FC2ブログ

☆KUNI’s EYE(3/31vsG)☆最終回に「守り勝てず」…エラー連発で勝ち越し点許す

☆KUNI’s EYE(3/31vsG)☆
最終回に「守り勝てず」…エラー連発で勝ち越し点許す


カープの野球は「守り勝つ」こと。守備をしっかり固めて、相手に余計な得点を与えず、僅差の試合を多くモノにしていく…これが原点にあります。ただ、今日に関しては最終回に相次いで、その守りでほころびが生まれ、そこを相手に突かれてしまう、自分たちの野球を相手にやられてしまったという感じでした。


ゲッツーの間に1点を奪い、8回裏に同点に追いつきました。ホームでの試合だけに、これでカープのペースに持ち込める状況ではありました。マウンド上には守護神・中崎投手を送り、万全な状態で9回裏を迎えよう…地の利を活かした野球は、ここまで順調にストーリーを描いていました。

しかし9回表、先頭のビヤヌエバ選手のサードゴロを、安部選手がお手玉。ボールが手につかず、ランナーを許してしまいました。続く小林選手はバント。その打球は捕手・會澤選手の真正面に転がり、勢いよくセカンドへ送球。タイミング的にはゲッツーも十分に取れる局面でしたが、その送球はセカンドの頭上へと大きくそれてしまい、1・2塁に…。

続く亀井選手に対しては、中崎投手の素晴らしいフィールディングでサードランナーを刺しましたが、吉川尚選手の打球は前進守備のレフト・長野選手の後方に飛びました。長野選手は打球を懸命に追いかけ、最後はダイブを試みましたが、グラブの先に打球は転がっていきました。

中崎投手はバンバン三振を奪うタイプではなく、打たせてとるタイプ。だからこそ、やはりしっかり守りを固めて、余計な失点を許さない姿勢は重要でした。とりわけ僅差での試合は、こうした守りのミスが致命傷となるケースも多く、今日はまさにその典型的な試合だったといえるでしょう。

相手にとって苦手意識のあるマツダスタジアムでの開幕カードで、カープは負け越し。しかも、今日は守りが崩れての敗戦。「最初が肝心」であるだけに、今日のような試合をしていると、巨人に「今年はカープと戦える」と思わせてしまったのではないでしょうか。それは長いシーズンを考えても、負け方としては非常に良くないものでした。ミスは出るものですが、こういった試合をいかに少なくしていくか…もう一度、気を引き締めなおして、火曜日から臨んでほしいものです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
ぜひ、↓のボタンをクリックお願いします。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる