FC2ブログ

エース炎上…ボールが疲れ気味?

◎エース炎上…ボールが疲れ気味?

昨夜、5時間近い熱戦を引き分けたカープ。カープらしい粘りの野球を見せてくれたものの、気がかりだったのは投手陣が合計12失点を喫したこと。とりわけ森下投手が3回5失点で降板し、しかもストレートをことごとく力で弾き返されていたことでした。

今年は中継ぎ陣が開幕から不安定だったことで、先発投手にはとにかく1イニングでも長く投げることが求められ、球数が120球を越えてくることもしばしば。それゆえに、先発の中には登板を重ねるたびにバテてくる投手も出てくるのではないか…そんな懸念もありました

昨夜の森下投手のピッチングを見ていると、初回から妙に汗が出ているようで、いつもの清々しい表情がなく、どこか疲労の色が隠せていない雰囲気も感じました。毎試合、登板のたびに120球前後を投げているわけで、しかも暑さも相まって、かなりの疲れが出ていたのではないでしょうか。

そして、今日の大瀬良投手

やはり、本来の大瀬良投手とはほど遠いピッチングに終始していました。昨夜の森下投手と同様に、ストレートをことごとく弾き返されていました。初回からあっさり2点を奪われ、その後は変化球で交わしながら、のらりくらりと抑えてはいました。

しかし、4回になると、変化球で交わす投球ですら、コントロールが利かなくなり、ボールが甘く入ったところを狙われました。柴田選手に浴びた3ランは、本来の決め球であるカットボールが完全に甘く入ってしまったものでした。もはや、抑えられる術がなくなった瞬間でもあり、それは今日の敗戦も決まった瞬間でした。

ストレートの球威が本来のものではないということ。長いイニングを投げるスタミナも、疲労の蓄積で欠乏していること。そして大瀬良投手自身、毎年のことですが、夏場に弱いということ…いろんな要因が重なっているように思います。

2試合連続でのKOとなった大瀬良投手。今日のピッチングを見る限り、あまり無理してローテーションを維持することに意味を感じません。一度、登板間隔をあけて、疲労を少しでも回復させ、本来の状態に近づける時間を作ることも必要かなと思います。

巨人に3タテを食らい、4連敗中だった横浜DeNA。ホームに迎えての4連戦だったわけですが、案の定、調子が落ちているチームを勢いづける結果となってしまいました。落ち込んでいるチームを簡単に元気にさせてしまう…弱いチームの典型となってしまいました。

今日の試合前に安部選手を2軍に落とし、桑原選手を1軍に昇格させました。昨年あたりから過渡期を迎えているカープにあって、結果が出ない中堅選手の経験や実績に期待するよりも、新しいチームを作るつもりで、若手を積極的に起用し、数年後にチームとして花を咲かすことを目指していくべきでしょう。

桑原選手はエラーもあり、悔しい結果にはなりましたが、身体つきも大きく、ドッシリしていて、機動力もある選手。今日の結果は置いといて、二遊間を守れる貴重な存在だけに、今度はスタメンでチャンスを与えてみてほしいと感じました。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる