セリーグ順位表(7/30終了時点)

◎セリーグ順位表(7/30終了時点)

1位:広島 95試合60勝33敗2分 勝率.645 勝差 -
2位:阪神 91試合49勝42敗0分 勝率.538 勝差 10.0
3位:横浜DeNA 93試合47勝43敗3分 勝率.522 勝差 1.5
4位:巨人 93試合44勝48敗1分 勝率.478 勝差 4.0
5位:中日 96試合40勝53敗3分 勝率.430 勝差 4.5
6位:東京ヤクルト 94試合33勝59敗2分 勝率.359 勝差 6.5

首位をいくカープは後半戦に入って4カード連続で勝ち越し。2位・阪神とのゲーム差は10に広げ、今シーズンのセリーグで60勝一番乗りとなりました。2位・阪神ですら、まだ50勝に到達していません。投打ともに充実しており、盤石の状態でしっかりと首位固めをしています。

ただ、カープとしてはこれからも手を緩めることなく、明日から始まる8月の厳しい暑さとハードスケジュールでの戦いの中で、守り勝つ野球でひたすら前進あるのみです。カープにとってはリーグ連覇も大きな目標の一つですが、さらにその先にある昨年達成できなかった日本一という最大の目標を達成しなければならないのですから。

今シーズンカープが9点差を逆転された試合もありました。最終回に5点差をひっくり返した試合がありました。7月26日の東京ヤクルトと中日の試合では、ヤクルトが10点のビハインドをひっくり返したという試合もありました。ちょっとした変化で試合の流れは大きく変わる…今シーズンのカープはそんな怖さも体感しました。だからこそ、たとえ10ゲームという差が開いていても、どんどん前進してほしいと思います

2位以降見ると、残りの試合数を考えてもCS争いは4位・巨人までが現実的なラインでしょう。巨人は横浜DeNAとの直接対決で連勝し、先週と比べると2ゲームの差を詰めました。ただしCSに進出するためには多少例外はありましたが、貯金があること、これは1つの条件となってくるでしょう。現時点で貯金があるチームがCS進出に有利なのは間違いありませんし、連覇を目指すカープにとっても、阪神、横浜DeNAは勝っていかなければならない手強いライバルとなるでしょう


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固く禁じます。
スポンサーサイト

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる