FC2ブログ

<KUNIの雑感601>コリジョンルール

<KUNIの雑感601>コリジョンルール…そして攻める姿勢

28日に行われた中日戦、8回表。このときの会沢選手のプレーについて、スポーツ記事の中でもいろいろと意見が飛び交っているようです。弊ブログにもいくつかご意見が寄せられました。まず、そのプレーを振り返ってみると…

2死1塁でビシエド選手のライト線への当たりで、1塁走者・大島選手がホームを狙いますが、カープが見事な中継プレーで、本塁で悠々アウトのタイミングでした。しかし、コリジョンルールもあって、ホーム上でボールをグラブに収めて待っていた会沢選手をかいくぐって、ランナーはホームへ滑り込み、判定はアウトでしたが、リクエストの結果、セーフとなりました。

あれから、いろいろとあのときのことを考えてみました

コリジョンルールというのはなかなか難しいもので、捕手の立ち位置、タッチした場所など、少しでもランナーの走路を妨害してはならないという縛りがあります。ただ、その一方でコメントにもいただきましたが、「ボールを持たない捕手が走路を塞いではならない」というルールもあります。

判定も曖昧になりがちで、捕手よりもランナーが有利になりがちという問題点はあると思います。今回、悠々アウトにできるタイミングだったという時間的な猶予もあって、会沢選手自身、一瞬で様々なルールを思い描いたのでしょう。ただ、今回の場合は、すでにボールを捕球していたことを考えると、タッチに行っても問題なかったともいえます。

ただ、カープもかつてはコリジョンルールのおかげでサヨナラ勝ちを収めた試合もあったように、恩恵を受けた試合も多々ありました。今回は確かに会沢選手がコリジョンルールに忠実にプレーしたわけで、確かにホームベースにグラブを置いておけば、十分にタッチできたはずですが、後方からランナーを迎え入れようとしすぎて、動きに迷いが生まれ、結果的に生還を許してしまいましたスキを狙った大島選手の好走塁は見事でした

で、振り返ってみると思うことがあるんです。

今のカープはとにかく安全に安全にと慎重になりすぎていないかと。本来なら昨季Bクラスに終わり、チャレンジャーという立場であるはずなのに、采配においても、走塁や守備でも、ピッチングでも、チャンスの場面での打撃でも、どこか安全にいきすぎて、思い切ったプレーが出来ていない…

佐々岡監督は就任時に「みんなに好かれる監督になりたい」と語っていましたが、失敗したら嫌われるんじゃないかと考えていなければ良いのですが…。安全にいきすぎることが、選手のプレーにも表れているようにも思えるのです。会沢選手のプレーも、「アウトにするんだ」と思い切った動きをすれば、コリジョンルールを考えるよりも、身体が自然と動いていたかもしれません

派手に打ちまくる試合もあるのですが、接戦に勝てないというのは、采配面やプレーで勝利への執念を感じない部分があるからというのもあると思います。

本来のカープ野球は、積極的に縦横無尽に動き回ることで、相手のミスを誘発しながら、得点を奪いにいってました。その得点力に支えられ、投手陣も攻めの姿勢を持っていました。相手から嫌がられる野球が出来ていない…

チームとして、まずは3連覇を経験した中堅選手が中心となり、もしそれが出来ないようなら、思い切って若手に切り替える厳しさ、さらにベンチメンバーを分け隔てなくフルに起用していく積極的な姿勢も持ち合わせていく必要もあるでしょう。

そして、昨夜の野村投手のような攻めのピッチング…それに誘発されたのか、堂林選手はサードで見事な反応の好プレーを見せ、4番・鈴木誠選手が一発で仕留め、フランスア投手は豪快なストレートを堂々と投げこみました。こういった選手の意識を少し変え、攻めていくという姿勢を常に見せていけば、そして佐々岡監督もまた、攻めの姿勢で采配をふるっていけば、きっとチームは上向いてくると思います。野村投手のピッチングから、攻める気持ちをもう一度奮い立たせ、今日以降につないでほしい…そう願うばかりです。さあ、今日はKJ!頼みますよ!

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる