FC2ブログ

1つのきっかけを完全復活へのスタートに…

◎1つのきっかけを完全復活へのスタートに…

2010年のドラフト会議は、齊藤祐樹投手、大石達也投手、そして福井優也投手と3人の早稲田大の投手が一躍注目を集めました。カープはドラフト1位で大石投手を指名しましたが、6球団抽選の末に交渉権を獲得できず、再度1位で指名したのが福井優也投手でした。

この早大トリオ…入団前は非常に注目された存在でしたが、プロの世界では完全に壁にぶつかっています。大石投手にいたっては、西武球団から打者への転向も打診されたほどでした。そんな中、カープの福井投手は今季、2年ぶりに勝利投手にも輝くなど、4勝を挙げました。辛く長いトンネルをようやく脱しつつあります

これまでの4年間の福井投手の成績を今一度振り返ってみましょう。


【2011年】 27試合8勝10敗 146.1投球回 76四死球 120奪三振 防御率4.12
【2012年】 17試合2勝3敗 58.2投球回 38四死球 53奪三振 防御率4.30
【2013年】 12試合0勝2敗 19.2投球回 12四死球 14奪三振 防御率8.69
【2014年】 11試合4勝5敗 60投球回 38四死球 36奪三振 防御率4.35


ルーキーイヤーはシーズン通して先発ローテーションを守り抜きました。その結果、規定投球回を超え、8勝をマークしました。しかし、その内容を見ると、その年最下位だった横浜から5勝を挙げているものの、その他の球団からは合計でもわずか3勝。特定球団にしか勝てない内容に、2年目以降の不安を感じさせました。

その不安は的中し、2年目はわずか2勝に終わりました。3年目は首脳陣の起用方針が先発から中継ぎにシフトします。福井投手の持ち味であるストレートの球威…それを活かすべく、中継ぎへの転向を目指しましたが、結果的には完全に頓挫した格好で、プロ3年目にして勝ち星もなく最低の数字に終わりました。


今季の福井投手…5月7日に今季初の1軍登板のチャンスが回ってきました。しかし、結果はコントロールを乱し、甘く入ったところを痛打されてしまう。1球ボール球を出せば、ベンチにいる監督の表情ばかりが気になって、まるで相手打者と勝負できていない…結果は5回を投げて被安打9、自責点6の負け投手。「今年もダメか…」そんな残念でならない投球内容に終わりました

もうチャンスはないかも…と思われた中、あれから2ヵ月半後、7月27日のマツダスタジアムでの阪神戦でもう1度チャンスが巡ってきました。もうこれを逃すと、監督が替わらない限りはチャンスがないだろう…そう思いました。

初回、いきなり先頭の上本選手に2塁打を打たれ、さらには犠打、そして鳥谷選手に3塁打を浴び、あっさりと1失点。さらにゴメス選手に死球で1・3塁。もはや「もうダメか…」と思われた矢先でした。続くマートン選手を初球、セカンドのゲッツーに打ち取り、このピンチを1失点で切り抜けたのです

福井投手はこのマートン選手をゲッツーに抑えたこの1球が、復活への扉にてをかけるきっかけとなったように感じます。それからはランナーを出しながらも粘りの投球。1点をやらなければいい…それくらいの強い気持ちで投げ込み、初回の投球がウソのように、そして打線の援護もあって、9回まで投げぬき、3年ぶりの完投勝利を飾ったのです。

福井投手はここから3連勝。しかも相手は阪神から2勝、巨人から1勝…今年、カープが上位を争ったチームから3連勝をもぎ取ったのです。しかも、ルーキーイヤーでは歯が立たなかったチームを相手に、次から次へと勝ち星をもぎ取る姿に、当時とは違うたくましさを感じました。それは長く続いた辛い日々があったからこその頼もしさであったようにも思いました。


復活への扉に手をかけた福井投手。しかし、彼にとってはシーズン通して1軍で投げてこそ、復活といえるでしょう。そして、来季に関しては、先発候補の一角ではあるものの、まだ自分の手にあるものではなく、これから自分でつかみにいかなくてはなりません。

ただ、福井投手にとっては監督が交代したというのは追い風であるようにも思います。とにかく相手に強気の勝負を挑んでいく従来の福井投手らしさが出せるような環境になれば、もっと本来の力を発揮してくれることでしょう。150キロの直球を投げ込める先発投手…これは希少な存在です。持っている力は素晴らしいものがあるだけに、今季の2年ぶりの勝利を糧にして、来季は完全復活を遂げてほしい…そうなれば、カープはより悲願のVに近づけるはずですから


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる