★寸評★やっぱりね…の0-1負け

★寸評★やっぱりね…の0-1負け

昨日はあれほど打ったのに、「あれは夢だったの?」と思うほどに打線が沈黙。打線は水物なんてよく言いますが、今のカープ打線はあまりにもその波が激しすぎる…一瞬大きな波が来るのに、その後は長きに渡ってシーンと静まり返るわけで。そういえば、25日の阪神戦で11点を奪った日から2試合連続で完封負け、昨日は9点を奪ったものの、やっぱり1日過ぎればまた完封負け。波に乗ってほしいときに乗れず、不安な予感だけはしっかり的中させてくれますね…


カープ先発・野村投手。中21日とかなり大きな間隔が開き、しかもその間2度、2軍のマウンドに上がったものの、ピリッとしなかっただけに、今日の投球は不安もあったでしょう。しかし、今日の野村投手は非常に気迫も感じましたし、低目へのコントロールも素晴らしかったと思います。ルーキーイヤーを思わせるような投球を見せてくれました

ただ、今のカープ打線は、そんな投手の頑張りを見殺しにするばかり…。正直、ここまで先発投手陣が試合を作ってくれているわけですから、打線がしっかり援護していれば、今頃、首位独走中だと思います。なのに、これだけ勝てていないわけですから…。


打線は1番に田中選手が座ったことで、1つの攻撃の形は見えてきたように思います。例えば、6回裏。石原選手から始まる下位打線で、あっさり2死を奪われましたが、1番に戻って田中選手は三振には終わりましたが、11球粘るという粘りを見せました

また、9回裏。先頭の代打・天谷選手がヒットで出塁し、1死後、打席に立った田中選手。タイミングが合わないと感じると、タイムをかけて、相手のペースにはまらないような努力も垣間見えました。相手のリズムを崩したからこそ、その直後のボークを呼んだのだと思います。こういったちょっとした動きでも、1番打者としての十分な仕事を果たしているように感じました

それにしても、1点でも入れば、気が楽になるのか、打線がつながるようになる。リードが広がれば、より気分的に楽になるのでしょう。しかし、接戦を勝っていかなければ、上位進出は望めません。それどころか、最下位脱出もままならないでしょう。良いときは良いのは当たり前。悪いときにどう勝つか、どう1点をもぎ取るか…そこなのだと思います。いよいよセリーグでも取り残されつつあるカープ。最悪の4月と別れを告げ、5月から気分一新、巻き返してもらわないといけません


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
51位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
15位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる