FC2ブログ

#34・高橋昂也投手~床田投手の後を追って…焦らず復活を目指せ~

◎#34・高橋昂也投手~床田投手の後を追って…焦らず復活を目指せ~

埼玉・花咲徳栄高からカープに入団し、プロ2年目にして、1軍に初昇格を果たし、プロ3度目の先発機会となった6月28日の巨人戦で6回2失点の好投で、プロ初勝利をマークした高橋昂投手。ストレートに力があり、さらなる期待が高まりましたが、昨年から左肘に違和感を覚えていたようです。

まずは、参考までに高橋昂投手の昨年の1軍での成績を振り返っておきます。

☆1軍(2018年)
6試合 1勝2敗0S(すべて先発)
イニング:21
被安打:30
奪三振:17
四死球:16
自責点:22
防御率:9.43


左肘に違和感を抱えながら、結果的に投げるたびに気になるならば、手術をした方が良い…トレーナーの勧めもあって、今年の2月14日、手術に踏み切りました。「左肘関節内側側副靱帯再建術と尺骨神経剥離術」、いわゆるトミー・ジョン手術です。

一昨年、床田投手が経験したこの手術。実際にマウンドで投げられるようになるまでには1年以上はかかるとされています。床田投手自身もリハビリの最中は良くなったり悪くなったりと、絶望感にもさいなまれながら、非常に厳しい時間を過ごしたようです。ただ、高橋昂投手にとってはトミー・ジョン手術の先輩がいたことは何より心強かったのではないでしょうか

リハビリを経て、その後は徹底的な下半身を鍛えるメニュー。投げられない分、下半身を強化することしか出来ない…しかし、ピッチャーにとっての屋台骨である下半身を強化できる時間は、本人には非常に苦しい時間だったようですが、復帰後を考えると、きっと今後の力になることでしょう。

7月からは徐々に硬球を使ってのキャッチボールを行うようになりました。球数を少しずつ増やし、さらに徐々に距離を広げながら、山なりなボールから徐々に強度も出しながら、感覚を取り戻していきました。ついに、10月中旬にはブルペンにも入るようになり、今では2段モーションでのフォームに取り組んでいるようで、来季に向けて順調に復活への道を歩んでいます

同じくトミー・ジョン手術を受け、今季復活を遂げ7勝をマークした床田投手は入団当初は細身でした。しかし、手術、リハビリを経て、下半身も含め、全体的に大きくなった印象でした。大学時代は最速148キロだったストレートも150キロに達しました。苦労に苦労を重ねたことで「怪我の功名」を勝ち得たように思います。

高橋昂投手にとっては床田投手は道しるべのような存在。高校時代は最速152キロのストレートを投げこんでいました。下半身を鍛え上げ、来季に向けてどんな復活ロードを歩むのか…焦らずに、まずは2軍で投げられるという感覚を掴みながら、一歩ずつ前に進んでほしいですね

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる