FC2ブログ

カープ10大ニュース2015(最終回)

◎カープ10大ニュース2015(最終回)

年末恒例企画「カープ10大ニュース」。今年のカープを振り返って、インパクトのある話題を10個、私KUNIが独断で選んでみました。今日はいよいよ最終回。9個目と10個目、ラスト2ついってみましょう。

(9)マエケン、大リーグ挑戦へ

2013年のオフ、契約交渉の席でエース・マエケンは初めて、球団に大リーグに挑戦したいという自身の意向を伝えました。しかし、そのとき球団は、いきなりポスティングシステムを利用しての大リーグ移籍を拒否しました。チームとして悲願の優勝、そしてマエケンがエースとしての活躍をして、ファンから後押しされる形で送り出したい…その意向から、確かにその年、16年ぶりのAクラスに輝き、初のCSにも進出しましたが、機はまだ熟していないという判断でした。

昨季オフ、チームは2年連続のCS進出。しかし、最終戦で地元CS開催の権利を逃し、その試合の先発はマエケン。昨季のマエケンは11勝を挙げたものの、シーズン終盤の勝負どころで、ことごとくチームに勝利をもたらすことができなかった…オフの契約更改の席で、改めて大リーグ挑戦の意向を伝えましたが、その年のチーム、そしてマエケン自身の成績を見ても、「まだそのときではない」と見送りました。

そして迎えた今季、マエケンはエースとして自身最多タイの15勝をマークし、最多勝のタイトルを獲得。さらにはゴールデングラブ賞、ベストナイン、そして沢村賞と次々とタイトルを獲得していきました。チームは3年ぶりのBクラスに転落しましたが、マエケン自身は十分に勝利に貢献しました。もっとチームとして機能していれば、十分、優勝できた可能性はあったでしょうし、そのエースに相応しい成績を残しました。

しかし、チームの成績まで求められていては、マエケン自身がエースとしての働きを十分にしたのに、それこそ海外FA権を取得するまで大リーグに挑戦できない…しかも、ファンの中にでも「大リーグで投げているマエケンを見てみたい」、「もう挑戦させてあげたらどうか」という声も多かったようです。その点では最も重要な「ファンの後押し」も十分にありました。球団側も、当然、順調にいけば来年国内FA権、再来年には海外FA権取得となることを念頭に置き、またあらゆる面で機は熟したと考え、ポスティングシステムを利用しての大リーグ挑戦を認めました

ポスティングシステムを利用することが、すなわち大リーグ移籍ということにはなりません。契約ごとですから、当然、まとまらずに来季もカープでプレーという可能性も少なからずはあります。決まるかどうかは分かりませんが、マエケンが夢への大きな一歩を踏み出しました。メジャーで投げるマエケンの姿…ファンとしては見てみたいと思いますし、いずれは遠い未来でも、黒田投手のようにまた戻ってきてほしいと願うばかりです


(10)主催試合観客動員、初の200万人突破

そして、今年のカープ10大ニュースの最後は、やはりこの話題になるでしょう。空前のカープ人気で、「カープ女子」という言葉も、今やすっかり定着しました。どこの球場へ行っても、スタンドの半分は赤く染まり、当然ながらマツダスタジアムは、一昔前のように空席ばかりが目立つということはなく、ぎっしり埋まるようになりました。

そして今年、ついにカープの主催試合の観客動員数が200万人の大台を突破しました。マツダスタジアムが開場した2009年に187万3046人という球団記録を作り、その後は右肩下がりとなりましたが、昨季はその記録を上回る190万4781人を記録。そして今年、昨季よりも主催試合は1試合少なかったにも関わらず、200万人を大幅に超える、211万266人。1試合平均にすれば、何と29722人と、3万人に迫る数字となったのです。

今季の優勝への期待度は非常に高いものがありました。黒田投手の復帰…まさにこれが最も大きな要因だったでしょう。しかも、新井選手も復帰し、優勝へ向けての戦力は十分に整い、24年ぶりの優勝がついに現実になるのではと期待が膨らみました。しかも、シーズン途中にはセリーグは全球団が借金生活という異常事態もあり、混戦だからこそチャンスがある年でもありました。

でも、チームは特に打線が何だかそんな周囲の期待に押しつぶされるかのように低迷。投手陣は奮闘しても、打線が時々しか応えてくれないという状況が続きました。開幕直後に7連敗を喫したことで、そこから再び貯金生活を取り戻すことはできず、セリーグ6球団の中で唯一、一度も単独首位に立つことなく、シーズンを終えることになりました。

観客動員数は飛躍的に増えたのに、チームの成績はそれとは反比例するかのように下降。しかも、シーズンオフも結局、首脳陣は新井打撃コーチが退団したのみで、トップは何も変わらず、しかも地元最終戦では何も語らず…。これだけの観客が集まった今季のマツダスタジアム。ファンは誰もが優勝を願っていますし、黒田投手や新井選手が再びカープに戻ってきてくれたのも、カープで優勝したい、そしてファンと一緒に25年間溜め込んできた憂うつを一気に晴らし、喜びを分かち合いたい…そう思っているからでしょう。

球団も今季の観客動員数200万人突破で、戦力を整える資金は十分にあるはずです。来季、そして将来的に「常勝軍団」になるための戦力をしっかり整えて、来季以降へ手応えのあるものにする義務があります。あらゆる方面で選手が大きく育ち、一流選手がたくさん生まれ、そしてチームが強くなっていくような環境を作ってもらわなくてはなりません。残ってくれた選手、応援しているファン…その期待に球団も全力で応え、一丸となって悲願実現を果たしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる