横浜DeNA戦今季初黒星…気になる2人の助っ人

◎横浜DeNA戦今季初黒星…気になる2人の助っ人

こういった連勝はいつかは必ず止まるものですし、いつも3連勝できるとは限らないものです。今日の横浜DeNA戦、これまで開幕から7連勝を飾っていたお得意様カードでしたが、今季初黒星を喫してしまいました


今日のカープ打線は初回から梵選手の2塁打と、岩本選手のセンター前にぽとりと落とすヒットで、幸先良く1点を先制しました。しかし、すぐさま同点、そして逆転を許しましたが、4回に堂林選手がレフトスタンドへ8号ソロホームランを放ち1点差まで攻め寄りました。

ホームランの直後、迎選手がスライディングキャッチを試みたレフト・ラミレス選手の前にぽとりと落とす2塁打と赤松選手の四球で1死1・2塁のチャンスを作ったのですが、その後の倉選手がゲッツー。後が続かず、5回以降はそれを引きずってか、ヒットすら出ない状況のまま試合は終わってしまいました。やはり、4回に一気に攻めることが出来なかったこと…ここで攻撃の流れが止まってしまいました


しかし、それ以上に気になるのがバリントン投手。復調の兆しがまるで見えてきません。今日も横浜DeNA打線に対して、5回を投げて8本のヒットと2つの四死球と与える投球。球自体に球威が感じられないのもありますが、昨年のようなコントロールが影を潜め、少し甘く入ってしまうところを痛打されているという印象があります。

確かに今日の試合では3失点を許し、3回に浴びた鶴岡選手のタイムリーに関しては、サード、レフト、ショートの間に落ちるアンラッキーなヒットでした。また、打ち取った当たりがセーフになってしまうものもありました。それでも、正確なコントロールが影を潜めているのは相変わらず…。今日で9敗目となり、1人で6つの借金を抱える状況となっています。せめて復調の兆しが見えれば良いのですが、一度2軍に落として再調整させるのも、今後のシーズンを乗り切る上では大切なのではないでしょうか

またサファテ投手も気になります。28日の巨人戦で復帰のマウンドに立ったサファテ投手は、1回をピシャリと抑えました。球速も154キロを計時するなど、復調の兆しが見えましたが、昨年のように球威で押しているという印象がなかったのが気になるところでした。

そして今日の登板は、あの2軍降格前、交流戦で最終回に打ち込まれていたときと同じものでした。球速は150キロに届かないものが多く、妙に力んで、ストレートが高めにすっぽ抜ける…。以前までの投球に戻ってしまったかのような内容でした。良かったと思えば、悪くなったり…まだ不安定で、守護神に返り咲くのはまだ先になりそうです。


それにしても2人の助っ人の調子が気になるところ。カープ投手陣のカギを握っている投手だけに、早い復調が期待されるのですが…。この2人が本来の調子に戻ってくれば、一気に大きな連勝も狙えるだけに、今後の動向が気になるところです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
46位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる