FC2ブログ

一芸に秀でる(2)~球速編~

◎一芸に秀でる(2)~球速編~

プロ野球で大成するためには、何か突出した持ち味があることが、大きなポイントになるように思います。突出した能力があれば、首脳陣も起用法をイメージしやすくなるというのが理由でしょう。今回は、天性の能力ともいえる投手の球速にスポットを当ててみたいと思います。

まずは昨季、1軍で登板した投手のうち、今季もカープに在籍しており、なおかつ150キロ以上を叩き出した投手に限定した最高球速ランキングです。

選手名最高球速左右
フランスア投手159
中村恭投手156
モンティージャ投手155
島内投手154
岡田投手154
ケムナ投手154
大瀬良投手152
床田投手152
塹江投手152
矢崎投手152
山口投手151
ジョンソン投手150
九里投手150
薮田投手150
今村投手150
中田投手150


このように見ると、カープは150キロオーバーのストレートを投げ込む投手が増えてきたなあという感じです。とりわけ、一時期は左腕不足とされていましたが、昨季に関しては、速球派ランキングで上位3投手はいずれも左腕です。

フランスア投手は2018年、左腕から繰り出すホップするような剛速球で、とりわけ左打者に対してはほぼ完ぺきに封じ込みました。ストレートという「一芸」で、一気に開花した投手でもあります。そう考えると、モンティージャ投手も昨季は156キロを計時しており、「一芸」を活かすことが出来れば、楽しみな存在でもあるでしょう。

中村恭投手は大学時代に153キロをストレートを投げ込み、プロからの注目を集めました。しかし、プロ入り後はコントロールを重視しすぎたあまり、ストレートの球威は影を潜めました。このまま終わるのか…と思いきや、昨年、大学時代の球威を取り戻すどころか、それをはるかに上回る球威で、相手打者を抑え、中継ぎとして欠かせない存在へと成長しました。

「一芸」という点で見ると、島内投手、ケムナ投手、岡田投手、塹江投手、矢崎投手、山口投手と、150キロを超える剛速球を持つ若手投手はたくさんいます。素質のある投手は多いのです。あとは彼らが持っている「一芸」をいかに生かしていくか…

現代のプロ野球ではただ単にストレートが速いだけでは打ち返されてしまいます。例えば、回転数があるボールか、ここぞというところで低めにも集められるか、1つでも相手の目線を変える決め球があるかなど、「一芸」にプラスアルファを手にすることが出来れば、「一芸」で花開く可能性があると思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる