FC2ブログ

相手をいかに抑えるか…

◎相手をいかに抑えるか…

今日はいつもとは違って、相手打線から攻め方を考えてみようかと…。

横浜DeNAの打線はかなり脅威的ですね。1番の梶谷選手は打席での粘りもあり、出塁率も高く、長打もある…1番打者としては、かなり理想に近い選手だと思います。そして2番のオースティン選手はミート力がかなり卓越しており、一発もあります。2番打者としてはかなり怖い存在で、先発投手からすれば、立ち上がりを一気に攻められる恐怖感もあります。

そこへ3番・ロペス選手という実績のある選手がいて、4番には佐野選手。客観的に見れば、実績面では前後に劣る佐野選手ですが、今年は打率が非常に高く、ここへきて長打力も発揮しています。さらに首位打者の経験もある宮崎選手、2年連続本塁打王のソト選手が続くわけですから、この打線はセリーグでは群を抜いています。筒香選手が抜けた穴を感じさせず、しかもオースティン選手が加わったことで、さらに厚みが増した印象です。

こういった打線をいかに抑えていくか…

完全に封じることはまず無理でしょう。ならば、打線をつながらせないことを考える必要があると思います。今夜の床田投手の場合ならば、どこで断ち切るか…可能性としては左打者の佐野選手、不調のソト選手でしょう。ソト選手に関しては上手く封じることが出来ましたが、前夜、逆転サヨナラ満塁ホームランを浴びた佐野選手に勢いを与えてしまったのは、その翌日に対戦する床田投手にとっては非常に厳しい状況になったと思います。

今日の床田投手…まあ、良くもなく悪くもなくという感じだったと思います。ただ、ストレートの球威、コーナーを狙うコントロール…わずかながらの誤差がいまだに埋め切れていないという印象で、ボールと判定される場面も目立ちました。ただ、4回以降はその精度が上がり、ある程度、床田投手主導で相手打者を抑えていたように思います。

ただ、横浜DeNA打線を見ると、昨年までは左腕に弱点があるように思いましたが、今季はオースティン選手が加入したことで、ロペス選手、宮崎選手、ソト選手と右打者に長距離砲が多いために、左腕にとってはかなりプレッシャーがかかる打線になっています。そこに佐野選手を勢いづけさせてしまったことで、打線の流れを断ち切るタイミングをつかむのが難しかったのではないでしょうか。

床田投手は5回3失点…ただ、内容としては、特に4回以降のピッチングを見ていると、これをきっかけに本来のピッチングを取り戻してくれればというものだったと思います。次の登板に期待というところでしょう。

前夜、完全に流れを明け渡してしまったカープ。それを取り戻すのは容易ではありません。特に横浜スタジアムが舞台ならなおさらです。この苦境の中で、明日は相手打線の中でどこを断ち切っていくか…そこを狙い通り断ち切れるか、そして自分たちが積極的に動いていくことで、主導権を取り戻せるか…戦略と、いかに相手を攻めるか、様々な角度から攻めきることで、カープに流れを引き寄せてほしいものです



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる