FC2ブログ

藤井黎投手が支配下登録!

◎藤井黎投手が支配下登録!

カープは26日、育成選手の藤井黎來投手を支配下登録の契約を結んだことを発表しました。契約金は1000万円、年俸は450万円で契約を結び、背番号は従来の121から、東北楽天に移籍したDJジョンソン投手がつけていた58をつけることになりました。藤井黎投手は「素直にうれしいです。やっとスタートラインに立てたという気持ちと、今まで約3年間支えてくれた監督やコーチ、親に感謝したいと思います」と語っています。

正直、「早く支配下登録しようよ!」って思っていました

2017年のドラフト会議で、秋田・大曲工高から育成ドラフト2位でカープに入団した藤井黎投手。2年目から徐々に球威がアップし、決め球のフォークとともに、2軍で結果を残すようになってきました。今季はストレートの球速も自己最速の152キロをマークし、ウエスタンリーグでも26日現在で、中継ぎで15試合に登板し、防御率0.87という成績を残しました。

DJジョンソン投手の東北楽天へのトレードによって、カープの支配下登録選手は66人となり、4つの空席が出来ました。これはセリーグでは最多となります。枠に余裕があり、しかも2軍で抜群の結果を残している状況で、支配下登録しない理由はありません。なんせ、中継ぎで防御率0点台の投手を支配下登録しないとなると、果たして「どうなれば支配下登録するの?」と球団の基準に関して、疑問も出てくるところです。

もちろん、2軍で抜群の成績を残し、支配下登録をしたからと言って、1軍で戦力になるかは分かりません。ただ、オープン戦で登板する様子を見ても、その後ストレートの球威を増してきたことを踏まえても、ストレートは非常に伸びがあり、フォークも素晴らしいキレ味でした。高い将来性を感じさせる内容でした

藤井黎投手は「1軍で投げること」を目標に掲げています。確かに佐々岡監督は投手出身ということもあり、投手への基準は非常に高い印象を受けますが、おそらくは、現在の1軍の投手事情、オープン戦でも起用された経緯を考えると、その目標を達成する日は、そんなに遠くはないのではないかと思います

育成選手が支配下登録されると、ホッとするところもあるかと思います。しかし、これはあくまでもスタートライン。本当の意味でのプロ野球選手のスタートでもあるだけに、まずは気を抜かないこと。期待外れなら、すぐに切られる可能性も高い…そんな危機感は常に持ち続けてほしいと思います。

今年は大盛選手が、カープでは初めてといっていいくらい、育成選手から1軍戦力になっています。藤井黎投手にもぜひそれに続いてほしいと思います。1軍の戦力になっている育成出身選手が多いほど、チームの選手層は厚く、強いチームになっているわけですから。大盛選手が「育成野手の星」なら、今度は投手の「育成の星」になってほしいですね。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる