FC2ブログ

連敗ストップに「3番・堂林」!

◎連敗ストップに「3番・堂林」

大敗続きだった巨人戦。5割ラインを目前にして、一気に突き返され、気が付けば今季最大の借金4という苦しい状況でした。その中で、何が起爆剤となるか…それは、巨人戦ではできなかった「主導権を握る」ということでしょう。

まずはカープ先発・大瀬良投手

けして状態は良くなかったように思います。コントロールはばらついていましたし、球数ばかりがかさむピッチングでした。それでも初回、2人のランナーを出しながらもゼロで切り抜けました。ホームでの戦いで重要なのは、1回表…ここをしっかりゼロで切り抜けて、0-0の状態で、今度はカープが相手の先発の立ち上がりを攻める体制を整えられるかということ。今夜はようやくそれが出来る展開に持ち込めました

そして、1回裏。1死1塁の場面で、3番に入った堂林選手が、あわやホームランかというライトフェンスに直撃し、そのままスタンドに入るというエンタイトル2塁打で、2・3塁のチャンスを作り、4番・鈴木選手が払ったような打撃でしたが、詰まった打球はセンター前に落ちる2点タイムリー!先発が初回をゼロに抑えて、その直後に相手の立ち上がりを攻めて得点を奪う…ホームゲームでの理想的な展開に持ち込むことが出来ました

その後も大瀬良投手は悪いなりにも試合をまとめ、カープ打線は3回に菊池涼選手のライトへの一発、そして松山選手のタイムリーで3点を奪いました。後攻だからこそ、しっかり守ることが出来れば、後は攻めるだけ…その優位性を活かし、しかも中押し点を奪うことに成功しました。

さて、今日の試合で、見逃すことが出来ないのは何といっても「3番・堂林選手」でしょう。

初回にはフェンス直撃のエンタイトル2塁打を放ちましたが、3回にも右中間フェンス直撃の2塁打。いずれも得点につながる長打を放ちました。その後も2塁打にヒットに、4安打を放ちました。

ただ、今日に関しては6回表。大瀬良投手が2点を失い、3点差まで詰め寄られ、なおも2死2塁という場面で迎えた雄平選手。その打球はサードへの非常に強い当たりでした。サードを守っていた堂林選手は素晴らしい反応で、ボールの勢いで1回転しながらもそれを見事にキャッチし、ワンバウンドになりながらも素早くファーストに送球し、アウトにしました。これがレフト線へと抜けていたら、勢いのあるヤクルト打線だけに、流れは大きく変わっていたかもしれません。この守備はチームにとって、非常に大きなプレーだったと思います

今日の勝利も、大差でのものでした。でも、どんな勝ち方でも、勝つことが大事であり、約5000人のファンの前で勝利を届けることが出来たのは何よりの喜びでしょう。開幕からビジターでの戦いが続きすぎて、ホームでの戦い方を忘れていたような感じでした。今夜は先発がしっかりと立ち上がりを抑え、その後、味方が後攻の優位性を活かして、先制し、中押し点を奪いながら逃げ切れました。この勝利の形…主導権を握るということ、これを明日だけでなく、ホームでの手ごたえにしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる