FC2ブログ

#69・羽月隆太郎選手~2軍で打率3割!来季へ力強さを身につける~

◎#69・羽月隆太郎選手~2軍で打率3割!来季へ力強さを身につける~

振り返ってみると、現在チームの主砲となった鈴木選手の1年目は、2軍で打率.281でした。それでも、高卒のルーキーとしては非常に高い打率でした。今年のドラ1・小園選手も2軍では打率.210という内容でした。金属バットから木製バットへ、高校生からいきなりプロの投手の球…変化が大きい中で、多くの選手が戸惑い、たとえ2軍であっても打率を残すというのは非常に難しいことです。

その中で、なんと1年目から、2軍で打率3割を残した選手…それが今年のドラフト7位ルーキー・羽月隆太郎選手です。今年の通常ドラフトでは最も下位での指名であり、身長も167cmと非常に小柄。しかし、内角も上手くさばく堅実なバッティングと深い位置からでも見事な遠投でアウトにしとめる強肩、さらに50m5秒7の俊足。小柄ながら、多くの魅力が凝縮された選手です。

そんな羽月選手の今季ウエスタンリーグでの打撃成績を振り返ってみると…。

☆ウエスタンリーグ
試合:89
打数:217
安打:65
打点:9
三振:27
四死球:8
盗塁:23
失策:9
打率:.300
出塁率:.322


正確に言えば、打率は.2995ではありますが、四捨五入してジャスト3割。これは見事の一言ではありますが、開幕後からシーズン中盤にかけては、スタメン起用されたりされなかったりと、チャンスがあるようでないような、そんな日々でした。8月を終わって打率は.243と、高卒ルーキーとしてはまずまずの数字ではありました。

しかし、9月に入り、一気に打撃絶好調に。9月8日の阪神戦、続く10日の中日戦と2試合連続で1試合4安打。9月に入り2軍でも上位打線のレギュラーを掴み取り、猛打賞は4度、マルチヒットは11度マークし、9月の月間打率は脅威の.411。打率3割を意識しすぎたのか、最後の2試合は9打数ノーヒットと急ブレーキがかかりましたが、一時は打率.313まで伸ばしたほど。盗塁もシーズンで23個決め、これはウエスタンリーグでは2位となっています。

続いて、フェニックスリーグでの成績も見てみると…

☆フェニックスリーグ
試合:16
打数:62
安打:20
打点:3
三振:7
四死球:4
盗塁:9
打率:.322
出塁率:.363


となっています。フェニックスリーグでも持ち味のバッティングで打率3割を超え、盗塁も9つ決めました。守備はセカンドにショートに、サードにと、打順は主に1番、もしくは2番での起用が中心でした。

羽月選手の打撃は、ウエスタンリーグでもそうですが、三振の数が非常に少ないのが特徴です。そこにはコツコツと当てにいくバッティングで、俊足を活かした内野安打も多かったのも要因でしょう。ただ、一二塁間を鋭く破ったり、センターへきれいにはじき返したりと、広角に打ち分ける技術も感じられました。

シーズン中は三遊間へのゴロを打つことを強く意識していたそうです。しかし、このままだと東出コーチはこのままでは1軍では通用しないとしています。相手が研究してくれば、サードとショートを前進守備にさせ、内野安打を封じる陣形を取ってくるでしょう。そうなれば、ヒットの可能性が減り、自分自身の打撃を見失う危険性もあります。

秋季キャンプではフルスイングでもしっかり捉えられるような練習をしているようです。逆方向も含めて、力強い打球をはじき返せるようになってこそ、内野安打狙いの打撃も活きてくるはずです。相手に極端な守備陣形を取らせない打撃が次なる課題でしょう。

ただ、個人的な見解ですが、安打数よりも三振数がはるかに少ない打者は1軍でも十分花開く可能性があると思っています。羽月選手は将来的に十分1軍で活躍できる、そのセンスは感じます。菊池涼選手が大リーグ移籍となれば、内野のポジション争いは激化します。それは羽月選手にも大きなチャンスです。鋭さと嫌らしさを兼ね備えた打者になるべく、1つ1つハードルをクリアして、来季は1軍でプレーする姿を見せてほしいものです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

No title

良いブログ記事をありがとうございます。
羽月選手、紅白戦では振り抜く打撃を心掛けているようですね。
紅白戦7試合で26打席立っていますが
失策出塁が2,安打数は2(左安と一安),三振数は7三振を記録しています。
逆方向に大きなフライも打てていましたが
まだまだ打撃技術の幹が見つけられてないように思います。
鈴木選手や坂倉選手のように1年目規定には乗ってないですが
打率3割と三振率.116は大きな才能を感じずにはいられませんね。
ムードメーカーなのもさることながら守備力も感心させられますし
体は小さくとも菊池選手のように
代表に呼ばれるような大きな選手になって欲しいです。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
40位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
12位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる