FC2ブログ

<KUNIの雑感603>剛速球は大きな武器だ!

<KUNIの雑感603>剛速球は大きな武器だ!

8月4日、神宮球場での東京ヤクルト戦、7回表に長野選手の3ランで一気に同点に追い付いた直後の7回裏、2死から薮田投手が2人の出塁を許し、塹江投手に交代後、申告敬遠で2死満塁。打席の山崎選手に対してもフルカウントと、まさに絶対絶命の大ピンチを迎えました。

せっかく同点に追い付いた直後だけに、また突き放されてしまうと、反撃への機運は一気に減退しかねません。何がなんでも踏ん張らなければならない局面で、塹江投手が選んだのはストレート。内角高めへの渾身の150キロ。これで相手バッターのバットは空を切り、三振で大ピンチを切り抜けました

投手にとって、とりわけ中継ぎ投手にとっては、これを投げれば封じることが出来るという切り札を持っていることって大切だなとつくづく感じました。

今回の塹江投手の場合であれば、左腕から繰り出す豪快なストレート。150キロを超えてくるストレートは、特に左打者からすれば、かなり打ちにくいのではないでしょうか。高めに決まれば十分に三振を奪える、困ったときの切り札とも言えます。

この場面での塹江投手はどうもスライダーの精度が悪く、外角低めへ決められず、力んでしまうのか、かなり外寄りのボールゾーンへと逃げてしまい、下手すればワイルドピッチになりかねないボール。決め球には使えない状況でした。

しかし、この究極の局面で150キロのストレートがあるというのは塹江投手の大きな強みです。しっかりとストライクゾーンに投げ込めば、仮にど真ん中に投げたとしても空振りを奪える可能性がある…それだけでも、大ピンチでも冷静になれる要素になるでしょう。

カープの中継ぎ陣にはフランスア投手、島内投手、薮田投手、DJジョンソン投手、ケムナ投手、そして塹江投手と、150キロを超えるストレートを投げ込める投手がいます。困ったときは力でねじ伏せるだけの素質がある投手が揃ってきたのも確かです。

あとは彼らの素質をどう活かしていくか…押してばかりだったり、判で押したような1イニングずつを任せる起用法ばかりだと、攻めが単調になりがちです。例えば菊池保投手や高橋樹投手のような技巧派を織り交ぜたり、左腕の起用をするなどで、相手の目先を変えていけば、剛腕投手の持ち味はさらに活きてくるのではないでしょうか。

現在、フランスア投手が本来のストレートを取り戻しつつあり、守護神として起用できるメドも少しずつ立ってきたように思います。試合のラスト3イニングを力でねじ伏せながらも、相手の目先を変えながら、ブルペンの投手を登板過多にならないように起用する…今年はブルペンにも中継ぎ陣を例年より厚めに登録できるというメリットを最大限に活かして、勝利への方程式を形成してほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


また、ブログの中で皆様からのご意見も紹介しています。

カープアンケート(2012-13年版)からどしどしお寄せください。

皆様からの熱いご意見をお待ちしております。




※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
25位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる