンツ、やっぱり履いてみるもんですね


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感444>2死3塁からのセーフティースクイズに思う

<KUNIの雑感444>2死3塁からのセーフティースクイズに思う

10月13日、東京ドームで行われた巨人と阪神によるCSファイナルステージ第4戦。1-1の同点で迎えた6回裏2死3塁の場面で、丸選手がなんとサード方向へ転がすセーフティースクイズを決めて、それが決勝点となりました。2アウトという場面でのバントには驚きました。

この場面で完璧なバントを決めた丸選手、そして巨人・原監督の采配…もしこれが失敗していれば、さらにこの試合を落としていたら、間違いなく、丸選手のバントは「采配ミス」とされていたでしょう。成功したがゆえに「名采配」となり、それは伝説化し、「名将」と呼ばれるようになるのでしょうね。

ただ…この采配が成功しようが失敗しようが、あくまでも大量得点を狙わずに、目先の1点を執拗に追求したことには変わりありません

短期決戦の1点の重みがレギュラーシーズンの比ではないことを踏まえた上での大きな賭けだったのでしょうし、優勝チームに与えられたCSファイナルステージの全試合ホームゲーム、日本シーズンへ王手をかけていたこと…短期決戦の中でも優位な部分を見つけ、心のゆとりに変えていたことで生まれた勝利だったと思います。

しかも、巨人にとってはこれからの日本シリーズへ向けて、2死からでも、たとえクリーンアップの打者でも、打つだけではない作戦を実行していく…そんな采配が相手となる福岡ソフトバンクの警戒心を煽ることにもつながっていくように思います。

短期決戦に弱さを見せるカープにも、学ぶべきところは多いなと感じました

例えば2016年の北海道日本ハムとの日本シリーズの第1戦。2回に1死1・3塁からダブルスチールを決め、先制点を奪い、その後も試合を優勢に進めての勝利。短期決戦の初戦に足でかき回すという采配は見事でした。

しかし、2勝2敗で迎えた第5戦。何としても札幌で1つ勝ちたかったのでしょう。中4日でジョンソン投手を先発に送ったとき、「ホームに帰れる権利はあるのだから、もっとゆとりを持って良いのに…」と感じました。短期決戦でも采配にゆとりを見出さなければ、チーム全体が浮き足立つ可能性があります

昨年の福岡ソフトバンクとの日本シリーズでも、いわゆる「甲斐キャノン」の前に、盗塁はことごとく失敗しました。ただただやみくもに走っても同じこと。同じように足を活かすなら、ヒットエンドランやバントを上手く組み合わせながら、パターンを増やすべきだったと思います。

すべては終わったことですが、これからに活かしていく必要はあります。作戦のバリエーションを増やす、作戦が単調にならないように配慮する、そして実戦の中でいかに勇気をもって実行していくか…そこには、「今ならいけるかも」という、より成功率を高める確信と心のゆとり、そして戦力のバリエーションが必要なのかもしれませんね


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感443>投手出身監督ならでは柔軟な起用を

<KUNIの雑感443>投手出身監督ならでは柔軟な起用を

カープの今シーズンの戦いは終了し、10月に入ると戦力外通告の発表がありました。今年カープを去ることになった選手の1人が左腕の飯田投手。ひとまずは5年間のプロ野球生活で、通算40試合に登板し、勝ち負けつかず、1つホールドをマークしたのみでした。

飯田投手にとって転機となったのは2017年のオフ。サイドスローへの挑戦でした。

なかなか1軍で結果を残せない左投手が、腕を下げて、左打者を徹底的に抑えるという役割、いわゆる「左キラー」に活路を見出す…カープでも多くの左腕がサイドスローに挑戦しました。しかし、成功例はけして多くはありません。一度サイドスローに挑戦するということは、もうプロ野球選手として土俵際に立たされている…そんなイメージもあります。

左のサイドスローというのは戦力になれば非常に貴重な存在だと思います。ワンポイントで起用すれば、相手の攻撃に一呼吸置けますし、目先も変えることが出来ます。ただ単に左キラーというだけでなく、ベンチに1人入れておくだけでも、相手にとっては「気になる」存在になるはずです。

ただ、問題は起用する側が柔軟に考えられるかどうか…「この1イニングは任せる」といって送り出した投手がピンチを招き、左の強打者を迎えたときに、ワンポイントで交代させるだけ柔軟な起用ができるかどうか。

飯田投手がサイドスローに転向すると聞いたとき、1イニングを任せるのは厳しいけども、左のワンポイントとして起用すれば可能性はあると思いました。しかしその反面で、緒方前監督に限らず、このところ長い間、左のワンポイント起用がほとんどなく、あくまでも中継ぎには1イニングを任せる起用だったため、サイドスローに転向させて、それを首脳陣側が活かすつもりがあるのかが疑問でした

そして、結果的にサイドスローの特性を活かせずに終わりました。確かに、飯田投手の場合、多くが敗戦処理での起用でしたが、ある試合で中日の左打者・京田選手にレフトにタイムリーを打たれた…左打者のタイムリーを許してしまったことで、首脳陣の信頼はあっという間に下がってしまったのかもしれません。

半世紀以上ぶりに、カープは投手出身監督が誕生しました。果たして、元投手の立場から、どのような投手起用をするのかは非常に興味があるところです。佐々岡新監督が果たして変則投手や左腕を上手く生かした「ワンポイント起用」を見せてくれるのか、そして本格派のパワーピッチャーが多い中で、変則タイプの投手の獲得はあるか、戦力的にも戦術的にも投手のバリエーションをどう増やしていくかに注目しています

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる