FC2ブログ

さあ、これをどう明日につなげるか…だ!

◎さあ、これをどう明日につなげるか…だ!

昨夜、相手の絶好調エース左腕を相手に、全員右打者という偏りまくりのオーダーで臨み、まるで機能せずに、今季初完封負けを喫したカープ。そして一夜明けて、今夜は序盤から一発攻勢で、大量リードを奪う展開となりました。

初回、ピレラ選手がライトスタンドに、菊池涼選手がレフトスタンドに一発を放ち、いきなり2点を先制したカープ。4回には鈴木誠選手、松山選手の連打の後、堂林選手がフルカウントまで粘っての四球で満塁とすると、会沢選手が甘く入ってきたストレートを見逃さずに左中間スタンドにグランドスラムを放ち、リードを6点に広げました。

カープ先発・野村投手は5回まで持ち味のコントロールを活かしたピッチングで、相手打線をゼロに抑えますが、6回に、相手打線の粘りに屈し、ヒットや四球などでピンチを広げ、2点を奪われたところで、2番手・ケムナ投手にスイッチ。しかし、昨夜、むやみな起用で連投となってしまったことが仇となったのか、1点差まで詰め寄られるドキドキの展開となりました。

わずか1点のリード。しかも、試合の流れからして、6点ビハインドを1点まで詰め寄った中日に流れがある状況で、8回に堂林選手が粘って四球を選ぶなどで、1死1・2塁のチャンスを作り、会沢選手がレフト頭上、差し出すグラブに当たりながらも越えていった2塁打で、貴重な追加点を奪いました。おそらくそのボールには「勝利」と書いてあったのでしょう。そのボールを相手がつかみきれず、抜けていったことで、カープは一気に流れをつかみ、勝利を決定づける3点を奪いました。

これって、おそらくは昨夜、相手のエース・大野雄投手攻略に向けて、首脳陣が思い描いていた青写真そのものだったのではないでしょうか

序盤から一発攻勢で得点を奪い、詰め寄られても、再びリードを広げる…「強さ」を感じさせる試合展開でした。ただ問題は、なぜ今日勝てたのか、そしてなぜ昨日は負けたのか…打線が機能した今日と、機能しなかった昨夜。絶好調で4連続完投している左腕と、今季まだ1勝の左腕…当然、相手左腕の現状の調子との兼ね合いは大きかったと思いますが、あまりにも両極端な試合展開になったということは、相手投手によって、まるで機能しないケースもあるということ。

今夜の試合を勢いに変えて…と言いたいところですが、今後に向けて、毎回9点も奪えるわけではありませんが、ある程度、安定して投手陣を援護できるようにするためにはどうすべきなのか、昨夜と今夜を比較しながら、悪いなりにも、得点機を作っていく…という打線、個々に与える役割を考えていくべきだと思います

勝ったから、連敗が止まったからOKというわけではありません。そして、1試合勝ったから、それがチームの勢いになっていかないことは、これまでの60試合ちょっとが証明しています。では勢いをつけるためにはどうするか。明日にどうつなげていくか、なぜ今日は勝てたのか、そこを考えて、明日に臨む必要があるのではないでしょうか。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる