FC2ブログ

森下投手、悔しいマウンドに…

◎森下投手、悔しいマウンドに…

昨年までのようにスタジアムが360度真っ赤に染まり、カープの一挙手一投足に大声援があるわけではありませんが、入場制限が緩和され、今日も15000人を超える観客が集まったマツダスタジアム。ルーキーの森下投手にとっては、初めてプロ野球選手として多くのファンに見守られてのピッチングとなりました。

自分がプロ野球選手ということを改めて実感したわけでも、多くのファンの前に良いピッチングをしようと気負った…というわけではないでしょうが、今日の森下投手は立ち上がりから、ストレートの球威はあるのですが、どうもボールが中途半端に高い。それを終始修正できないままイニングを重ねたように思います。

2回、宮崎選手に浴びた一発も、4回に倉本選手に浴びたタイムリーも、さらに5回にオースティン選手に浴びた一発も、やはり球が高かった…。それでも7回を投げて4失点にとどめたのは、森下投手のストレートに球威があったため、ある程度押し込むことができたというのはあるでしょう。

しかし、パワーのある横浜DeNA打線に対しては、通常なら空振りしたり、ねじ伏せたりできても、力で運ばれてしまうことが多々あり、それが被安打11という結果につながってしまったのだと思います。やはり時折低めに決まれば、まだ相手打者を荒れ球で打ち取れたかもしれませんが、概ね高いと、打者も高めに的を絞りやすくなったのでしょうこれもプロの世界…今後のピッチングに活かしてほしいと思います。

そんな今日の試合で、収穫といえば…

鈴木誠選手にタイムリーが出たことでしょう。確かに、得点圏にランナーを置いて、ホームランを放ったことはありましたが、タイムリーヒットとなると、8月14日の阪神戦で藤浪投手から放って以来、約1か月半、実に154打席ぶりのこと。初回に詰まりながらもセンター前に放ったタイムリーが、久しぶりのタイムリーとなりました。

「やる気がない」…確かにそんな風に見えるときもありました。ただ、新井さんの薫陶を受け、4番としての重責を担ってきただけに、やる気がないということはけしてなかったと思います。ドツボにハマっていたところもあるでしょう。思い返せば、開幕前に、無観客試合について「モチベーションを上げるのが難しい」とも語っていました。

なんせ、鈴木誠選手が1軍に台頭してきた頃には、すでにマツダスタジアムは常に真っ赤に染まっていたわけで、空席が目立つ時代を経験していません。ファンの声援を後押しにし、ファンに喜んでもらいたい、そのためには試合に勝ちたい…その思いばかりだったと思います。だからこそ、空席が目立つスタンドに対して、もはや自分をどう上げて良いのか…そればかりで悩んでいたのではないでしょうか

まだ全体の50%程度ですが、多くのファンに見守られてプレーできる機会が出来ました。そして、ようやくタイムリーを打つことが出来ました。一方で、あれよあれよという間に、得点圏打率も3割を割り込んだ現実もあります。ただ、ようやく1本が出たことで、これから盛り返してくれるのではないかと思います。なんせ、鈴木誠選手は多くのファンの声援があってこそ、アドレナリンが出てくるタイプでしょうから

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
32位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
9位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる