FC2ブログ

#23・薮田和樹投手~3年ぶりに復活なるか?~

◎#23・薮田和樹投手~3年ぶりに復活なるか?~

薮田投手といえば、やっぱり忘れられないのが2017年のピッチング。当時3年目の薮田投手は交流戦から先発ローテーションに入り、シーズンで15勝をマークし、勝率.833で最高勝率のタイトルを獲得しました。

テイクバックの小さい独特のフォームから150キロを超えるストレートを投げこみ、しかも要所要所でコーナーへズバッと決めるピッチング。シーズンで2つの完封も決め、この年のチームのエース的存在でもありました。彼の台頭がなければ、リーグ連覇はなかったといっても過言ではありません。

その残像ばかりが残るのですが、その後の2年間、薮田投手らしいピッチングから遠ざかっています。では、まずは今季の薮田投手の1軍での成績から振り返ってみましょう。

☆1軍
4試合 0勝2敗0S(先発2試合、中継ぎ2試合)
イニング:12.2
被安打:17
奪三振:6
四死球:10
自責点:13
防御率:9.24
WHIP:2.13


開幕から2ヶ月以上が経過した6月12日にようやく1軍昇格を果たしました。しかし、6月14日の東北楽天戦で中継ぎとして登板するものの、肝心な場面で2本の本塁打を浴びてしまい、4回途中4失点という結果に終わりました。課題が解消されていないと感じる印象に、翌日には登録抹消されました。

8月27日に今季2度目の1軍昇格。1度の中継ぎ登板を経て、9月1日の横浜DeNA戦で今季初先発のチャンスが巡ってきました。6つの四球を与えながらも、粘りの投球で6回を被安打4、3失点。負け投手にはなかったものの、先発としてQS(6回3自責点以内)を達成し、期待を抱かせる内容となりました。

しかし、続く9月7日の阪神戦での先発機会では、相手の上位打線に粘られ、そこから連打を浴びてしまう悪循環で、3回途中6失点と炎上…翌日に2軍降格となりました。粘られるということは、ストレートにも威力がなく、キレもないということでしょう。

ストレートは今季150キロを計時したこともありましたが、全体的には145キロを超えるくらいで、2017年のときのような球威を感じられず、物足りなさばかりが残りました。また、ストレートで勝負できないのか、カットボールやシュートといった変化球に頼ってしまう傾向もありました。

それゆえ1軍では、特に左打者に被打率.360、出塁率は実に.469となっており、約半数で出塁を許しており、それだけ見極められているということでもあります。そして独特のテイクバックが小さい投球フォームも、相手がある程度タイミングを取れており、研究もしているのでしょう。

相手の研究を上回っていくことができないこと、そして自身のストレートの威力が下がっていること…この2つの負の相乗効果で、結果が残せていないのではないでしょうか。一方が変わってくれば、兆しは見えるような気はしますが…

本来は2軍で投げていてはいけない投手なのですが、ウエスタンリーグでの投球成績も見ておきましょう。

☆2軍
20試合 6勝8敗1S(先発17試合、中継ぎ3試合)
イニング:92.2
被安打:91
奪三振:51
四死球:42
自責点:41
防御率:3.98
WHIP:1.38


ウエスタンリーグでもどこか冴えない成績に終わっています。投球イニング数とほぼ同じ数だけヒットを浴びていますし、思うように三振も奪えていないという感じです。2017年のときのようなピッチングを見せ、復活を期待させる瞬間もあるのですが、次の登板では元の状態に戻ってしまった…ということも多々あり、安定感に欠ける内容です。

佐々岡監督は、投げ込みを行う薮田投手を見て、「復活してもらわなければいけない」と期待を寄せています。2017年の大活躍の残像も徐々に消えつつある状況は、本人のプロ野球人生においてけして良いことではありません。残像がある、つまりは「復活を期待されている」うちに復活しておかなければ、いずれは「過去の人」にもなりかねません。

復活を期待されている期間はけして長くはありませを。ただ、佐々岡監督が就任し、体制が変わったことは、薮田投手にとっては追い風にしなくてはなりません。そう、まぐれでシーズン15勝は出来ないのですから。きっかけをいかに掴むかでしょう。

そのためには、まずはストレートの球威をいかに取り戻すか、小さなテイクバックから150キロを超えるストレート…これを取り戻すことができれば、カットボールやシュートといった変化球も活き、活路を見出せるはずです。下半身を鍛え、投げ込む中で、薮田投手本来のストレートを取り戻してほしいものです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる