FC2ブログ

<KUNIの雑感613>果たしてムチを入れるべきときなのか…

<KUNIの雑感613>果たしてムチを入れるべきときなのか…

13連戦を前にして、横山投手コーチが中継ぎ陣について、ここまでは登板過多にならないように、連投は3試合までと上限を設けていたようですが、「4連投もありうる」という方針を語りました。

ただ、思うんです。
今、ムチを入れるべきときなのか、と

確かにシーズンも後半戦に入り、下位に沈んでいる状況の中で、巻き返したい気持ちは分かります。リーグ3連覇を果たしたチームだからこそ、「佐々岡新体制になったから弱くなった」と思われたくない気持ちも分かります。

しかし、現実的に考えると、残り60試合弱で、10以上のゲーム差がある巨人に果たして追い付けるかと言えば、それは非常に厳しいと言わざるを得ません。

では、ムチを入れれば勝てるかと言えば、これまでの前半の戦いを見ている限りでは難しいでしょう。攻撃パターンに乏しく、機動力も上手く使えない、相手が左腕エースなら単純に右打者を並べるオーダーを組む、先発投手の球数が多すぎる…など、選手にムチを打つだけでなく、佐々岡監督の目指す野球を確立させ、選手に浸透させる方が先ではないでしょうか。

まずは土台をしっかりと築くこと、これが先決でしょう。ただ単に焦っているから、選手にムチを入れていては、選手は戸惑い、故障を発生させるリスクが高まるだけでなく、せっかく台頭してきた若手をつぶしかねません。

ここで残り試合の中で、徐々に土台が築けてくれば、自ずと結果も出てくるはずです。その結果は、やみくもにムチを入れて得た勝利よりも、将来的に見て価値があるものだと思います。

野手では坂倉選手や羽月選手、大盛選手、投手では遠藤投手、ケムナ投手、島内投手と、来季に向けて、面白い戦力も出てきていますし、さらに2軍を見ても楽しみな若手は数多くいます。

今年、佐々岡監督の野球が定まらず、選手に浸透していない中で、無茶をさせるか、しっかりと土台を築くか…結果が出ないことを焦って、選手にしわ寄せが来ていてはいけません

佐々岡監督が明言する「一体感」は選手の心の中に刻まれていることは感じますし、随所に選手とのコミュニケーションをとっていることを感じます。これは野村元監督や緒方前監督にはあまり感じなかった部分です。その一体感の先にあるもの…その道筋をいかに首脳陣がつけていくかということなのでしょう。どう目の前の試合でそれぞれの役割を果たしていくか、その方針をしっかりと定め、自然と体現できるような体制を作ること…ムチを入れるよりも先にすべきではないでしょうか。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる