2番手投手で差が出た試合

◎4点リードもあっさりフイに…

まるで昨日の打線の勢いが続いているかのように、序盤に4点のリードを奪い、試合を優勢に進めていけそうな状況に持ち込んだのですが、そのリードもわずか1イニングにあっという間におじゃんになり、しかも逆転負け…。明日から巨人戦が、しかも敵地・東京ドームで控えているというのに、あまりにも痛い敗戦であるとともに、痛いカード負け越しとなりました


「今日の試合は…」のコーナーで、くしくもこのように書きました。「早い段階で2番手投手が出てくる可能性もあることも考慮に入れながら、戦うことがポイントになるでしょう」と。今日のカープ打線は中日先発・伊藤投手に対し、2回にキラ選手の2ランとカープ先発・戸田投手自らのタイムリーで3点を先制すると、3回には会沢選手のタイムリー。4点のリードを奪いましたが、その後、2番手・岡田投手に完全に勢いを止められ、そのまま次々と投球してくる投手の前に、打線は成す術がなかったという感じでした

ただ、序盤で4点のリードをくれたわけですから、戸田投手もそれを意気に感じで投げてほしかったところ。しかし、4回表、先頭の和田選手にいきなりレフトスタンドに一発を打たれてからは、動揺が走ったのでしょう。森野選手にはすっぽ抜けの球を背中に当ててしまい、松井佑選手には甘く入った球を左中間に打たれ、高橋周選手には四球。無死満塁から、儀勢フライにタイムリーとあれよあれよと同点に追いつかれてしまいました。

戸田投手がプロ初勝利を決めた7月16日の横浜DeNA戦でも、4点のリードをもらいながら、5回に4点を失うという同じような光景がありました。抑えているときはいいのですが、何かの拍子に一気に崩れてしまう…ビッグイニングを作りやすい傾向は、今後の課題となるのでしょう

正直、4回に4点を失ったとき、次の4回裏の攻撃が戸田投手からだったことで、交代になるものと思っていました。しかし、そのまま5回のマウンドへ。ゲッツーで2死を奪いながらも、森野選手には前回の打席で死球を当てたことで動揺したのか四球…。ここで交代となったわけです。

ここで2番手・中崎投手への交代は良いとしても、イニングまたぎで6回まで登板させるのは果たして良かったのでしょうか。中崎投手のようなロングリリーバーの役割を担う中継ぎでは「イニングまたぎ」の起用は当たり前のようにあるでしょうが、5回から6回へのイニングまたぎは他のイニングに比べて、スパンが長く、特別なものであるでしょう。それだけに、5回2死から交代して、6回も引き続き…この起用法には正直疑問符がつきます。結果として、この回に中崎投手はこの回に2点を失ってしまいました。


結果的に、若手のまだまだ実績の乏しい先発投手同士の対決は、やはり2番手投手をどのタイミングで起用するか…そこで差が出たように感じます。いずれにせよ、4点のリードがありながらの敗戦…。こういった試合を後半戦の、これから1つの試合の重みがどんどん増していく中でやってしまうと、後悔の元になってしまうだけに、今日の失敗を糧に、同じ失敗をしないよう、明日からの東京ドームでの首位との対戦…心して挑んでほしいと思います

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
41位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
13位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる