FC2ブログ

今節の展望(9/25~10/4)

◎今節の展望(9/25~10/4)

前節行われた9連戦の試合結果から振り返ってみましょう。

ホーム
ビジタ
915広  島63中  日
16広  島92中  日
17広  島中  日
18ヤクルト145広  島
19ヤクルト23広  島
20ヤクルト86広  島
21巨  人103広  島
22巨  人54広  島
23巨  人73広  島


15日から始まった9連戦…中日との3連戦は1試合が中止になりましたが、投打がかみ合った「強さ」を感じさせる内容で、連勝という好スタートを切ったのですが、東京へ移動してからはもう散々でした。結果的に、1試合が中止となりましたが、3勝5敗であるとともに、目下4連敗中。何だか最近、Bクラスを争うチームにしか勝てていない、上位のチームにはまるで歯が立っていない…そんな感じです。

そして、大瀬良投手、ジョンソン投手という左右の両輪、そして会沢選手、石原慶選手という正捕手&ベテランが不在という危機的状況の中で、とりわけ先発投手陣が試合を作れずに早々に炎上してしまう試合が目立ちます。もはや、ルーキーの森下投手が投げる試合でしか、想定通りの投手起用が出来ていません。先発陣が試合を作れないため、中継ぎ陣は勝ちパターンも敗戦処理もない、スクランブル状態…もはや状況は無秩序で、近年稀に見る最悪な状況です。

打線は9月20日の東京ヤクルト戦では、最終回に5点を奪ったり、22日の巨人戦では曽根選手の走塁で土壇場で同点に追いつくなど、印象深い粘りは見せています。打線は踏ん張っているという印象なのですが、もはやいくら援護しても、それ以上に投手陣が失点を重ねてしまう、しかも2死からの失点が多い…そうなると、打線も「お手上げ」感が出てしまいます。

そんなチーム状況でも、シーズンは待ったなしで次の試合がやってきます。明日からはさらに10連戦です。

ホーム
ビジター開始時間開催地
925広  島vsDeNA18:00マツダスタジアム
26広  島vsDeNA14:00マツダスタジアム
27広  島vsDeNA13:30マツダスタジアム
28広  島vsDeNA18:00マツダスタジアム
29広  島vs巨  人18:00マツダスタジアム
30広  島vs巨  人18:30マツダスタジアム
101広  島vs巨  人18:30マツダスタジアム
2ヤクルトvs広  島18:00神宮
3ヤクルトvs広  島18:30神宮
4ヤクルトvs広  島18:30神宮


大瀬良投手、ジョンソン投手が離脱している今、もはや頼れるのはルーキーの森下投手くらいという惨状となっている先発投手陣。こういうピンチのときこそ、九里投手、野村投手には何とか踏ん張ってほしい、失点はともかく100球前後は投げて、少しでも中継ぎ陣の負担を軽くしてほしいところ。

そんな今節は10連戦。マツダスタジアムで7連戦後、神宮球場へ移動して、東京ヤクルトとの3連戦となる、非常に過密スケジュールです。そんな10連戦の先発投手を予想してみると…

順番に、そしてあくまでも中6日での起用を基本とするならば、横浜DeNA4連戦は床田投手、森下投手、中村祐投手、谷間、巨人3連戦が九里投手、遠藤投手、野村投手、東京ヤクルト3連戦は谷間があり、床田投手、森下投手と、こんな感じになるでしょうか。

中5日で回すならば、谷間は1試合となるのですが、もはや無理をする状況でもなく、中5日起用は球数も少なめに制限する必要もあるため、あくまでも先発投手は1イニングでも長く投げることを前提に中6日起用の方が良いでしょう。

ただ、2度ある谷間をどうするか…ただでさえスクランブル状態で登板過多になっている状況で「ブルペンデー」はなかなか採用しにくい側面もあります。2軍でもなかなか結果が出ないジョンソン投手を起用するか、または2軍では先発もしているスコット投手やモンティージャ投手を一か八か起用してみるか…非常に難しいやり繰りが続きそうです。

そのため、毎試合のように同じような投手が何度もマウンドに上がっている現状を、例えば中継ぎ枠をとにかく1枠増やし、ロングリリーバーも1人追加し、中継ぎ陣の負担を分散させることで早急に改善することが必要でしょう。

一方、打線は相変わらずタイムリーが出ない鈴木誠選手も気になりますが、23日の巨人戦では初回に打者4人のうち初球打ちが3人と、相手投手の立ち上がりを攻めるにはあまりにも寂しい攻撃となった上位打線が気になるところ。初回にいかに粘り、相手投手にリズムをつかませないか、これは試合の主導権をにぎる意味でも大切にしてほしいものです。

さて、今節はまず横浜DeNA、巨人とマツダスタジアムで7連戦があります。このところ、上位勢にまるで歯が立っていないカープ。ただ、地元での試合であり、さらに入場者数の制限が16500人までに緩和され、よりスタンドは赤色が目立つはず。

ただ、優勝は数字上では可能性があるものの、現実味がなくなり、また今のような戦いでは上限を引き上げても、観客がそこまで集まらない可能性もあります。少しでも来季へ希望を感じさせるような戦いを見せてもらわなければ!

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる