FC2ブログ

<KUNIの雑感616>投手が打席に立つことの意味

<KUNIの雑感616>投手が打席に立つことの意味

新型コロナウイルスの影響からか、最近はあまり耳にしなくなった「セリーグにも指名打者(DH)を」という議論。パリーグとの力の差の原因ではないかということから、一時期、スポーツ紙などで話題となり、さらに論議を巻き起こしました。

しかし、3ヶ月遅れでプロ野球が開幕しましたが、随所に投手が打線に組み込まれるからこそ、セリーグならでは妙味を感じる場面も多々ありました。投手が打席に立つ…それは相手投手にとっても他の野手と比べて意識するものがあり、それがドラマを生むのだと思います。

今季のカープでいえば、やはり大瀬良投手ではないでしょうか。

何と言っても2年連続で開幕投手を任された今季の開幕戦では、センター前に同点タイムリーを放つと、9回には自身初のホームランをライトスタンドに運ぶ2安打3打点の大活躍。2年連続となる開幕戦勝利は、自身のバットでも自身を援護するという、大瀬良投手のためにあった開幕戦という感じでした。

現在は右ひじを手術し、今季は絶望となった大瀬良投手ですが、ここまで1軍での打撃成績は、19打数5安打4打点、打率.263と野手顔負けの成績です。入団当初は「打撃はさっぱり」とされていた大瀬良投手ですが、プロでの年月を重ね、打撃でも「投手として十分合格点」というレベルとなりました。

ところで、セリーグでは投手が打席に立つと、何かしらドラマを引き起こすことも多く見受けられます。

8月22日、マツダスタジアムでの巨人戦では3回裏に、先頭の大瀬良投手が、相手の先発・畠投手から四球を勝ち取りました。相手投手からすれば、投手に与えてしまった四球で大きく動揺したのでしょう。そこからコントロールを乱し、カープはこのイニングで一挙6点を奪いました。

当然、逆のパターンもあります。9月3日、ナゴヤドームでの中日戦では3回裏、カープ先発・ジョンソン投手が先頭打者である中日先発・福谷投手にヒットを打たれ、そこから3失点を喫しました。8月18日、マツダスタジアムでの横浜DeNA戦では、九里投手が相手の先発・井納投手にヒットを打たれたところから一気に崩れ、勝利を決定づける3点を失ってしまいました。

投手にとって、相手投手が打席に立つ場面は、かなり意識するところが大きいのではないでしょうか。

なんせ、投手にとって打席に立つことは、普段バントの練習や多少の打撃練習をすることはあっても、極端に言えば「専門外」でもあります。そのような打者に対しては、周囲からは「ここは確実に抑えられる」という目で見られることでしょうし、もちろんマウンドに立つ投手自身も「絶対に打たれてはいけない」というプレッシャーになるはずです。

例えば、2死2・3塁で8番打者を迎えたとき…おそらく指揮官は十中八九、8番打者を敬遠で歩かせ、9番・投手との対戦を選ぶでしょう。野球は確率のゲームでもあるがゆえに、これは致し方のないところ。ただその一方で、ならば絶対に投手は抑えなくてはならない…100%を求められるわけです。投手が打席から離れて立ち、「打つ気がない」場面でも、なぜかストライクが入らず四球を与えてしまう…こういった場面も良くあることです。それだけ、通常の打者とは違うプレッシャーがあるのでしょう。

投手が投手に打たれたり、四球を与えたりすれば、それはもうショックが大きいことでしょう。かつての黒田博樹投手のように、打席で粘る姿勢を見せ、打てなくても、球数を投げさせるという強い意識を持てば、それはそれで相手投手に与えるダメージは大きいはずです。

そこが、DHがない、投手のも打席に入るセリーグの醍醐味でもあるのだと思いますし、それを上手く活用していくことこそが、このところ後塵を拝しているパリーグに対してのアドバンテージになっていくのではないでしょうか。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる