FC2ブログ

今節の展望(9/15~23)

◎今節の展望(9/15~23)

では早速、前節行われた13連戦の試合結果から振り返ってみましょう。

ホーム
ビジタ
91中  日50広  島
2中  日59広  島
3中  日60広  島
4広  島1212DeNA
5広  島110DeNA
6広  島58DeNA
7広  島DeNA
8広  島51ヤクルト
9広  島1010ヤクルト
10広  島21ヤクルト
11阪  神40広  島
12阪  神31広  島
13阪  神76広  島


Bクラスのチーム相手ではそこそこ勝つものの、上位勢には相手になっていないという感じです。長丁場の13連戦は、台風10号の影響で1試合中止となりましたが、結果的には3勝7敗2分と大きく負け越し、借金もいよいよ10となりました。

この間、2ケタ失点が3試合もあります。投手陣が3点以内に抑えた試合はわずかに3度。一方で、打線は完封負けが3試合もあります。

投手陣は先発投手陣の相次ぐ離脱でコマ不足、先発が試合を作るケースが少なく、中継ぎ陣に負担がかかり、若手が多いことも重なって、比較的安定していた島内投手や塹江投手が失点を喫するケースが増えてきたのが気になるところ。中継ぎの登板過多に対して、1軍の投手を1枚増やすなどの対応を期待したいところなのですが…

攻撃陣は一体、どう攻めていきたいのか分かりかねるのが現状です。そもそも1番打者にしぶとい打撃を見せる大盛選手と、早打ちでフルスイングのピレラ選手という、まるでタイプの異なる2人を中心に起用しているところを見るにつけても、佐々岡監督の方針に一貫性がない印象を受けます。

借金10という現状について、「1つずつ返していくしかない」と語った佐々岡監督。しかし、今のところ、返せる根拠はどこにもありません。「一体感」を生み出すためには、選手やコーチ陣との積極的なコミュニケーションに加えて、監督の確固たる方針に基づいて、皆が同じ方向を向くことも重要だと思います。その「確固たる方針」、今季中にしっかり打ち出して、来季に向けて戦える貴重な「今」という時間を大切にしてもらいたいものです。

では、今節のスケジュールです。今節も9連戦という長丁場が控えています。

ホーム
ビジター開始時間開催地
915広  島vs中  日18:00マツダスタジアム
16広  島vs中  日14:00マツダスタジアム
17広  島vs中  日13:30マツダスタジアム
18ヤクルトvs広  島18:00神宮
19ヤクルトvs広  島18:30神宮
20ヤクルトvs広  島18:30神宮
21巨  人vs広  島18:00東京ドーム
22巨  人vs広  島18:00東京ドーム
23巨  人vs広  島18:00東京ドーム


9連戦の序盤、中盤は現在、カープとともにBクラスに低迷しているチームとの対戦が続きます。もし1つでも上の順位を狙うなら、ここで大きく勝ち越すことが条件でしょう。

ただ、今は佐々岡監督が語る借金を「1つずつ返していく」よりも、チームとしての戦いの方針を早く築く方が先なのは間違いありません。方針が定まらない中、選手に無理を強いても、故障のリスクが高まるだけですから。「急がば回れ」の気持ちで臨んでほしいところではありますが…

さて、先発予想ですが…これが非常に難しい。なんせ、12日の阪神戦では遠藤投手が左足に何らかのアクシデントがあって降板しており、次回登板に影響があるかも分からない状況ですから。

ただ、もう優勝は望めず、またCSもない中で、あえて先発投手を中5日で回すという強攻策は、あまり採用してほしくはありません。先発投手に故障者続出の中で、来季に向けて新たな先発候補を模索するつもりで臨んでほしいのですが…

佐々岡監督の起用を予想するなら、まず中日3連戦が九里投手、野村投手、森下投手、続く東京ヤクルト3連戦が床田投手、遠藤投手、ケムナ投手、そして巨人3連戦が中5日で九里投手、野村投手、森下投手となるのではないでしょうか。遠藤投手の左足の状況、さらに東京ヤクルトとの3戦目がローテーションの谷間であることから、このあたりは予想が難しいところです。

ただ、野村投手は中5日を苦手とし、森下投手はルーキーであることと現状のチームの状況を考えて、無理やり中5日で回す必要はないと思います。また遠藤投手も無理をさせる状況ではなく、ローテーションを一度飛ばすか、登板間隔を開けるべきだと思います。

2軍でも先発投手が少ないのが現状です。中村祐投手やメナ投手といった、先発で試してみたい投手もいますが、磐石な結果を残しているわけではなく、とりわけメナ投手に関しては育成選手であるため、支配下登録をしなければ1軍で起用できません。

ならば、現状の1軍の投手枠を1つ増やし、中継ぎ陣から先発を抜擢してみるのも手だと思います。例えば明日からの9連戦ならば、中日3連戦は九里投手、野村投手、森下投手とローテーション通りですが、東京ヤクルトとの3連戦で床田投手、ケムナ投手、高橋樹投手、巨人3連戦で九里投手、遠藤投手、野村投手…という並びも考えられるのではないでしょうか。

とにかく、今季は無理に巻き返そうと躍起になる必要はありませんし、それによって故障のリスクを高めては意味がありません。ただ、来季に向けて期待できる「一体感」ある戦い方、若手の成長を感じさせるものにしてほしいと願うばかりです

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
38位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる