FC2ブログ

いろいろと気になる敗戦

◎いろいろと気になる敗戦

序盤の3回までは0-0という、先発同士ががっぷり四つの投手戦でした。しかし、終わってみれば、1-8という完敗。地元・マツダスタジアムでの試合だけに、最下位争いから一歩抜け出せるチャンスでもあるのですが、どうも突き抜けることが出来ません。そんな試合の中で、いろいろと気になる部分もありました。

まずは野村投手

3回までは粘り強いピッチングを見せていました。ただ、今季3試合の先発に比べて、球数がかさんでいる点、そしてやたらと汗をかいて、疲れている様子も感じました。その中で4回に、高橋選手に2ランを浴び、そこでとどめておかなくてはならなかったものの、3連打を浴びて、さらに1点を献上してしまいました。芯でとらえられる打球も多く、ボールにキレがなかったのでしょう。

昨季の野村投手は、1軍に昇格すると数試合は持ち味のあるピッチングを見せるのですが、登板を重ねると、球威やキレがなくなり、低めに投げても捉えられてしまい、早々に降板を余儀なくされるというケースが見受けられました。4試合目の登板で、投球の質が低下した印象を受けました。果たして次の登板で持ち直すことが出来るかどうか…昨季と同じ失敗を繰り返さないためにも、次の登板が重要になります。

次に西川選手

今夜の試合では打線のブレーキになってしまいました。5回裏の1死1・3塁の場面では、いきなり初球の、見逃せばボール球のような高めの球に手を出し、ショート真正面のゴロでゲッツー、さらに7回裏の2死2・3塁の場面も、すべて見逃せばボール球という悪球にばかり手を出し、3球三振…。

そういえば、かつて故・野村克也さんが配球に関して「得意なコースの近くに苦手なゾーンがある」と語っていました。西川選手を打ち取るためには、ストライクゾーンではなく、あえて高めのボール球や、内角低めに極端に外れていく球を投げるというのが定石になっているように思います。そして、案の定、悪球に手を出した・・・「悪球に手を出すな」としても、それはそれで西川選手の持ち味ではありますが、相手がその特徴を逆手にとってくるようだと、ケースバイケースで、ボール球には手を出さないスタイルも時々見せておく必要もあるでしょう。

いろいろと気になるところはありましたが、ひとまずこの2点を挙げてみました。結果的には惨敗という内容でしたが、その中で、島内投手が2イニングを投げて5奪三振という素晴らしいピッチングを見せてくれたのは、大きな希望となりました。奪三振率は驚異の14.44ですから、これはそろそろ敗戦処理ではなく、勝負どころで投げさせるというのも手ではないでしょうか。いきなりストッパーとまではいかなくとも、少しずつ起用の場面でハードルを上げてみてほしいと思います

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

野村投手の中5日

はじめまして。カープなかなか波に乗れませんね。野村投手ですが、中5日で過去にもいいピッチングしたことないですね。昨日もそこが少し不安でしたが、的中してしまいました。連戦が続いたり日本シリーズのような短期決戦で間隔詰めて投げないといけない場合あまり頼りにならない所があります。このあたりがエースと呼ぶには物足らない所ですね。来週は間隔が空くのでいいピッチングすると思いますよ。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる