FC2ブログ

☆KUNI’s EYE(8/31・vsG)☆4点ビハインドを打って守ってはね返す!敵地で価値ある1勝&M17

平成30年7月豪雨 避難と生活情報(Yahoo!)はこちら

☆KUNI’s EYE(8/31・vsG)☆4点ビハインドを打って守ってはね返す!敵地で価値ある1勝&M17

7回表、せっかく同点に追いついたのに、その直後に青木選手に3ランを浴び、さらに一度は塁上がリセットされたのに、立て続けにヒットや四球で1点を追加され、4点のビハインドに…。残り2イニングしかない状況で、しかも敵地が舞台。それでもひっくり返す、誰1人諦めずに「つなぐ」精神を持ち続ける。その先に待っていたのは、カープにとっては大きな大きな、敵地での、しかも2位を相手にしての逆転勝利でした。

逆転へのノロシを上げたのはバティスタ選手の一発でした。4点のリードを奪われた直後の8回表、球数が100球に迫り、徐々に疲れが見えてきた東京ヤクルト先発・ブキャナン投手から、西川選手がセンターへヒットをはじき返すと、続く代打・バティスタ選手が内角球をうまくはらい、レフトスタンドに運ぶ2ラン!無死からヒットとホームランで2点差に出来た…終盤の反撃としては理想的な形となりました。

8回表は無死ランナーなし…つまり、8回表が始まった状況と同じ状態から始まります。でも、スコアボードには「2」の文字。1死から菊池選手がセンターへヒットを放つと、丸選手のファーストへの打球を武内選手がこぼし、ファウルと勘違いしたのか、緩慢な処理している間に、1塁を駆け抜けました。鈴木選手が四球の後、松山選手が詰まりながらもレフト前に運びました。4点を奪われた直後に3点を返したことで、一気に希望の芽が広がりました

9回表。先頭の西川選手は相手の守護神・石山投手の前にあっさり2ストライクと追い込まれながら、最後はレフト前にはじき返す巧みなヒット。続くバティスタ選手が三振する間に2塁へ。相手の悪送球の間に3塁まで進むと、野間選手のレフトへフライで、ホームへ生還しました。相手の監督のリクエストによりリプレー検証が行われましたが、判定は覆らず、西川選手の本塁をつく手が間一髪早くセーフに!これで土壇場で同点に追いつきました。

そして延長10回表。先頭の丸選手。マウンド上には梅野投手。1ストライク後の2球目、高めのストレートでした。放った打球はぐんぐん伸びて、右中間スタンドに!!!!この試合、初めてであり、待望の勝ち越し点をついに奪いました。値千金の一発、さすが丸選手!!


この丸選手の一発が勝利打点となったカープ。ただ、ここにたどり着くまでに、忘れてはいけないのが、前夜も再三にわたって、守備でカープを救ってきた菊池選手、そして延長10回の勝ち越し打が目立ちますが、9回に見せた丸選手のプレーに代表されるように「守り」にありました。

もう、中継ぎ陣はアップアップの状態でした。8回裏に2番手としてマウンドに上がった今村投手は1死1・2塁のピンチを作り、青木選手を迎えます。打球はセンターへ抜けようかという当たりでしたが、菊池選手がスライディングキャッチし、体勢も整わないまま、宙に浮いた状態でファーストに送球し、間一髪アウト!リクエストでも覆らない完璧なプレーを見せてくれました。もし、これがセーフなら、1死満塁ですから。決定的な1点を奪われていたかもしれません。

9回裏。マウンド上には中崎投手が上がりましたが、1死1塁から、広岡選手の左中間への当たりを打たれました。この左中間へ抜けて行く当たりを、丸選手がスライディングキャッチし、すかさず内野へ素早い送球。これが並みの外野手であれば、確実に1塁走者は本塁へ帰り、サヨナラになっていたでしょう。丸選手の果敢でかつ、俊敏な守備で、1塁走者の本塁への突入を躊躇させた…これは、結果的にこの回をゼロで切り抜けた大きな要因だったと思います。

そして10回裏。マウンドにはフランスア投手…かと思いきや、ジャクソン投手が上がりました。さすがにフランスア投手4連投は…と思ったのかもしれません。その先頭打者もまたしても青木選手でしたが、外野へ抜けそうな当たりを、またしても菊池選手がスライディングキャッチし、ファーストへ正確な送球。完璧でかつ、ここが菊池選手でなかったら…と思うと、ぞっとするほど、素晴らしいプレーでした。


打線の素晴らしい粘りに、昨夜同様に「守り勝つ」野球を見せてくれました。今夜こそ、「守り」で再三のサヨナラの危機を逃れたように思います。この「守り」があったからこそ、この接戦を制することが出来ました。最高の勝利を手にしました。

これでカープはマジック対象チームとの直接対決を制して、一気に2つ減らして「17」としました。そのマジックよりもむしろ、一気に波に乗っている相手に競り勝ったことが大きい。しかも、この3連戦は、3戦目が毎度のように先発の谷間。だからこそ、2戦目までに1つ勝たなければなりません。その初戦を奪ったこと、しかも、相手の勝利の方程式を投入させての勝利…価値ある1勝を手に、明日につないでいきましょう。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる