FC2ブログ

遠藤投手、強気の投球で先発初勝利!

◎遠藤投手、強気の投球で先発初勝利!

正直、遠藤投手の前回登板となった7月5日の阪神戦で、5回8失点でKOされた試合を見ていると、「これでは先発は難しいのでは…」という印象でした。球威も感じられず、外角一辺倒で、変化球も球種が少ない…次々と失点を重ねる中で、涙目になる遠藤投手。その表情には悔しさがあふれていました。

それから1週間。佐々岡監督はもう一度、遠藤投手にチャンスを与えました。それだけ期待している投手でもあり、前回登板の悔しさをぶつけてほしい…そんな思いもあったのでしょう。

そしてここまで、遠藤投手が登板した2試合と最も大きく異なる点…それはバッテリーが会沢選手であることでしょう。これまではまだ捕手としての実績が少ない坂倉選手とのバッテリーを組んでいましたが、今のカープの正捕手が果たして遠藤投手の持ち味をどう活かしていくのか、その中でどう相手打者を抑えていくのか、それを遠藤投手には肌で実感してほしいという意図もあったのではないでしょうか。

今日の遠藤投手は、ストレートにも球威がありました。遠藤投手の持ち味はやはり球威です。伸びのあるストレートで、相手打者から空振りを奪ったり、時にズバッとコーナーに決めて見逃し三振を奪う場面もありました。

そして、外角一辺倒ではなく、内角を突くピッチングを見せました。前回の反省を踏まえて、自身のある球を思い切り相手の懐に投げ込もう…そんな強い思いを感じました。さらにカーブを織り交ぜ、緩急をつけることで、目先を変え、それによってよりストレートが活きてきたように思います。

打者2巡目をいかに抑えていくか…過去2試合の登板を見ても、それが大きなカギでした。

その点では3回裏、ここが今日の大きな山場でした。打者2巡目に入り、無死満塁という絶体絶命のピンチを迎えます。しかし、ビシエド選手には犠牲フライを打たれましたが、変化球も上手く織り交ぜながら、内角も突きながら、このピンチを1点でしのぎました。この山場を乗り越えられたことは、遠藤投手にとっても非常に大きかったと思います。

例えば、4回裏2死ランナーなしから、梅津投手に四球を出してしまったことなど、考える部分はあるでしょう。しかし、自身最長の6回までを投げ抜き、しかも1失点で抑え、QS(6回3自責点以内)も初めて達成し、打線の援護もあって先発としてのプロ初勝利も手にしました。これは若い遠藤投手にとっては、今後へ向けても大きな手ごたえと自信になるはずです。

よく、好投の次が重要と言われますが、それはともかくとして、今日の登板を「先発としてやっていける」という手ごたえとして、次回の登板でも今日と同様、ストレート主体で、緩急をうまく使った強気のピッチングを見せてほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!


スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる