☆6/30寸評☆エルが逆転弾!終盤はダメ押しで逆転勝利

☆6/30寸評☆エルが逆転弾!終盤はダメ押しで逆転勝利

ナゴヤドームで2位・阪神を相手に2試合連続完封勝利を収めるなど、3タテに成功した中日。交流戦を5割で戦い、交流戦明けも順調なスタートを切っただけに、今、非常に調子を上げているチーム。カープとしては要警戒の相手でした。そして、今日の試合のスタートは相手の勢いを感じさせるものでした。


立ち上がりのジョンソン投手。京田選手のセカンドへの当たりは菊池選手が突っ込むも、1塁への送球がそれてしまい、内野安打となってしまいます。その後、1死3塁から、大島選手のセカンドゴロの間に1点を奪われてしまいました。けして芯を捕らえられているという当たりではなく、押さえているのですが、その打球がアンラッキーだった…それも中日の流れなのでしょう。2回には京田選手のタイムリーを浴び、2点のビハインドとなりました。

好調の中日、そして、目下セリーグの防御率トップのバルデス投手の前に、さすにホームであっても苦しい展開になってしまった…という感じでした。しかし2回裏、その曇りががった空を一気に晴らしてくれたのがエルドレッド選手の一発でした。鈴木選手の死球、その後、松山選手のセカンド強襲の当たりを荒木選手がはじいて、1・2塁のチャンスを作ると、打席にはエルドレッド選手。フルカウントの勝負となりました。7球目、真ん中から外寄りの変化球でした。迷わず振りぬいた打球はレフトスタンドに到達する、まるで絵に描いたような逆転3ラン!この一発が、チームに一気に力をみなぎらせてくれました。

その後、ジョンソン投手は緩急をつけたピッチングで、4回に松井佑選手に左中間に一発を浴びますが、それでも逆転を許すことなく、6回3失点と試合を作るピッチングを見せました。試合を作る投球…これこそがジョンソン投手の持ち味そのものです。先発としての最低限の仕事を果たしました。とりわけ序盤は変化球に頼りがちに見えた投球も、5回、6回とストレートにも球威が出てきたように感じました

打線は6回裏、丸選手がライトへの3塁打を放ち、続く鈴木選手が内角の厳しい球を上手くレフト前に運ぶタイムリー。これで勝ち越し点を奪うと、7回には1死からバティスタ選手のレフトポール際のフェンス直撃の2塁打でチャンスを作ると、田中選手が死球の後、菊池選手が三遊間を破るタイムリー、さらに丸選手は高いバウンドとなった内野の当たりを後ろにそらし、ライトへのタイムリーヒットとなり、仕上げは松山選手が見事な流し打ちの2点タイyリーで突き放し、勝負を決めました


2回表が終わったときは、完全に劣勢でした。相手の勢いを感じる展開でした。しかし、強い横綱は相手にまずいい相撲をさせて、そこから一気に巻き返すそうです。まさにそのような展開でした。相手のちょっとしたミスを見逃さず、一気に劣勢を跳ね返すエルドレッド選手の逆転弾。それは確かに「紙一重」かもしれません。その一発が出なかったら…と思うと、今日の流れは大きく変わっていたでしょう。でも、そこで一発が出るのも、カープの強さなのでしょう

交流戦明けからオールスターまで、スケジュール的にホームでの試合が増える時期です。これはカープにとっては大きなチャンスです。相手が好調だろうが何だろうが、このチャンスをモノにしなくてはなりません。でも、ホームなら、自然とその力がわき、自分たちの力を存分に発揮できます。大声援が背中を押してくれます。さあ、中日には名古屋で3タテを食らっただけに、ここはホームで取り返しましょう。その最初の一手、初戦を奪いました。この勢いで!


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
57位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
17位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる