FC2ブログ

結局、同じことだった…

◎結局、同じことだった…

今シーズン、なかなか勝てないK・ジョンソン投手

コントロールもまとまらず、本来の球威もない…それはバッテリーを組む会沢選手との呼吸が合っていないのも1つの理由ではないかとも感じていました。そして今日、佐々岡監督はついに石原慶選手とのバッテリーを決断しました。3回までは要所要所を抑える投球は見せていましたし、長野選手のスライディングキャッチなど、バックの守りに助けられたところもありました。

しかし、4回に1死満塁のピンチを招くと、嶺井選手にセンターフェンス直撃の2塁打を打たれ先制を許し、さらに犠飛もあって、一気に3点を失ってしまいました。6回にも1点を失ったK・ジョンソン投手は、結局6回途中4失点で降板となりました。

確かに、多くの勝利をつかみ取ってきた石原慶選手とのバッテリーでは、K・ジョンソン投手自身もどこか、「今日はイライラしないように、努めて冷静に…」という雰囲気はありました。いつもよりは穏やかな表情で投げていたようにも思います。ただ、結果的には、球威、コントロールともに今一つ。内外角に上手く散らす配球で、何とかしのいでいたという感じでした。

石原慶選手とのバッテリーは、K・ジョンソン投手にとっては、佐々岡監督からのラストチャンスという意味合いも強かったのではないでしょうか。「これでもダメなら…」と、まさに奥の手だったと思います。これで「あと1回試してみる」か、それとも、「ラストチャンスだから、これで2軍に…」となるかは分かりませんが、いずれにしても、ちょっと時間をかけて、自分の投球を今一度見直してみるべき時かもしれません

ただ…4回表の3失点に関しては、ちょっと気の毒な面もありました

横浜DeNAの攻撃は1死1・2塁。ここでの倉本選手、嶺井選手の打球に対する西川選手のプレーです。西川選手は倉本選手のセンターの目の前に落ちる打球は、もっと攻めの守備を見せてほしかった。さらに、嶺井選手の打球はフェンス直撃ではあったものの、滞空時間の長いフライだっただけに、ただ漫然と打球を追い、時間を過ごすのではなく、同じく攻めの守備を見せてほしかった…

2回に長野選手がレフトへの打球をスライディングキャッチするという、気迫こもったプレーを見せてくれました。だからこそ、西川選手にも続いてほしかったのですが…ただ単に西川選手自身のプレーが消極的だったのか、それとも技術的に、これ以上のプレーはできないのか…いずれにしても、外野の軸であるセンターを、実績のある長野選手や、守備に定評のある若手の大盛選手を起用するなど、守り勝つためにセンターラインを固めることも視野に入れるべきときなのかもしれません

なかなか思うようにいかないものですね…

8回から登板の矢崎投手。2軍はもはや無敵の計5イニングパーフェクト、12奪三振という「無双」状態での1軍昇格となりましたが、結果を残したい気持ちが先行したのか、いきなりヒットを打たれて動揺したのか、かなりボールがばらつき、1回4失点。ストレートは素晴らしいだけに、2.5軍でやってきたことをもう一度振り返り、次のチャンスでは、その成果を存分に発揮してほしいものです。

とまあ、いろいろと「結局、同じことだった…」という感じの試合でした。気が付けば首位・巨人とも10ゲーム差。もはや絶望的な状況まで落ち込み、浮上のきっかけすら見つかりません。ここを打破する…少しでも希望の光を見出すためには、今までのことにこだわらずに、新しいことに挑むこと、自分たちがやるべき野球を実践できる選手を積極的に起用していくことではないでしょうか


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる