FC2ブログ

悔しさとやるせなさともどかしさと…

◎悔しさとやるせなさともどかしさと…

ホームでなかなか勝てないカープ。昨季まであれほど強かったマツダスタジアムでの試合…しかし、今日の敗戦で2勝8敗1分けとなりました。ホームでの借金6が、そのまま今のチームの借金となっています。カープが浮上するためには、昨季までのようにホームでどんどん地の利を活かして勝っていかなくてはならないのですが…。

ホームで勝てない要因としては、いくつか考えられると思うんです

例えば、相手チームにとって、最も怖かったのは真っ赤に染まったマツダスタジアムのスタンドからの大きなプレッシャーだったのでしょう。それがないとなると、カープの選手にとっては普段通りに試合をしているつもりでも、相手からすれば、普段とは違うマツダスタジアムに、むしろプレーしやすいという雰囲気が出てくる…昨年までマツダスタジアムを苦手にしていればしているチームほど、今年のマツダスタジアムはやりやすく感じるのかもしれません

また、ホームであるからこそ、カープは主導権を握る試合運びを見せなくてはならないのに、先発が初回に失点するケースが目立ち、どうしても後手後手になってしまう…というのもあるでしょう。

ただ、今夜に関してはカープ先発・九里投手が久々に試合をしっかりと作るピッチングを見せてくれました。ピンチでは相手の走塁ミスや、味方の好プレーに助けられる場面もありましたが、それでもしっかりと6回を1失点にまとめました。これは今後への大きな希望となったと思います。

今日に関しては一時は逆転にも成功しました。しかし、またしてもリードを守り切れませんでした。

7回裏の攻撃、会沢選手がタイムリーを放ち、さらに1死1・3塁の場面で田中広選手が三振に終わってしまいました。さらに2死満塁としたものの、西川選手はセカンドゴロ…。さらなる追加点を奪えなかった、相手にとどめを刺せなかったのが悔やまれるところですし、特に田中広選手の場面はもっとベンチワークを見せても良かったように思います。

そして問題は8回表。

2死1塁でビシエド選手のライト線への当たりで、1塁走者・大島選手がホームを狙いますが、カープが見事な中継プレーで、本塁悠々アウト…のタイミングでした。しかし、コリジョンルールもあって、ホーム上でボールをグラブに収めて待っていた会沢選手をかいくぐって、本塁へ滑り込んできたランナー。判定はアウトでしたが、リクエストの結果、判定は覆りセーフに…。

会沢選手はコリジョンルールを守ってのプレーでしたが、それでも回り込まれてセーフにされてしまっては、捕手としては対応のしようがありません。特に今回の場合、完全にアウトのタイミングでした。回り込めばセーフ…という判定になれば、捕手としても、ブロックせざるを得ません。コリジョンルールの抜け穴を突かれたようなプレーだったと思いますし、これがセーフの扱いになるようなら、完全にアウトにタイミングの場合に、ホームの手前で捕手がタッチしても問題がないような、捕手にも利のある判定にしてもらいたいものです。

今夜の試合、負けは負けですし、カープの打線も完全に攻め切ることができなかった部分はありました。ただ、その一方で、「その判定をされたら、捕手は仕事が出来なくなる」と感じさせる判定もありました。こういうのを見ていると、どうも勢いに乗っていけない…しかもそれがホームゲームで起こるわけですから。ツキのなさも感じますが、とにかく人数制限の中でスタンドに駆け付けたファンのためにも、明日、明後日はこの悔しさとやるせなさを、しっかりと晴らしてほしいと思います


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

今回の場合はボール獲ってから余裕
あったんだから待ってないでベースの前で
タッチすればよかっただけ。
会沢が下手過ぎる

酷い

広島ファンは本当負け惜しみが酷いですね。
今回の場合は会沢がボール獲ってから
かなり余裕あったんだから普通に
ブロックすればよかっただけ。
コリジョンルールを勘違いして理解して
ますね。

コリジョン

いつも楽しく読ませてもらっています。
今回の大島選手・会澤選手のクロスプレー判定、とても残念でした。
私も詳しくないのですが、ルールでは、「ボールを持たない捕手が走路を塞いではならない」のなら、既に捕球していた会澤選手はベースの前にミットを出してタッチしても問題なかったのでしょうか。コメントというか質問ですみませんm(_ _)m
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる