FC2ブログ

もう一言だけ…(2019/10/16)

さあ、明日はドラフト会議。

カープはドラフト1位で明治大・森下暢仁投手を指名することが決まりました。
佐々岡新監督の「即戦力がほしい」という、たっての希望のようです。

個人的にも、先発タイプの投手がほしいということで、
即戦力なら森下投手、
高校生なら星陵高・奥川投手が良いのではと思っていました。

でも、松田オーナーは「ワシは佐々木派」の言葉。

しかも、佐々岡監督になって、
抽選間違いなしの大船渡高・佐々木朗希投手の指名して、
「佐々岡が佐々木を…」みたいな流れになりそうな気もしていました。

でも、即戦力の指名に果敢に挑戦したことは、良かったと思います

大注目の佐々木投手については、
北海道日本ハム、東北楽天と、
くじ運が強いイメージのあるチームが指名する見込みのようです。

もちろん抽選に有利も不利もないのですが。
何となく、指名しても外れるような気もする…。

森下投手もほぼ確実に抽選になるでしょう。
そのときは佐々岡監督がクジを引くようです。

明治大といえば、カープには野村投手がいます。
さらに上本選手もいます。
縁のある大学です。

そして、昨年は緒方監督は小園選手を引き当てました。
さらに緒方監督が就任したばかりの2014年のドラフトでは、
たっての希望で野間選手を指名・獲得しました。

「即戦力がほしい」…それゆえにかなった森下投手の1位指名。
新監督の思いが通じれば、願いはかなう…

佐々岡監督の「即戦力がほしい」
その願いがかないますように。



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

もう一言だけ…(2019/9/12)

やったね!堂林選手!!!

やっぱり、なんだかんだで
堂林選手は打席に立つと雰囲気がある
んですよね。

打席に立つと球場の雰囲気が変わる。
何となく打ってくれそうな、堂々とした風格がある…

だからこそ、最近の低迷ぶりと、
その風格とのギャップが激しすぎて、
それだけ失望感も強くなってしまいました。

9回裏の打席。

2球目の内角のストレートを空振り。
本来、内角が得意なはずなのに、
その球を空振りしてしまうとは…

なんせ、打率は1割すらも切っていましたから。
ちょっと厳しいかな…と思いました。

しかし、3球目。
同じように内角に来た甘く入った変化球。
見事にたたいてくれました

これまでの低迷を振り払うかのように、
そして新しくこの世界に生まれてきてくれた赤ちゃんのために、
そして生んでくれた奥様のために。

昨夜、1軍昇格後、初安打を放ちました。
センター前にぽとりと落ちるヒットは、
けして格好いい当たりではありませんでした。

しかし、堂林選手にとっては、
開幕直後の今季初打席で放ったヒット以来、2本目のもの。

でもヒットはヒット。
それを今夜につなげてくれたように思います

背番号7が、ようやく躍動しました。
最高のバッティングを見せてくれました。

ベンチから出てきただけで、
どこかスタジアムの空気を一変させることができる、
チームでは希少な存在。

だからこそ、今夜のサヨナラ勝ちは大きい!

もう迷うな。
堂林選手らしく、今夜の一振りでつかんだ手ごたえをしっかりかみ締めて、
もう一度、1軍の舞台で躍動する姿を見せてほしい!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

もう一言だけ…(2019/9/11)

現在、チームの守護神を務めているフランスア投手

先頭打者を抑えると、
一気に3つのアウトを奪えることも多いのに、
先頭打者を出塁させてしまうと、
表情に焦りの色を感じます。

ただ…

今夜の試合では同点で迎えた9回表にマウンドに。

いきなり平田選手に打たれて、嫌な予感。
次の加藤選手はバント…
一瞬、2塁を見やりましたが、ファーストへ送球。

以前、連続してバント処理を早とちりしてしまい、
独り相撲で逆転負けを喫しただけに、
そのときの失敗を繰り返さず、冷静に処理した感じでした。

そして、続く藤井選手。
3ボールとカウントを悪くした後、フルカウントまで立て直し、
最後の1球…

ここで、投球までじっくりと自分のタイミングを計るフランスア投手。
かなり長い間合いになりましたが、
ズバッと投じた155キロのストレートで空振り三振!

この長い間合い…今夜のフランスア投手は冷静でした

いや、守護神の経験を積み重ね、
苦い思いもたくさんしてきた中で、
焦らずに自分のタイミングで投げる、
ランナーを出しても、慌てず、まずは落ち着くこと。

守護神として、成長しつつあるフランスア投手の姿を見たような気がしました

あとは、1点差という緊迫した場面でのマウンド、
CSやその先の大舞台での登板…
その中でも、今夜のピッチングを思い出して、
先頭打者を許しても冷静に、
「ゼロで抑えればいい」という感じで、思い切り投げてほしいと思います。

そうすれば、150キロを超える自慢のストレートは、
最大級の力を発揮してくれるはず



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

もう一言だけ…(2019/9/10)

西川選手…すごいですね!

3回裏のホームランは、中日先発・梅津投手の自慢のストレートを
初球から積極的に、
しかも豪快なスイングで打っていっての、
右中間スタンドへの先制アーチでした。

見た目は細身なんですけどね。

でも、自身最高をさらに更新する
シーズン16号のホームラン!

丸選手の穴を埋めるとともに、
どこかかつてカープに在籍した金本知憲さんのフォームにも似たような…
やわらかさと力強さを兼ね備え、
西川流の新しい1番打者像を作っているように感じます。

そして8回表の守備ですよ。

無死ランナー1塁という場面。
堂上選手の右中間を抜けようかという当たり…

もうね、完全に抜けたと思いました。
無死2・3塁か…と、1点差まで詰め寄られることも覚悟しましたよ。

その当たりを、西川選手が懸命に追いかけ、
左手を全力で伸ばして、グラブの先っぽでキャッチ!!!

これは今夜最高のプレーだったと思いますよ。
もし抜けていれば、試合の流れはどうなっていたか分かりませんでしたから。
大瀬良投手を、そしてチームを救ったビッグプレーですよ。

外野に転向して1年目。
最初はどこかもたもたしていた守備ですが、
最近では思い切りが出てくるようになって、
みるみるうちに上達しているように思います。

こりゃ、将来はゴールデングラブも夢じゃない!
そう思います。

シーズン最終盤のラストスパートの時期。
明日も西川選手の活躍、期待してますよ!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

もう一言だけ…(2019/9/6)

4月6日の阪神戦で、
相手が左腕の岩貞投手ということもあり、
「8番・サード」でスタメン出場した堂林選手

第1打席でライト前にヒットを放ったのが、
今季の堂林選手の、ここまで最初で最後のヒット…。
打率は現時点で.056.
広島の市外局番「082」よりも低くなってしまった…。

そして今夜、ちょうど5ヶ月ぶりに「7番・ファースト」でスタメン出場しました。
1軍に昇格し、すぐさまスタメン。
しかも同じ阪神戦で、左腕の高橋遥投手。
左投手対策ということだったのでしょう。

堂林選手からすれば、
絶対に結果を残したい…その一心だったと思います。
スタメン出場は千載一遇のチャンスなのですから。

しかし、第1打席は初球から積極的に…というところで、
ボテボテのセカンドゴロ。

そうなると、やっぱり結果がほしくなるんでしょうね。
初球からいって、いきなり失敗したものだから、
次の打席は守りに入ってしまい、思うようにバットが出てこない…。

第2打席はチャンスボールは見逃してしまい、
難しい球に手を出してしまい…。
追い詰められた感じになって、
際どい球はバットが出ずに、最後はボテボテのピッチャーゴロ。

三振はなかったのですが、
セカンドゴロ、ピッチャーゴロ、そしてショートゴロ。
いわゆる「3タコ」ってやつで、結果は残せず

最近では見るたびに、フォームが変わってる。
今でもいろいろと試行錯誤を繰り返してるんでしょうね。
形が決められないままになっている。

原点に帰ってみるのも1つの手だと思います。

そして…

堂林選手はそもそも内角球をさばくのは得意だったはず。
ただ、外角へ逃げる球には思わず手が出て、三振の山を築いてしまう…。

そういえば、チョーさんもそのクセがあったようで、
打席に立つ際、ベースからやや遠い位置を選ぶのは、
外角球対策のようです。

堂林選手もそうしてみたら?

右方向を意識する打撃はチョーさんと似ているところも多々あると思います。
外角のスライダーで手が出てしまうなら、
あえてそれを遠くから見える場所に身を置いてみる…
そうすることで、必要な球とそうでない球が見極められ、
打席でも少しのゆとりが持てるかも。

堂林選手にとっては、チョーさんは格好の「生きる教科書」だと思うなぁ


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
30位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる