FC2ブログ

近年のなぜ?(2)~2016年の日本シリーズでの敗退~

◎近年のなぜ?(2)~2016年の日本シリーズでの敗退~

近年のカープの「なぜ」に迫って、なぜそうなったのかを考えてみようという企画。第2回の今回は、2016年、25年ぶりに出場した日本シリーズで、北海道日本ハムを相手に2勝4敗の敗退となってしまった理由は一体何だったのか…今、改めて迫ってみたいと思います。


この年の日本シリーズ、カープは本拠地・マツダスタジアムで、2試合連続、5-1というスコアで、シーズンの勢いそのままという試合を見せました。第1戦は、今やメジャーリーガーの大谷翔平投手を相手に、ダブルスチールを決めたり、松山選手やエルドレッド選手に一発が飛び出したり…機動力に長打力を融合させての見事な勝利で勢いが加速しました。

しかし、このシリーズは場所を札幌に移動してから、流れが変わります。第3戦では9回表、土壇場で安部選手のタイムリーで同点に追いつきましたが、延長10回に大谷選手にサヨナラタイムリーを浴びました。日本シリーズというのは、サヨナラゲームというのが最も流れを変えやすい…しかも、決勝打がチームの中心となる選手であればなおさらです。その勢いのまま、第4戦もカープが敗れて、2勝2敗のイーブンとなります。

そして、この年の日本シリーズで、カープにとって最も厳しい流れを作ってしまったと思われる第5戦を迎えます。

まず、ここで緒方監督は第1戦で先発し、中4日でジョンソン投手を起用した…これは1つのポイントだったと思います。緒方監督はおそらく「札幌で絶対に1つは勝って、王手をかけてマツダスタジアムに戻りたい」と考えたのではないでしょうか。しかし、この時点で王手をかけられていたならまだしも、2勝2敗のイーブンだったわけで、まだ1つ負けることが出来たわけです。マツダスタジアムに戻って勝負をかけることも出来たのではないでしょうか。幸先よく2勝を奪ったものの、すぐに追いつかれたことの焦りを感じました。

そして、相手は当時ルーキーの左腕・加藤投手をマウンドに送ってきましたが、初回は3本のヒットを集めながら、1点しか奪うことが出来ず、2回も無死2・3塁のチャンスを作りながら、得点に結びつけることが出来ませんでした。札幌にきて、2点以上のリードを奪うことが出来なかった、そのチャンスをつかめなかった…第1戦で見せたような積極的な攻撃姿勢が、札幌に来て、思うように見られなかったのも1つのポイントだったように思います。

そして、北海道日本ハムはすぐさま2番手に右腕のメンドーサ投手を送ってきました。相手の先発左腕を一気に攻略できるチャンスを逃し、しかも打線は左腕攻略のために右打者を多く起用しました。しかし、相手は早々に右腕に切り替えてきたこと、しかも日頃は対戦しない投手を相手に、打線の当たりはぴたりと止まりました。相手がルーキー左腕だっただけに、早々の交代もありうる…2番手投手に対する準備不足が感じられました。

相手は短期決戦ということもあり、積極的に戦力をつぎ込み、またその戦力にはバリエーションがありました。一方でカープは今村投手、ジャクソン投手が全試合に登板したように、型にハマった采配から脱することが出来ずに、試合を重ねるごとに相手の術中にハマりやすくなった…これが敗因だったのでしょう。

短期決戦を戦うには、まずは常に攻めの采配をすること、型にハマった采配ばかりでなく、多種多様なパターンを用意すること、戦力にもバリエーションを持たせることが大切なのでしょう。

佐々岡監督は果たして、どのような采配を見せるか…とりわけ投手出身監督であり、現役時代は先発でも抑えでも名を馳せた選手でした。勝利の方程式をどうするかという課題はありますが、若手にも楽しみな投手が複数おり、左右のバリエーションも出てきただけに、勝負どころの試合でバリエーションを最大限活用した采配を見せてくれることを期待したいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

一芸に秀でる(3)~ユーティリティープレイヤー編~

◎一芸に秀でる(3)~ユーティリティープレイヤー編~

プロ野球の世界で大成するための1つの要素として、あらゆる点で及第点というよりは、むしろ何か1つでも突出した能力があることが挙げられます。その秀でた一芸が、試合の中で活かせるようになれば、それが大きな戦力となることも多々あります。というわけで、今回は守備のユーティリティー性についてみてみたいと思います。

まずは昨年、1軍の公式戦で、3か所以上のポジションを守った選手の、守備位置とその守備率を見てみましょう。ただし、外野に関しては、レフト、センター、ライトの区別はしないものとします。

安部選手
・ファースト 1.000(37試合)
・セカンド  1.000(2試合)
・サード    .935(74試合)

小窪選手
・ファースト 1.000(4試合)
・セカンド  1.000(1試合)
・サード    .968(42試合)

上本選手
・セカンド  1.000(8試合)
・サード   1.000(16試合)
・ショート  守備機会なし(2試合)

三好選手
・セカンド  1.000(5試合)
・サード   1.000(26試合)
・ショート   .953(17試合)

曽根選手
・セカンド  1.000(10試合)
・サード   1.000(28試合)
・ショート  1.000(2試合)
・外野    1.000(13試合)


昨季に関しては、3か所以上のポジションを守ったのはすべて内野手となっています。いずれも、カープを代表するユーティリティープレイヤーではありますが、真の「ユーティリティプレイヤー」は、ただ単にいろんなポジションを守れるというだけでなく、どのポジションについても、高い守備力があるということだと思います。

そう考えていくと、守備には定評のある上本選手や曽根選手は、昨季、けして出場機会は多くはなかったものの、任されたすべてのポジションでソツなくプレーしており、失策数はゼロとなっています。とりわけ曽根選手は内野の3ポジションに加えて、外野でも13試合に出場しており、今やカープを代表する「ユーティリティープレイヤー」といえるでしょう。

こういった「ユーティリティープレイヤー」は、試合終盤になるにつれて、ベンチメンバーが少なくなってきた中でも、采配にバリエーションを持たせられる選手として、非常に重宝する存在だと思います。曽根選手も上本選手も、打撃ではまだ1軍では結果を残せていない面もありますが、ともにどのポジションでも高い守備力を見せ、しかも足も速い…こういった選手がベンチに1人でもいれば、試合終盤の心強い存在となるはずです。

2軍を見てみると、昨年のウエスタンリーグでは桒原選手や中神選手といったところが3ポジション以上を守っています。とりわけ、桒原選手は5年間、1軍昇格の経験がありません。ただ、守備のユーティリティー性と俊足を持ち合わせており、野球センスは高い選手だとは思います。若手が加入してきたことで、今季は非常に厳しい立場に置かれていますが、「一芸」という点では魅力がある選手だけに、持ち味をアピールできるかが注目されます。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

キャリア・ハイから可能性を探る~中継ぎのK/BB編~

◎キャリア・ハイから可能性を探る~中継ぎのK/BB編~

選手のキャリア・ハイの数字から、今年の可能性を探るこの企画。今回は投手の「K/BB」という指標に関してのキャリア・ハイを、中継ぎに限定して見てみたいと思います。

まず、「K/BB」は、奪三振数を四死球の数で割った値です。つまりこの値が大きいほど、四死球よりも奪三振数の方が大きく上回ることを意味します。 一般的な目安としては、優秀な投手となれば3.50を超えることも多いとされています。制球力に優れ、なおかつ三振も奪える投手ということになります。

どちらかといえば、先発投手は1イニングでも長く投げるために、球数をいかにセーブしながら抑えていくかというのが大きなテーマとなります。一方で中継ぎ投手は、無駄な四球を減らし、ここ一番で三振が奪えるかどうか…これがカギを握ります。つまり、「K/BB」は先発よりも、中継ぎとしての能力の高さを示す指標とも言えるかもしれません。

では、これまでのカープ投手陣の成績で、中継ぎとして20試合以上に登板したシーズンにしぼって、「K/BB」のキャリア・ハイを見てみましょう。

今村投手    4.94(2012年)
一岡投手    3.86(2014年)
中村恭投手   3.41(2019年)
大瀬良投手   3.13(2015年)
フランスア投手 2.94(2019年)
中崎投手    2.84(2016年)
中田投手    2.76(2014年)
薮田投手    2.25(2017年)
九里投手    2.20(2017年)
菊池保投手   1.87(2019年)
島内投手    1.74(2019年)
遠藤投手    1.52(2019年)
アドゥワ投手  0.83(2018年)


このように見ると、やはり今村投手、一岡投手といった実績のある投手は、高い数字を叩き出しています。ただ、昨年はいずれも1点台後半の数字にとどまりました。一岡投手は2点台後半、今村投手は25年ぶりのセリーグ制覇を達成した2016年には3.86という数字を叩き出しています。一岡投手は伸びのある速球、今村投手は切れ味鋭いフォークと、持ち味を生かすことが出来れば、十分にコントロールと奪三振力を融合したピッチングが出来る投手といえます。

そして昨年、豪快なストレートを取り戻した中村恭投手が3.41という素晴らしい数字を残しました。中村恭投手の場合、一時は140キロ台前半まで落ち込んだストレートを、昨季はなんと156キロまで押し上げ、しかも比較的低めに球を集めるなど、コントロールも安定していたことが、この数値を飛躍的に押し上げた要因でしょう。

「打たせて取る」タイプの投手は、奪三振数が減るために、どうしてもこの数値は減る傾向があります。中崎投手やアドゥワ投手、菊池保投手など、中継ぎとして結果を残したとしても、この数値が低いのは、もともとが変化球を上手く織り交ぜて、相手のバッチの芯を外すピッチングが持ち味だからです。

一方で、速球派なのに、意外と数値が伸びていない投手もいます。フランスア投手は最速159キロのストレートを持っているのに「K/BB」の値が、同じ速球派の中村恭投手に比べて低くなっています。これは、奪三振数が多くても、無駄な四球も増えているという傾向があるということ。フランスア投手のストレートに相手打者が徐々に対応してきていることを示しているのでしょう。

今季への可能性を考えると、昨季、ウエスタンリーグで「K/BB」の値が5.50という驚異の数値を叩き出した藤井晧投手、同じく3.80だった島内投手の2人は、2軍での成績を1軍で生かすことが出来るようになれば、非常に大きな戦力となりうる可能性があると思います。

藤井晧投手にも島内投手にもフォークという武器があります。ある程度、ストレートの中に、上手くフォークという決め球を活用できれば、1軍でも十分に通用するだけの能力を秘めていると思います。島内投手は故障もあり、出遅れているようですが、ともに2軍では奪三振とコントロールを上手く融合したピッチングを見せただけに、それが1軍で生かせるか、今後に期待が膨らみます


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

一芸に秀でる(2)~球速編~

◎一芸に秀でる(2)~球速編~

プロ野球で大成するためには、何か突出した持ち味があることが、大きなポイントになるように思います。突出した能力があれば、首脳陣も起用法をイメージしやすくなるというのが理由でしょう。今回は、天性の能力ともいえる投手の球速にスポットを当ててみたいと思います。

まずは昨季、1軍で登板した投手のうち、今季もカープに在籍しており、なおかつ150キロ以上を叩き出した投手に限定した最高球速ランキングです。

選手名最高球速左右
フランスア投手159
中村恭投手156
モンティージャ投手155
島内投手154
岡田投手154
ケムナ投手154
大瀬良投手152
床田投手152
塹江投手152
矢崎投手152
山口投手151
ジョンソン投手150
九里投手150
薮田投手150
今村投手150
中田投手150


このように見ると、カープは150キロオーバーのストレートを投げ込む投手が増えてきたなあという感じです。とりわけ、一時期は左腕不足とされていましたが、昨季に関しては、速球派ランキングで上位3投手はいずれも左腕です。

フランスア投手は2018年、左腕から繰り出すホップするような剛速球で、とりわけ左打者に対してはほぼ完ぺきに封じ込みました。ストレートという「一芸」で、一気に開花した投手でもあります。そう考えると、モンティージャ投手も昨季は156キロを計時しており、「一芸」を活かすことが出来れば、楽しみな存在でもあるでしょう。

中村恭投手は大学時代に153キロをストレートを投げ込み、プロからの注目を集めました。しかし、プロ入り後はコントロールを重視しすぎたあまり、ストレートの球威は影を潜めました。このまま終わるのか…と思いきや、昨年、大学時代の球威を取り戻すどころか、それをはるかに上回る球威で、相手打者を抑え、中継ぎとして欠かせない存在へと成長しました。

「一芸」という点で見ると、島内投手、ケムナ投手、岡田投手、塹江投手、矢崎投手、山口投手と、150キロを超える剛速球を持つ若手投手はたくさんいます。素質のある投手は多いのです。あとは彼らが持っている「一芸」をいかに生かしていくか…

現代のプロ野球ではただ単にストレートが速いだけでは打ち返されてしまいます。例えば、回転数があるボールか、ここぞというところで低めにも集められるか、1つでも相手の目線を変える決め球があるかなど、「一芸」にプラスアルファを手にすることが出来れば、「一芸」で花開く可能性があると思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

近年のなぜ?(1)~昨年5月の月間20勝~

◎近年のなぜ?(1)~昨年5月の月間20勝~

近年のカープの「なぜ」に迫って、なぜそうなったのかを考えてみようという企画。第1回の今回は、昨年の5月、なぜカープは月間20勝という球団新記録を樹立できたのか…にスポットを当ててみたいと思います。

まず、カープの昨年の月間別の勝敗を見てみると…

3・4月1215
5月20
6月15
7月1112
8月1314
9月10


このように、5月だけが20勝4敗1分と、すさまじい勢いで勝利を積み重ねたのに対して、それとは対照的に、その他の月はすべて負け越しとなっています。昨季は70勝70敗3分と、5割で終了したシーズンでしたが、5月に作った貯金で、最後まで何とか借金せずに終わらせたというところでしょう。

それにしても、なぜ5月だけ、カープは圧倒的な強さを見せたのでしょうか

1つには、攻撃の型がピッタリとはまったということが挙げられるでしょう。

開幕から、「タナキク」を1・2番に据えたものの、田中広選手の打撃の調子が上がらず、課題だった丸選手が抜けた3番の穴も埋まらず、4番・鈴木誠選手を支えてほしい5番・松山選手も不振。これにより、打線が完全に寸断され、得点力が著しく低下していました。

しかし、5月に入り、野間選手を1番に据え、田中広選手を下位打線に回しました。さらに3番にバティスタ選手、5番に西川選手を据え、ようやく打線につながりを取り戻し、そして一気に得点力を高めたのです。

そして、2つ目には、昨年4月17日、熊本での巨人戦で石原選手が決勝タイムリーを放ったことでしょう。ベテランの一打が、開幕からカード負け越しが立て続き、どうしても波に乗れない状況の中で、チームに活気を取り戻し、カープの大きな持ち味である「チーム一丸」で戦う姿勢がよみがえったことでしょう。

カープはこの試合を契機に8連勝。勢いをつけたまま、5月に入り、打線の組み換えが功を奏したことも重なって、さらに勢いがついきました。これもまた、カープの5月の快進撃につながったのだと思います。

では、6月以降にまた勢いが止まったのはなぜか…

やはり、「付け焼刃は剥げやすい」と言ったりしますが、たまたま上手くいった型は、何かちょっとしたことで、つながりを失ってしまうことになります。そのきっかけの1つが交流戦でしょう。日頃対戦しない相手との戦いに、急ごしらえの打線は戸惑い、一気に得点力を低下させてしまいました。そこにチーム内のトラブルが重なり、一丸となったチームは、どこか求心力を失ったようになってしまいました。

ただ、5月に見せた強さはすごかった、何をやっても上手くいき、ここ数年で最強ではないかと思うほどでした。だからこそ、球団史上最多の月間20勝につながったわけですが。たしかに、昨季に関してみれば、強さは一過性のものでしたが、カープの底力を感じさせました

今季、果たして開幕はまるで見えてきませんが、開幕すれば、打線は「つなぐ」ことを徹底し、投手は中継ぎ、「勝利の方程式」をしっかりと確立することが求められるでしょう。チームとしての形を作ることが大切ですが、その形が崩れてしまったとき、そして相手によっては今の形がどうも通用しないと感じたときなど、いかにプランB、つまりもう1つの柱を作っておくか、これが安定した戦いにつながっていくのだと思います

昨年は型が1つしかなく、その型が崩れたことで、安定感を失いました。今季は打線も、そして勝利の方程式も、メインとなる起用法以外に、プランBをいかに用意して、いつでも機能できるようにしておくか…昨年の経験をもとに、柔軟な起用法が出来るかがカギを握りそうです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる