FC2ブログ

KUNIの「雑感」(第146回)

◎KUNIの「雑感」(第146回)

昨日、横浜スタジアムでは三浦大輔投手の現役最後の登板がありました。引退試合であるにもかかわらず、先発として長きに渡ってチームを支えた「ハマの番長」が、7回途中まで12安打打たれて10点を奪われても、必死で投げました。

この時期になると、「引退」という文字が目立ちます。カープでは先日の日曜日、倉選手と広瀬選手の引退試合が行われる予定でしたが、雨でノーゲームとなりました。しかし、倉選手は黒田投手とバッテリーを組み、最後は雨でしかれたビニールシートの上にヘッドスライディング。引退試合とは思えないような、記憶に残るものとなりました。広瀬選手の引退試合は明日、行われます。

そしてもう1人…そう昨季オフに自由契約を申し入れ、東北楽天の入団テストの合格し、移籍した栗原選手。本来、山形出身の栗原選手にとって、東北楽天はまさに地元の球団。地元でもう一花咲かせてほしいと思っていたのですが、残念ながら、1度も1軍に上がることが出来ないまま、今季限りでユニフォームを脱ぐことを決めたそうです

今季、2軍では47試合に出場しました。4本塁打を放ったものの、打率は.188。かつての輝きを取り戻すことが出来ないままでした。しかし、野球に対する姿勢、練習熱心なところは相変わらずだったようで、まさに「練習の虫」でした。その姿勢は、若手にとっては「生きた教材」となったのでしょう。楽天側は、そのまま来季は2軍の打撃コーチとして迎え入れる方向性であるようです。

栗原選手もまた、カープの暗黒時代を支えた選手の1人でした。特に、黒田投手も新井選手も抜けた2008年は、カープの4番打者として、打率.332、103打点という自己ベストの成績を残しました。そのときからの奮闘が、栗原選手の野球生命を決めた「右ひじ痛」の原因ともなってしまいました。それほどまでに栗原選手は沈もうとするチームを必死でしたから支えてくれました

まだ34歳。こんなに早く引退することになるとは、その当時は思いませんでした。「コング」の相性で親しまれた栗原選手。結局、1軍で活躍する姿を見ることが出来なかったのはとても残念ですが、暗黒時代を必死に支えてくれた選手だけに、ありがとう…そしてお疲れ様でした。もしコーチ就任となれば、また新たな野球人生、充実したものになることを願うばかりです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる