FC2ブログ

どうも呼吸が合わない…そして会沢選手の苦難

◎どうも呼吸が合わない…そして会沢選手の苦難

前夜、ルーキー・森下投手が非の打ちどころのないピッチングを見せました。森下投手と坂倉選手のバッテリーは、積極的に内角を突き、ストレートで攻めるスタイルで、相手を2安打完封しました。

今夜先発の大瀬良投手は森下投手とピッチングスタイルが似ていると思うんです。ストレートを軸にカットボールやスライダーなど、持ち球も似ています。だからこそ、昨夜の森下投手を超えるようなピッチングをしなければ、そしてある程度、攻め方を変えなければ、相手打線は捉えてくるのではないか…という懸念はありました。

ただ、その懸念以上に、どうも選手間の呼吸が合っていない…

1回裏、1死ランナーなしから糸井選手の右中間への打球。センターの西川選手とライトの鈴木誠選手がともに追いかけましたが、本来であれば打球の位置から鈴木誠選手が捕球すべきところでした。しかし、西川選手が追いすぎて、鈴木誠選手にとってはその存在が気になり、あまり深く追えなかったのかもしれません。鈴木誠選手に任せていれば、ライトフライだったかもしれませんが、西川選手との連携が取れず、鈴木誠選手のグラブの先を打球がかすめました。その後の打球処理でも、西川選手が邪魔になって、戸惑っていたようにも見えました

その後、大瀬良投手はサンズ選手の打球を足に受けてしまい、先制点を献上してしまうことになりました。外野の連携がうまくいかず、長打を許し、さらには打球を足に受ける…踏んだり蹴ったりのまま、このイニングで2点を失ってしまいました

そして3回裏。1死1塁の場面で、サンズ選手の打球は真上に上がるフライ。その打球を追おうとした会沢選手はサンズ選手と交錯し、転倒。大瀬良投手、松山選手が捕球しようと駆け寄りますが、互いにお見合いし、松山選手が差し出すグラブの先をかすめた打球はグラウンドでバウンド…。

会沢選手が転倒したため、守備妨害の可能性もあったと思います。それを佐々岡監督はもっと抗議しても良かったのではないでしょうか。それとともに、会沢選手が転倒した時点で、まずは大瀬良投手が打球を捕球する必要はなく、野手に任せ、松山選手が率先して捕球すべき場面でした。ここでもどうも呼吸が合わず、ピンチを広げ、失点につながりました。

「一体感」…

これが佐々岡監督が掲げるテーマなのですが、どうも呼吸が合わない…守備のほころびが大きく、そこから失点を繰り返してしまいました。とりわけ、相手はカープ打線がどうも苦手としている西勇投手だけに、守備で失点を重ねてしまうと、どうしても展開は苦しくなってしまいます。

それにしても、会沢選手にとっては苦難の連続です。昨夜の若いバッテリーに比べて、内角を攻める割合が少なく、変化球や外角に頼る傾向が強かったため、どうしても狙われがちになりました。さらに、3回には打者と交錯し、6回には逆球ではあったものの、ストライクゾーンに来た球をパスボール。挙句の果て、今日の試合の最後の打者に…。

カープの正捕手がどうも乱れています。ベンチには大ベテランの石原慶選手もいる…ただ一時期、2軍に降格した時期もありました。だからこそ、いつまでも甘えてばかりもいられず、本当の意味での正捕手としての力を求められているところで、若手の成長もあり、どこかバタバタしています。「諦めない」気持ちを誰よりも知る男…だからこそ、その存在感を今一度、発揮してほしいところです。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

本塁付近での打者走者と捕手の接触は守備妨害に当たらないそうです。
まあ松山が捕ればいい話なので監督を責めるのは可哀想かと。
フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる