FC2ブログ

忘れかけていたものを思い出させてくれた試合

◎忘れかけていたものを思い出させてくれた試合

今季最長の4時間47分に及ぶ熱戦でしたが、カープは最後の最後までリードを奪うことは出来ませんでした。もし例年通り、「延長12回まであったら、どうなっていただろう」と、思わず続きが気になるほどに、カープ打線がとにかく粘りに粘った試合であり、そこには今シーズン、何か忘れかけていたものを思い出させてくれた試合であったように思います。

正直、カープ・森下投手と横浜DeNA・井納投手の投げ合いですから、まさか12-12という、もつれにもつれる試合になるとは、思いもしませんでした。

森下投手は3回5失点で降板し、その後、打線は追いすがるのですが、追いつこうとするたびに、その直後に横浜DeNA打線に追加点を与えてしまう…その繰り返しでした。相手に得点が入るたびに、「こりゃ、もうダメだ」と何度となく思いました。

ただ、今日に関しては、森下投手を筆頭に、どこかストレートに的を絞られ、狙い撃ちされていたという印象を受けました。森下投手に関しては、ドロンとしたカーブではカウントを稼いでいたのですが、どうもストレートをはじき返される傾向がありました。それは投手が代わっても同じことだったように感じます。勝負球のストレートをどう活かすか…明日への課題であるように思います

それとともに、2アウトまでは奪うのですが、どうもそこからが粘れないという場面がありました。2アウトから余計な追加点を重ねてしまうということもありました。あと1つのアウトをいかに奪っていくか…2死まで奪ってホッとするわけではないでしょうが、3つ目のアウトまでを集中力を切らさず、自分の球を投げ込む意識も重要だと思います。

さて…

カープの野球というのは、そもそも相手に「何をしてくるか分からないから、気が抜けない」と警戒させる野球なのだと思います。相手の隙を突いて、積極的に次の塁を狙う野球…それこそがカープの野球であり、そこからチームは盛り上がっていくのです。

10-12、2点ビハインドで迎えた9回裏。1死1・2塁の場面で、ピレラ選手が放ったセンターのやや深い位置へのフライで、セカンドランナーの田中広選手がタッチアップでサードを奪いましたが、それとともに、代走で出場していた1塁走者の曽根選手もセカンドを陥れました

続く菊池涼選手は初球を詰まりながらもライト前に運びました。これにより、2塁走者の曽根選手も生還して、同点に追いつきました。もし、直前で、曽根選手がタッチアップで2塁に進んでいなければ、「粘りを見せるも1点差で敗れる…」となっていたところです。それを俊足を活かして、次の塁を奪ったことで、同点に持ち込むことが出来ました。

これなんですよ、カープの野球は!

足を活かしていくことで、1点で終わるところを、あと1点、追加で奪いにいく…こういった野球こそがカープの野球であり、今夜は久しぶりにそんな野球を見せてくれたように思います。打線は打席で粘りを見せ、次の打者へつなげていこうとし、得点を執拗に追い求める…忘れていた感覚を思い出させてくれたような気がするとともに、どこかスタンドから大歓声が聞こえてくるような気もしました

一発はありませんでした。それでも12点を奪いました。今までなら11点で終わるところ、曽根選手の好走塁でプラス1点を追加できました。これなんですよ!この、地道に次の塁を狙い、奪えなかったはずの「プラス1点」を奪う野球…佐々岡監督自身も、今日の試合の感覚、忘れないでほしいと思います。

そう、相手の守護神・三嶋投手。マウンド上ですごい汗をかいてました。相手投手に「冷や汗」をかかせる試合…今年初めて見ました。相手にどう冷や汗をかかせるか…カープの野手陣はバリエーション豊富、持ち味の豊富、そしてカープ野球を体現できる選手も多いのですから。打席での粘り、隙あらば次の塁を狙う機動力…相手に汗をかかせる野球をどんどん見せてほしい、そこを礎に、もう一度チームを築き上げてほしいですね

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる