FC2ブログ

#5・長野久義選手~カープ2年目!マツダでカッコ良い姿を~

◎#5・長野久義選手~カープ2年目!マツダでカッコ良い姿を~

FA権を行使し、巨人へ移籍した丸選手の人的補償として、カープが選択したのは巨人の中心選手として活躍していた長野選手でした。2019年の年明けすぐに発表され、長野選手自身もバタバタしたまま、あれよあれよという間に新しく慣れない環境でキャンプが始まり、シーズンに突入し…身辺整理も、心の整理も出来ないまま、時間がどんどん過ぎたという感じではなかったでしょうか。

そして、FA権を行使した選手の獲得を行った経験のないカープにとって、他球団で現役バリバリの大物選手がチームに加入するというのはめったにないことでもあります。「丸ショック」で沈んだ広島は、長野選手の獲得で一気に盛り上がりました。ただ、長野選手にとってはそれが戸惑いや大きなプレッシャーに感じたかもしれません。

そんな長野選手の昨季は、今までのプロ野球人生では経験のないことばかりの1年…まず1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
試合:72
打数:180
安打:45
本塁打:5
打点:20
四死球:16
三振:40
盗塁:0
失策:2
打率:.250
出塁率:.310


長野選手は巨人時代、ルーキーイヤーから9年連続でシーズン100安打以上、2ケタ本塁打を継続していました。特に2011年には打率.316で首位打者に輝くほど、打撃力の高い選手でした。カープも巨人時代の長野選手には何度となく痛い目にあわされてきました。

ただ、長野選手は「スロースターター」であり、また「夏男」という特徴があります。つまり、シーズン開幕直後はなかなかエンジンがかからず、夏場になってくると一気に調子を上げてくるというタイプです。それはカープに入団しても同様で、春先はなかなかエンジンがかからず、打率も2割をちょっと超えるくらい。あっさり三振を喫する場面もあり、なかなか本調子を出せない様子でした。

しかし、その背景には慣れない代打が中心だったことなど、緒方前監督の起用にも問題があったように思います。試合終盤に「とりあえず起用しておくか」という申し訳程度に代打を送ることもしばしば。起用したりしなかったりを繰り返し。本来であれば、「スロースターター」であるがゆえに、スタメンで4打席立ってこそ、少しずつ調子を上げてくるタイプでしょうが、それがままならない起用に、一向に調子は上がってきませんでした。

そして7月3日…ついに1軍登録抹消。その後、8月に入り、ようやく2軍でも結果を出し始めたにもかからわらず、首脳陣が先に1軍昇格させたのは「最後の最後の戦力」として支配下登録したばかりのサンタナ選手でした。これには、さすがに「なぜ長野選手を上げないのか?」という空気に包まれました。

9月に入り、ようやく緒方前監督は長野選手をスタメン起用し始めました。ときに4番を任せることもありました。9月には月間打率.313をマークし、マツダスタジアムで初のお立ち台に上がった試合もありました。遅ればせながら、夏の終わりにようやく「夏男」の本領を発揮…というか、首脳陣の起用が後手で、せっかくの長野選手の持ち味を活かしきれなかったという印象です。

今年は勝負の2年目となる長野選手。

シーズン終了後、FA権を行使するかが注目されましたが、佐々岡監督から直々の「残ってほしい」というメッセージもあり、行使せずに残留してくれました。長野選手は残留の理由を「このチームで優勝したいという思いと、カープファンの皆さんにかっこいい姿を見せたいと思ったのが一番の要因です」としています。

先日も地元のローカル番組に広島駅前でいきなり乱入出演するというサプライズをした長野選手。これで2度目のことです。さらに昨年末には広島のショッピングセンターでのトークショーに石原慶選手とともに参加しました。激動の1年目のシーズンも終わり、広島に馴染んできたように思います

そうなるまでには時間がかかりましたが、長野選手が本領発揮するためには、環境に慣れることが大きなカギだと思います。当初は苦手意識のあったレフトの守備も、2軍で練習を積み、格段にレベルアップしました。

外野のポジションは非常に激戦区となっています。しかし、実績と経験、昨年は4番も打った長野選手の存在は絶対不可欠です。2年目こそ、長野選手らしさ、つまりはカッコいいところを存分に見せてくれるのではないでしょうか。そして起用する側も昨年の様子を見て、持ち味や特徴が把握できたと思います。長野選手が長野選手らしさを出し、首脳陣がそれを引き出す…その相乗効果が今年は出てくると期待しています。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

#30・一岡竜司投手~今季の復活を期待!~

◎#30・一岡竜司投手~今季の復活を期待!~

一岡投手がFAの人的補償でカープに入団して、今季で早いもので7年目となります。FA人的補償の大成功例としてたびたび名前が挙がる一岡投手。カープのリーグ3連覇の立役者の1人であり、中継ぎには欠かせない戦力となっています。ただ、昨季に関しては、やはり勤続疲労が積み重なったのか、思うようなコンディションで投げられず、苦しいシーズンとなりました

それでは、一岡投手の昨季の1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
33試合 0勝0敗0S(16ホールド)
イニング:31
被安打:29
奪三振:18
四死球:12
自責点:10
防御率:2.90
WHIP:1.26


昨季の序盤はけして調子は悪くありませんでした。むしろ、例年通りのピッチングで、中継ぎでは重要なポジションを担っていました。3・4月終了時点で10試合に登板し、失点を喫したのはわずかに1試合。上々の滑り出しを見せたのですが、その調子も登板を重ねるたびに落ちていったように感じます。

7月上旬には失点を喫する試合が2度続き、2軍への降格となりました。下半身のコンディション不良という、ぼんやりとした発表でしたが、何かしら下半身にアクシデントがあったのでしょう。8月に1度、1軍に返り咲きますが、1度登板し、1失点を喫し、翌日には2軍へ…これっきり今季の1軍登板はありませんでした。3連覇による勤続疲労、体力消耗が激しく、シーズン序盤でバテてしまった印象でした。

ところで、昨季の一岡投手に関して気になる数字といえば、三振率です。1試合あたり、いくつの三振を奪うのか…「三振率」を過去5年間にわたってみてみましょう。

2015年:8.51
2016年:7.66
2017年:8.95
2018年:9.75
2019年:5.23


2017年、2018年とともにシーズン59試合に登板し、イニング数に匹敵、もしくは超えるくらいの奪三振数をマークしていました。しかし、昨年は過去2年の登板過多の影響からか、なかなか思うように三振を奪えなくなっており、過去5年を通しても最低の数字となっています。

一岡投手といえば、球速は145キロを超えるくらいですが、伸びのあるストレートが大きな武器です。そこにフォークやカットボールなど、中継ぎ投手としては非常に豊富な球種を持っています。ただ、昨年に関して言えば、その自慢のストレートで思うように空振りが取れず、ボール球になることも多かったようです。

一岡投手の相手打者の左右別の被打率を見てみましょう。

対右打者:58被打数12被安打 被打率.207
対左打者:60被打数17被安打 被打率.283


極端に左打者に打たれている傾向があります。ストレートで勝負が出来ず、変化球を狙い打たれているように思われます。2018年と比べると、ストレートでの三振率が低下し、ヒットを浴びています。また決め球の1つであるフォークについても、相手打者に捉えられています。

つまりは、昨年の場合、ストレートが思うように走らないことで、カウントを整えることができないままに、変化球も打たれてしまった…そんな悪循環に陥っていたのでしょう。それもまた近年の登板過多から起因した勤続疲労、下半身の不調が影響していたのでしょう。

下半身のコンディション不良に関しては、もう問題ないそうです。あとはしっかり走りこんで、一昨年までのストレートを取り戻すことが出来るかにかかっています。ストレートでカウントを奪うことが出来れば、フォークなどの多彩な変化球も活きてくるはずです。

昨年は中崎投手、今村投手も勤続疲労からか、思うような結果を残せませんでした。一岡投手も昨季の不振、下半身のコンディション不良から立ち直り、もう一度、中継ぎの一角に戻ってくれれば、中継ぎの戦力は厚みを取り戻すはずです。以前までの伸びのあるストレートを取り戻し、今季は本来の一岡投手の姿でマウンドに戻ってきてほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

今季の選手の起用法2020~佐々岡丸の船出~(3)

◎今季の選手の起用法2020~佐々岡丸の船出~(3)

新生・佐々岡カープの船出となる年の選手の起用法を考えるシリーズ、第3回のテーマは…

先発投手の起用法

です。

投手出身の佐々岡監督だからこそ注目されるのが投手陣の起用。その中でも特に今回は先発投手の起用について考えてみたいと思います。そこでまず昨年のカープの先発投手の登板試合数から振り返ってみましょう。

ジョンソン投手   27試合
大瀬良投手     25試合
床田投手      24試合

九里投手      19試合
野村投手      18試合
アドゥワ投手    14試合
山口投手       6試合
岡田投手       2試合
薮田投手       2試合
モンティージャ投手  2試合
中村祐投手      1試合
ローレンス投手    1試合
塹江投手       1試合
永川投手       1試合


昨季、シーズン通して先発ローテーションを守り通したのはジョンソン投手、大瀬良投手という左右の両輪とともに、左ひじの故障から復活を遂げた床田投手の3人でした。チームとしては、長く先発左腕が不足していた中で、床田投手の台頭は大きなものでした。そこに九里投手、野村投手が4番手、5番手のローテーション投手として加わりましたが、4番手以降に関しては流動的になった時期もありました。

1.まずは今季の6人の先発候補

まず、先発投手の青写真を描くにあたって、1週間の試合数は6試合が基本線であるため、まずは6人の先発候補を挙げる必要があります。昨年の成績や新戦力の加入を踏まえると、以下の6投手となるのではないでしょうか。

【右腕】
大瀬良投手   (昨季:26試合11勝9敗、防御率3.53)
野村投手    (昨季:18試合6勝5敗、防御率4.06)
九里投手    (昨季:27試合8勝8敗、防御率3.51)
森下投手    (ドラフト1位ルーキー)

【左腕】
ジョンソン投手 (昨季:27試合11勝8敗、防御率2.59)
床田投手    (昨季:25試合7勝6敗 防御率2.96)


今季も左右の両輪、先発投手の軸となってもらわなければ困る存在なのは大瀬良投手とジョンソン投手。昨季、2人で貯金はわずか5にとどまりましたが、これが2人で10ほどの貯金が作れるようになれば、チームとしても大きいはずですし、実績から見ても十分に可能であるはず。そこに、先発としての経験も豊富な野村投手には今季こそはシーズン通して、ある程度安定感ある投球を見せてほしいところ。

不安要素があるとすれば、まずは床田投手。昨年、プロ入り後では初めてシーズン通して1軍で投げ抜きました。2ケタ勝てるだけの力は十分にありますが、今季は実質2年目となるシーズンだけに、相手も研究してくる中でどんなピッチングを見せるかが気になるところです。

もう1つはルーキーの森下投手。大学球界ナンバーワン投手で、スカウトからも2ケタ勝てるとお墨付きですが、ルーキーにあまり過度な期待は出来ない上に、当然ながらプロでその実力は未知数です。

2.7番手以降の先発候補のレベルをどこまで上げるか?

シーズン通して、6本の先発の柱でまわすことが出来れば最も理想的ですが、故障や不調もあり、長いシーズンでは6投手ではどうしても足りません。もちろん長いシーズン、6連戦以上の日程もありますから、様々な観点から7番手以降の投手が、先発の穴をしっかり埋められるかも、長いシーズンを乗り切る上では重要となります。

7番手以降の先発投手として考えられる投手を挙げてみました。

【右腕】
薮田投手    (昨季:4試合0勝2敗、防御率9.24)
山口投手    (昨季:9試合1勝3敗、防御率4.85)
遠藤投手    (昨季:34試合1勝1敗、防御率3.16)
アドゥワ投手  (昨季:19試合3勝5敗、防御率4.32)
中村祐投手   (昨季:2試合0勝0敗、防御率12.71)


昨年、佐々岡監督は1軍投手コーチ時代に、春季キャンプを迎えるに当たって先発を10人作るという方針を示しました。昨年は、引退試合で先発した永川投手を除けば、13投手が先発のマウンドに登っていることを考えると、やはりローテーションの谷間、9連戦以上の長丁場を乗り切るためには、候補は多いほうが良いということになります。

7番手以降の先発候補は、いきなり2ケタ勝利を求めるのは難しくとも、シーズン10試合前後先発を任せて、5勝前後を期待したい投手という位置付けになります。2017年に15勝を挙げた薮田投手の復活も期待されるところですが、昨季、中継ぎで頭角を現した遠藤投手やプロ初勝利を挙げた山口投手といった3年目の右腕には期待が高まります。

3.2軍との連係強化が必要

先発を10人作るかは別として、1軍の先発投手は6人であることから、その枠から漏れた投手は1軍でロングリリーフを担うか、2軍で先発投手としての調整を続けることになるでしょう。2軍での先発ローテーションをどうするかは、2軍との連携が必ず必要となってきます。

先発投手として起用する投手は、先発から漏れたからと中継ぎに回すのではなく、2軍に回し、あくまでも先発での調整を行っていくことも必要かと思います。2軍でもどのような先発ローテーションを組んでいくか、長いシーズンでの先発のやり繰りをするに当たって、コミュニケーションを上手く取っていくという点では、佐々岡監督には2軍の投手コーチのあるだけに、好循環をもたらしてくれるのではないでしょうか


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

#55・松山竜平選手~5番打者に定着し、4番を支える~

◎#55・松山竜平選手~5番打者に定着し、4番を支える~

セリーグ3連覇の軸となった「タナキクマル」は丸選手のFA移籍により解体し、それにより昨季は4番・鈴木選手に他球団のマークが集中する可能性があったために、若き4番を支える存在がどうしても必要でした。鈴木選手の直後を打つ5番打者の最有力候補として期待された松山選手…2018年にはプロ11年目にして初の規定打席到達、打率.302をマークしただけに、昨季はそれ以上の活躍をと期待されましたが…

そんな松山選手の昨季の1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
試合:110
打数:294
安打:76
本塁打:6
打点:49
四死球:31
三振:42
盗塁:0
失策:7
打率:.259
出塁率:.327


元々、松山選手といえば、開幕直後はなかなか調子が上がってこないスロースターターの傾向がある打者ですが、昨年はそれに輪をかけて、開幕からなかなか調子が上がってこない日々でした。開幕戦でスタメン出場するも、シーズン初安打を放ったのは実に9試合目のこと…やはり、丸選手が抜け、打線の中で自分が穴を埋めつつ、4番を支えなくてはならないというプレッシャーと、スロースターターであることが悪循環を呼んだのでしょうか

打率が1割台に低迷する中、4月21日、1軍登録を抹消されました。ほどなく1軍復帰を果たしましたが、5月を終わっても打率は1割台と超低空飛行。6月7日に再び1軍登録を抹消されました。

6月中に再び1軍に昇格しましたが、開幕から長く続いた打率1割台をようやく脱出したのは、オールスターも終わり、シーズンは折り返し地点を過ぎた頃でした。7月下旬には猛打賞やマルチヒットも記録するようになり、ようやく松山選手らしい打撃が戻ってきました。ただ、その復調の時期があまりにも遅すぎました。シーズンが終わってみると、2018年シーズンの成績より、軒並み大幅ダウンとなりました。

相手投手の左右別打撃成績を見ると…

対左投手:103打数25安打 2本塁打 14打点 打率.243(長打率.359)
対右投手:191打数51安打 4本塁打 35打点 打率.267(長打率.382)


野村元監督時代の松山選手は、対左投手でほとんど起用されなかったものの、緒方前監督となり、相手投手の左右にかかわらず起用される試合も増えました。その中で左投手にも対応できるようになり、昨季に関しても、左右で大きな違いはありませんでした。かつては左投手だと長打が打てない傾向がありましたが、調子を落とした昨季でも、左投手からも比較的長打を放っており、けして極端な苦手意識がある印象はありません

松山選手といえば、内角低めの球を素晴らしいバットコントロールではじき返す打撃が魅力です。そのため、内角に食い込むスライダーや、タテに変化するフォークやカットボールには無類の強さを誇り、芸術的なバッティングを見せます。しかし、かつてはしっかり弾き返せていたストレートに、昨季は対応できない傾向がありました。

昨季の得点圏打率は.319と、不振だった昨季も高いアベレージとなっています。大舞台も経験しており、チャンスに強さを発揮しています。4番の後を打つ5番打者としては、実績、経験ともに申し分はありません。ただ、もう一度、しっかりとストレートをはじき返すだけのスイングの鋭さを取り戻せるかがカギでしょう。

勝負強さがあるだけに、開幕からコンスタントに結果を残せるか、そして守備には課題があるだけに打撃でそれを大きくカバーできるか…2018年は規定打席に到達する活躍を見せただけに、もう一度、ベテランの底力を見せてほしいところです。4番を支え、下位打線につなぐ役割を担える貴重な存在なのですから。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

#16・今村猛投手~シーズン終盤に復活の兆し~

◎#16・今村猛投手~シーズン終盤に復活の兆し~

2016年、カープが25年ぶりのセリーグ優勝を果たした年、今村投手は勝利の方程式の一角として、67試合に登板しました。翌2017年には中崎投手に代わって守護神を任された時期もあり、68試合に登板し、自己最多の23セーブをマークしました。そして2018年は43試合に登板にとどまりました。やはり登板過多の年が続いたことが影響してか、ストレートの威力が顕著に低下しているようでした。そして昨年は…

それでは、今村投手の昨季の1軍での成績を振り返ってみましょう。

☆1軍
27試合 3勝1敗1S(4ホールド)
イニング:25.1
被安打:18
奪三振:17
四死球:10
自責点:10
防御率:3.55
WHIP:1.07


リーグ3連覇の立役者の1人でもあった今村投手。ただ、登板過多の年が続き、やはりストレートを見ると、疲労の蓄積を感じずにはいられませんでした。なかなか調子が上がらない中で、開幕から出遅れが続き、2軍での調整期間も長くなりました。ようやく1軍昇格となったのは、開幕から3ヶ月以上経過した7月3日のことでした。

1軍昇格直後から、中継ぎでの登板が続きました。ストレートはけして本来の今村投手とは程遠い印象を受けました。しかし、今村投手にはフォークという大きな武器があります。そして過去の実績や経験もあります。1軍昇格後、7月には11試合に登板しましたが、すべて無失点に抑える好投を見せました。今村投手の復帰は手薄になった中継ぎ陣にとって大きな戦力となりました。

8月に入ると徐々に失点を重ねるシーンも目立ちましたが、7月3日の1軍昇格後は、シーズン終了まで1軍で登板を重ねました。特に、シーズン最後の登板となった9月19日の横浜DeNA戦では一発を浴びて、1回3失点という内容でしたが、この日はストレートが走り、昨年では唯一、ストレートが150キロに到達した試合でもありました。

今村投手の相手打者の左右別の被打率を見てみましょう。

対右打者:43被打数9被安打 被打率.209
対左打者:45被打数9被安打 被打率.200


相手打者が右打者であろうと、左打者であろうとしっかりと抑えています。今村投手は主にストレート、スライダー、フォークの3つの球種で、全体的に外角を中心に攻めていくタイプの投手。外角低目へのコントロール、そしてフォークを随所に使えるところが魅力です。確かに投球のパターンが少ない印象がありますが、低めに集められるために、相手打者が左右どちらであろうと抑えられるように思います。

佐々岡監督は中継ぎに強い球を投げられる投手を条件に挙げています。現状では今村投手の起用については明言していません。今村投手もシーズン終盤に見せた150キロ…球威を取り戻せば、かつての輝きも取り戻すことが出来るはずです。中継ぎの層は長いシーズンを戦うにあたって、少しでも厚い方が良いのは間違いありません。

だからこそ、実績、経験十分で、相手打者の左右に関わらずしっかり抑えられる今村投手が昨季の150キロを手ごたえに、復調のきっかけとしてくれれば、中継ぎ投手陣にとって大きな戦力であり、精神的支柱になるはずです。近年は登板過多が続いただけに、今季は復調した今村投手本来の姿を見せてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
47位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる