FC2ブログ

【連載】キャリア・ハイ(2)~九里亜蓮投手編~

【連載】キャリア・ハイ(2)~九里亜蓮投手編~

今年、何らかの項目で過去最高の成績を収めた、いわゆるキャリア・ハイを達成した選手に注目する連載「キャリア・ハイ」。昨年もお届けしたシーズンオフ企画。昨年に続いて、今年もこの企画をスタートさせました。第2回は九里亜蓮投手に注目してみたいと思います。


では早速、今年の九里投手の主な投手成績を振り返ってみましょう。なお、赤字で示しているのは、今年、九里投手自身の「キャリア・ハイ」となった成績です。

24試合8勝4敗 防御率4.26
勝率:.667(過去最高は2017年の.643)
先発登板数:19(過去最高は2014年の16試合)
イニング数:120.1(過去最高は2017年の116.1イニング)
四死球:42
被安打:129
奪三振:86
自責点:57

九里投手といえば、昨季までの起用法としては、主にロングリリーフが中心ですが、先発のコマが不足したとき、先発ローテーションの谷間になったときに先発に回る、つまり、基本線は中継ぎですが、困ったときに先発をするという感じでした。困ったときに、どんな場面でも穴を埋めてくれるため、起用する側からすれば、非常に「便利」な存在といえるでしょう。

そんな九里投手は今季、先発として19試合に登板しました。これは2014年にカープに入団し、5年目にしてキャリア・ハイの数字となっています。1シーズンの登板数に対する先発での起用割合は、ルーキーイヤーほどではなかったものの、9勝を挙げた昨季を上回りました。

今季のカープは、先発として計算できる投手が大瀬良投手とジョンソン投手の2人のみ。3番手以降の投手は故障や不振などで離脱することもあり、やりくりに四苦八苦しました。だからこそ、昨季までのイメージでは「基本線は中継ぎだけど、困ったときの先発」という起用だった九里投手の先発機会が一気に増したのでしょう。そこには、九里投手を中継ぎに回せないほどに、先発投手陣の台所事情が厳しかったということができます。

投手をするなら先発で…という強いこだわりを持つ九里投手にとっては、今年は「中継ぎも先発もできる便利な存在」から脱却し、「先発」として起用法を一本化できるチャンスの年だったと思います。起用が先発中心だったからこそ、シーズンでのイニング数はキャリア・ハイでしたし、さらには被安打や自責点も「逆キャリア・ハイ」となりました。先発を中心に投げることができたからこそ、九里投手にとっては最も充実した1年だったかもしれません。

とりわけ、九里投手はカープがセリーグ3連覇を決めた9月25日の東京ヤクルト戦で先発し、8回無失点の好投で勝利投手となりました。さらにCSファイナルステージでも、巨人を相手に好投し、日本シリーズ進出に貢献しました。大舞台で先発として好投することができたことは、「先発」としての九里投手を大きくアピールできたかもしれません。

ただその一方で、序盤で大きく崩れる試合もあるなど、「勝ちを計算できる」という存在にまでは上り詰めることはできませんでした。そうなると、来季に関しては、起用法は白紙に戻り、もう1度、先発の座を自らつかみにいく必要があります。先発投手が充実してくれば、首脳陣の中にある「ロングリリーフもできる」というイメージが、中継ぎに回る要素につながってしまうかもしれません。九里投手としては、そこは絶対に避けたいところでしょう。

ひとまず、先発としてある程度の結果を残した九里投手。ただ、「先発」としてのイメージを完全に定着するところまでには至らなかったように思います。「先発」にこだわるのであれば、とにかく「先発」としての安定感をさらに高めること…特に、今年は大きな節目で好投できたことを自信にして、日本シリーズで先発した経験も基にして、さらに一歩高みを目指し、九里投手本来の攻めのピッチングをさらに洗練したものにしてほしいと思います。先発3番手以降は白紙状態でしょうから、今年の実績を来季につなげて、より安定感を高めて、そこに入り込んでほしいところです。



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。


テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる