FC2ブログ

<KUNIの雑感592>いまだにセーブ0

<KUNIの雑感592>いまだにセーブ0

カープはここまで11試合を消化して、5勝5敗1分の勝率5割となっています。ここまで首都圏で集中的に開催されていることもあってか、セリーグの上位3球団はすべて関東勢、下位3球団はすべて西日本勢と、くっきりと明暗が分かれています。

それはさておき…

カープはセリーグでは唯一、ここまでセーブを挙げた投手がいません。3点差以内での勝敗は、ここまで1勝3敗。しかも、その1勝は大瀬良投手の完投勝利となっています。昨夜の東京ヤクルト戦もそうでしたが、試合の中盤までリードを奪いながら、それを守り切れずに敗れてしまったり、引き分けに持ち込まれたり…という試合が3度もありました。

その要因として、やはり中継ぎ陣、とりわけ勝利の方程式が、いまだに不安定であるということでしょう。セットアッパーを任せる予定のフランスア投手の防御率は5.40、スコット投手に至っては実に21.00と、もはや惨憺たる状況です。練習試合では素晴らしいコントロールと、スライダー、ツーシームのキレ味を見せていたスコット投手が、シーズンが開幕するとまるで別人のようになってしまいました。これではセーブを挙げられる状況になく、むしろ逆転負けが増えてしまいます。

長いシーズンを考えると、いかに僅差の試合を守り切るか…これは大きなポイントです。ひとたびリードを奪えば、きっちりと逃げ切る、中継ぎがゼロで抑えてくれれば、いくら負けていても、逆転勝利への機運が高まる…中継ぎが打たれると、それらはまったく裏目になってしまいます。

ここまで時間があったものの、整備できなかった中継ぎ陣…ただ、このままでは僅差の試合をモノにできず、勝てるはずの試合をいくつも落としてしまうことになりかねません。シーズンの試合数が例年より少ないシーズンだからこそ、そろそろ再考のときなのかもしれません。

今村投手や中崎投手も、けして万全という感じではありませんが、何よりも経験があります。不安はあるものの、経験でカバーできる投手がいるということも視野に入れることも必要でしょう。塹江投手や菊池保投手といった結果を残している投手もいます。

そして今年に関しては2軍で、一岡投手や中村恭投手といった実績のある投手が調整中ですし、島内投手や平岡投手、ケムナ投手といった、1軍の経験は少ない、もしくは全くない投手でも、素晴らしい球を投げ込む見込みのある投手もいます。今を我慢すれば、もしかしたら救世主になってくれるのではないかという投手がいます

とにかく、今は踏ん張り時だと思います。ここをどう乗り切るか…今のベストを尽くして、僅差を守り抜く、セーブが付く展開で、それをモノにできる体制をいかに整えるか。実績と今の調子、結果を残している投手…1つの形にこだわらず、様々な観点から起用して、最終的に1つの形をいかに早く見出すか、ゆくゆくは2軍から若い芽が台頭してくることも期待しつつ、辛抱強く戦い抜いてほしいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

皆様からのコメント紹介

◎皆様からのコメント紹介

今日の試合が雨で中止となったので、皆様からお寄せいただいたコメントを紹介させていただこうと思います。
まずはカープ小僧さんから、森下投手のデビュー戦後にいただいたコメントです。


「いつも楽しみに読ませてもらってます。

今回、森下投手の好投が実らず、悔しい負けとなりました。
でも、こんな想いをするのも、プロ野球が開幕してくれたからこそ。
開幕したらしたで、人はあっという間に贅沢になるもので、三連勝、ルーキー初勝利・・と欲が出てきます。
開幕延期となり、先が見えなかった3ヶ月前を思うと、本当に幸せな時間ですよね。

まあ、一喜一憂するのは当然ですが、今まで以上にカープを応援できる喜びを噛み締めていきたいと思います。
優勝、日本一なら申し分なし!(結局欲張ってる)」


カープ小僧さん、コメントありがとうございます!
4~5月にかけては「しりとり」コーナーで、たびたびコメントいただき、ありがとうございました。

さて、コメントをいただいたのは森下投手のデビューの日で、好投が報われず、逆転サヨナラ負けという結果となりましたが、翌週、あわや完封、完投かという素晴らしいピッチングを見せてくれましたね。

カープ小僧さんのおっしゃる通り、確かに今は無観客試合が続いてはいますが、野球を楽しめる暮らしが戻ってきたこと…昨年までは当たり前のようにあったものを失うことの悲しみ、そしてその当たり前のことが、実はすごくありがたいものだということを実感させられる期間でしたね。

今、東京を中心に、日頃から報道されている感染者数が増えていることが気がかりで、いつどうなるか分からないという不安はありますが、カープの選手が躍動する姿を見ていると、それをしばし忘れさせてくれ、さらに力も湧いてくるような気がします。

まだまだシーズンは始まったばかり!今年も昨年以上にカープを応援していきましょう!


続いて、森下投手初勝利後にいただいた而今さんからのコメントです。


「嬉しい嬉しい初勝利ですね
堂々として、中堅どころの貫禄でした
さすがに9回は疲れたかなってところと中日の意地を見せられましたね
にしても。。堂林ホントに信じていいのか?
これからもショウタイムお願いします!!
あとやっぱり・・・メヒアも力抜いてさ
とりあえず恐怖の代打で頑張れ!」


森下投手、素晴らしいピッチングでした。追い込んでから、ストレートで押してみたり、キレのある変化球を低めに投げ込んでみたりと、若さと巧みさが見事に調和したピッチングでした。今回は惜しくも完封、完投は逃しましたが、「何もかもは一気に手に入らないぞ!」という野球の神様が与えた試練だと思います。でも、この調子なら完投、完封勝利もそんなに遠い未来ではないと思います。

そして、堂林選手!

先日のナゴヤドームのバックスクリーン右への一発は驚きました。内角球を見事にさばいて、そこまで運ぶわけですから。元々、内角には強く、逆方向に伸びる球を打てるのが魅力でしたが、その持ち味を取り戻し、確実性まで出てきました。

ファンにとっては待望でしたが、低迷期が長かっただけに、まだ気持ちのどこかで、「マジか!?」とほっぺたをつねりたくなる思いもありますね。まだまだ始まったばかりですが、ここまで打つと、期待が膨らみまくりますね!

カープ小僧さん、而今さん、コメントありがとうございました!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感591>リクエストするタイミングって難しいですね

<KUNIの雑感591>リクエストするタイミングって難しいですね

きわどい判定で、リプレー検証を要求するリクエスト。9回までに最低2回、延長戦に入れば1回要求することが出来ます。リクエストに成功すれば、回数にはカウントされないというルールもあります。監督が指先で四角を描くようなリクエスト・・・その後のリプレー検証では、テレビ画面に超スローモーションの映像がいろんな方向から流され、それを見ながら、一喜一憂したりするのも、プロ野球の楽しみ方の1つとなりました。

ところで、1試合に行えるリクエストには制限があるからこそ、なかなかそのタイミングって難しいですよね。

6月27日の中日戦。6回裏の中日の攻撃は1死2塁で、アルモンテ選手のレフト前へのヒットで、2塁走者・京田選手は本塁を突き、きわどいタイミングで判定はセーフとなりました。見た感じでは「まあ、セーフかなあ…」というところでしたが、佐々岡監督はリクエストを要求。結果は判定が覆ることはなく、リクエストの残り回数は1回となりました。

きわどいプレーだと、しかもそれが得点につながるとなると、リクエストの要求をしたくなりますよね。特に負けている展開の場合、そのことでチーム内に「まだ諦めていないぞ」という、試合への執念を見せることも出来、士気を上げることにもつながってきますから。

ただ、今回の場合、その後2死1・3塁の場面で、大島選手のショートゴロは、ゲッツー崩れとなり、1塁は間一髪でセーフとなりました。これにより、三塁走者は生還することになりましたが、この1塁走者と菊池涼選手の1塁への送球をファーストがキャッチしたタイミング…かなりきわどいものでした。私自身も自宅で録画した映像でコマ送りしながら見てみましたが、ほぼ同時くらいで、かなりきわどいものでした。

しかし、佐々岡監督からのリクエストはありませんでした。確かに、1度失敗し、あと1回しか使えない…しかもまだ6回となると、どうしても使いづらかったのかもしれませんね

リクエストのタイミングというのは、なかなか難しいものですね。早くから使いすぎると、それが失敗してしまうと、試合終盤にもしかしたら、試合の勝敗に影響するような判定が出てくるかもしれない…そう思うと、あまりむやみには使えないですし。特に残り1回しかリクエストのチャンスがないときはなおさらでしょうね。

リクエストがなかった当時は、審判へ抗議にいくというシーンも良く見受けられました。総合的に考えると、6回までは「これは抗議にしたいくらいの判定だ」というときだけリクエストを使うようにし、終盤まで出来るだけカードを残しておくという考え方もあるでしょうね。あとは、試合展開を見ながら、「この1点は試合を左右するものだ」という場合なら積極的に使うという考え方もあると思います。

佐々岡監督はどうこの2度のチャンスを使っていくか…それもまた今後の注目点になりそうです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感590>ゼロを1にするのが難しい

<KUNIの雑感590>ゼロを1にするのが難しい

練習試合では逆方向にもヒットを放ち、かつての菊池涼選手らしい打撃が戻ってきたのではないかと期待を寄せていたのですが、いざ開幕してみると、なかなかヒットが出ない…それどころか、2018年のシーズンでは100%成功させていたバントも失敗。昨夜も第1打席目はバントが投手の正面を突き、失敗に終わりました。連続失敗…およそ「らしくない」姿に、やはりゼロを1にするのは難しいなあと感じるばかりでした。

若い選手であれば、スタメンを外されたと思います。しかし、菊池涼選手は6年連続ゴールデングラブ賞、それ以上にチームでは欠かせない選手…なんせ、菊池涼選手が持つ守備力で、一体今までどれだけの失点を防いできたか。だからこそ、スタメンには不可欠で、打撃でも1本出れば変わるという思いは、自身にも首脳陣にもあったと思います。だからこそ、8番で起用してみたりと、いろいろ気分転換を図ったりもしたのでしょう。

昨夜の試合、第1打席目は「らしくない」バントミス。

しかし第2打席。菊池涼選手はセンター前にきれいなヒットを放ちました。しっかりと捉えた当たりでした。不振がウソのような、素晴らしいヒットでした。ただただ「打てない」が続いただけ…そんなヒットでした。でもついにゼロを1に変えた瞬間でした。そして1を達成したら、次はチームにとって大きな大きな1点となるソロホームラン、そして4打席目はレフト前ヒット。今までたまっていたものを吐き出すように、次から次へとヒットを放ちました

まあ正直、いつかは出るものとは思うんです。でも、本人からすれば、もう今年は1本も打てないんじゃないかって思っていたかもしれません。そしてようやく1本が出ました。これでバントも「らしさ」を取り戻してくれるんじゃないでしょうか

さて…

次はメヒア選手です。開幕から5番を任されながら、どうもブレーキになりがちです。ただ打席に立つ雰囲気は、相手に大きなプレッシャーを与えているとは思います。あとは、雰囲気だけでなく、実際に結果を残していかなければ…練習試合が良すぎただけに、この不振を抜け出すのは大変だとは思います。ただ、メヒア選手の場合、1本の長打が出れば変わってくる…1軍の舞台で「これだ!」という感覚をつかめば、5番という役割は、メヒア選手にとって格好の仕事場になるはずです。だからこそ、今がチャンスと気負わずに、自分の打撃を見せてほしい!

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

<KUNIの雑感589>チョーさんの起用に見る昨年までとの違い

<KUNIの雑感589>チョーさんの起用に見る昨年までとの違い

監督が代われば、選手に対する見方や起用法も変わってきます。確かに、緒方前監督はセリーグ3連覇を達成し、多くの功績を残したこともあり、その良かった部分は継承していくべきですが、開幕から3試合が終わったばかりですが、佐々岡監督らしさも感じさせます。

特に感じたのが、長野選手の起用でした。

緒方監督時代の長野選手の起用は、確かに長野選手の調子がなかなか上がってこないという側面もありましたが、シーズン前半は9回裏2死ランナーなしなど、どこか「仕方なく使っている」という雰囲気も感じました。チャンスでもなんでもない、投手でいえば「敗戦処理」のような雰囲気での起用も目立ちました。シーズン終盤には打撃の調子も上がってきて、4番で起用される試合も増えましたが、2軍での生活も長かったのは事実です。

佐々岡監督となり3試合。ここまで長野選手のスタメン起用はなく、2戦目に1度だけ代打で出場したのみです。しかし、1点ビハインドの8回表、2死1・2塁というカープにとっては絶好のチャンスという場面で、長野選手は見事に打球をライナーで左中間に運ぶ逆転タイムリーを放ったのです。この一打にベンチは沸き上がりました。

昨年なら、こういったチャンスの場面ではなかなか起用しなかったのではないでしょうか。ましてや、マウンド上の投手が右腕となれば、左打者を代打に送っていたように思います。

そこには長野選手への佐々岡監督の信頼の厚さを感じました。ここ一番で起用するというのは、確かにスタメンからは外れているものの、ここ一番の代打としては右は長野選手、左は安部選手と、それぞれ代打1番手として考え、相手投手との相性などによっては、スタメン起用するという方針なのでしょう。

ランナーがいない場面での代打は若手に任せても面白いと思います。しかし、ここ一番のチャンスの場面では、若手では威圧感がない…実績十分の長野選手が打席に立てば、相手投手は警戒度が高まるはず。やはりその存在感こそが、相手を圧倒できる…そう考えられます。そして、その起用に長野選手がしっかりと応える…

佐々岡監督が語る「一体感」は、そんな起用法にも根付いているように思います。適材適所で選手を起用し、そこには監督から方針をしっかりと伝え、コミュニケーションをとりながら、理解してもらう…そうすることで、選手は意気に感じ、より一体感が生まれてくるのだと思います。本来カープはチーム一丸で勝利、優勝をもぎ取ってきたチーム…一体感を取り戻すことで、きっとペナントは奪還できると信じています。



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる