FC2ブログ

また1点を守り切れず…でも辛抱強く戦えたことはプラス材料

◎また1点を守り切れず…でも辛抱強く戦えたことはプラス材料

今シーズンは勝つときは大味な展開で、負けるときは終盤に逆転を許したり、先発が序盤から大量失点したり…こう考えてみると、勝てるパターンより、負けるパターンの方が多いんですよね。だからこそ、投手も野手も、それぞれが自分の役割をしっかりと果たしていく、粘り強く、辛抱強く戦っていくということが必要です。

その点では、今日は先発・遠藤投手が5回まで1失点で踏ん張り、その後、ケムナ投手が1点を失いましたが、全体的に試合を壊すようなことはなく、0-2と、打線がつながれば一気に逆転も視野に入れられる試合展開に持ち込みました。ホームゲームは、主導権を握ることが重要であるとともに、仮にリードを許しても逆転も狙える得点差にとどめるように粘ること…これもまた重要だと思います。

2点ビハインドの7回裏、カープは堂林選手、鈴木誠選手の連打で無死2・3塁のチャンスを作りました。攻めあぐねていた東京ヤクルト先発・高梨投手からようやくチャンスを作ると、松山選手が低めの難しい球をすくい上げて、ライト線へと運ぶ2塁打で同点に追いつくと、会沢選手のタイムリーで、一気に逆転に成功しました。

投手陣も粘っていけば、打線がきっと何とかしてくれる…こういったところから、一体感が醸成されていくのだと思います。結果的に、菊池保投手が9回表に1点を失い同点にされ、またも1点を守り切れない試合となってしまいましたが、それでも何とか同点、引き分けのままで試合を終えました。最近のように、大量失点で敗れるという展開ではなく、僅差の展開に持ち込めた…確かに、守護神になれるほどの安定感のある投手がいないという課題は山積ではありますが、今日のような試合運びは今後の手ごたえにしていくべきでしょう。

ところで…

延長10回裏、1死1・2塁というサヨナラのチャンス。もうこれ以上のイニングはなく、カープの負けはない状態。なりふり構わず、攻めていける場面でしたが、途中から5番に入った上本選手には代打を送らず、続く代打・高橋大選手は三振…ここはもっと攻めていっても良かったのではないでしょうか

上本選手の場合、例えばヒットを打ったとしても、外野が前進守備。たとえヒットを打ったとしても、2塁ランナーがホームへ帰ってこれる可能性は低くなります。確かに、今季は打撃力がアップした印象が強い上本選手ですが、まだベンチにメヒア選手や坂倉選手が控えていたことを考えると、ここで勝負に出ても良かったのではないかとも思います。まあ、メヒア選手の得点圏打率の低さが、代打起用を躊躇させたとも考えられますが…

非常に難しい戦いが続いています。今夜も本来は勝っておかなくてはならない試合でした。そろそろ何か勝利への形を作っていかなくては、このまま1点差を守り切れない試合ばかりが重なってしまうと、首位とはどんどん差が開いていく一方であり、借金ばかりが増えてしまいかねません。勝利への形を作るとともに、今夜のように粘っこく、辛抱強く戦っていくところから、活路を見出してほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる