FC2ブログ

厳しい展開、辛抱強く投げ切った!

◎厳しい展開、辛抱強く投げ切った!

投手からすれば、立ち上がりから非常に厳しい展開だったと思います。

カープ先発・森下投手の立ち上がりは、2死を奪った後、1・2塁のピンチを招きましたが、塩見選手をセカンドゴロに抑え、何とかゼロで乗り切りました。しかし、打線はその直後の1回裏、1死満塁のチャンスを作りましたが、松山選手が最悪のファーストゴロゲッツー…先制点の期待が高まる中で、思わず「がくっ」となる場面でもありました。

序盤の森下投手は、けして万全のピッチングという感じでもなかったように思います。2回にも1死からヒットを許し、続く西田選手に対しては、ストレートが甘く入り、あわやホームランかというような、大きなセンターフライ。ボールがやや甘く入る傾向がありました。ただ、それでも抑えることが出来たのは、ボールに力があり、カーブも切れていたからでしょう。打者のバットを押し込むことが出来ていたからだと思います。投手としての強みがある…これが森下投手のすばらしさなのでしょう

4回裏、連打の後、長野選手がストレートをライト方向へはじき返すタイムリーを放ち、カープがようやく1点を奪いました。その後、もろした投手は6回に坂口選手に一発を浴びますが、6回までこの1点に抑えます。

そして7回。球数が100球に迫ろうかという状況、しかも中5日ということを考えると、この回が森下投手にとってラストイニングでした。この場面で、森下投手はさらにギアを上げ、ズバッと球威のあるストレートを投げ込み、連続三振。1人ランナーを許しますが、雄平選手に対して、フルカウントまでもつれ込んだ勝負となり、最後は内角にズバッと、まさに糸を引くような豪快なストレートで見逃し三振を奪いました。ラストイニングを3人でピシャリと抑えるというのも、並のルーキーではありません

そんなルーキーの力投…打線が、森下投手にとって最後の「勝利投手」のチャンスに、何とかつないでくれました。代打・大盛選手の左中間を破る2塁打の後、1死3塁の場面で、菊池涼選手が3塁線を破るタイムリー2塁打!「ルーキーに何としても勝たせたい…」それが伝わってくるように、必死で食らいつき、つないで1点をもぎ取りました

この1点を、8回からはケムナ投手が、2死から四球を連発しますが、最後は塩見選手をサードゴロに抑えました。9回はフランスア投手。会沢選手が打球をガードをつけていたものの顔面にまともに受けてしまい、担架で運ばれるというアクシデントがありましたが、それでも調子を狂わすことなく、最後の1イニングをゼロで抑えてくれました。

初回の大チャンスをつぶし、打線は最小限の援護にとどまり、先発投手にとっては非常に厳しい状況ではありましたが、森下投手はあくまでも自分のピッチングをすることに集中し、それを貫きました。そして、わずかなリードを、中継ぎ陣が守り抜いてくれました。昨夜は7点のリードを守り切れなかったカープが、今夜はわずか1点のリードを守り抜きました。こういう僅差の試合を確実にモノにしてほしい、一度リードを奪えば、それを徹底的に守り抜く、攻撃陣は攻撃の手を緩めない…そんな野球を明日からも見せてほしいものです



=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!

スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる