FC2ブログ

チョーさんが口火!ルーキーに7勝目の大量援護!

◎チョーさんが口火!ルーキーに7勝目の大量援護!

6回を終わって0-0という展開…ここまでは、カープにとってはもどかしく、歯がゆいものでした。

カープ先発は新人王を狙うルーキー・森下投手。初回からストレートとどろんとしたカーブなどを武器に、緩急を使いながら、東京ヤクルト打線を寄せ付けないピッチングを展開し、6回まで無失点で抑え込みました。

一方で打線はチャンスをは作るのです。しかし、今年のカープは「チャンスの活かし方」が上手くない…。2回には連打で無死1・2塁のチャンスを作りながら、3塁までも進めることが出来ないまま、3つのフライアウトで終了。6回には田中広選手がセーフティーバントで出塁しても、鈴木誠選手がゲッツー、松山選手が2塁打を打っても坂倉選手が凡退…どうもチグハグ。ルーキーに勝利をつけたい…しかし、それとは裏腹に歯がゆさばかりが残る攻撃が続きました。

そんな展開の中で、7回表、チョーさんが口火を切ってくれました

この回の先頭打者である長野選手が、スアレス投手の外角低めの球を拾うように放った打球は左中間スタンドへ!先日、巨人・菅野投手から放ったような一撃を、神宮で見せてくれました。ようやく均衡が破れた試合は、1点を契機に、一気に流れが変わるものです。

さらに1死1・2塁とチャンスと作ると、打席にはここまで3三振の大盛選手。東京ヤクルト先発・スアレス投手の初球でした。高めに入ったストレートを完ぺきに捕えた打球はライトスタンドへ!大盛選手のプロ初アーチ、カープの育成ドラフト出身選手としても初めてのホームランとなる一発は、勝利を決定づける3ランとなりました。

それまでまったくつながらなかった打線が、一気につながるようになりました。「これでもか」というくらいの攻撃は見事でした。6回に6点、7回に7点…わずか2イニングで13得点。つながるときはつながるものだなあ…とつくづく感じました。

試合展開としては、0-0のこう着状態から、チョーさんの本塁打で流れが一気に変わり、相手投手の動揺から一気呵成の攻撃を見せた…というところでしょう。7回無失点と素晴らしいピッチングを見せた森下投手に7勝目が灯ったことも、チームにとっては非常に大きなことだったと思います。

ただ、やはり思うのは、2回にせよ、6回にせよ、本塁打や「あと1本」に依存しすぎない攻撃パターンを確立してほしい…ということでしょう。2回の無死1・2塁の場面にしても、確かに2塁は足の遅い松山選手がいるという状況はありましたが、打席の長野選手にバントを指示するなど、打つだけでなく、先制点を執拗に追求する姿勢をもっと見せてほしかったかなと。佐々岡監督も周囲に気を使いすぎず、もっと思い切ったことをしても良いのではないかと思います。

カープは見事に連勝を決めてくれました。森下投手も7勝目が灯りました。後半の猛攻で一気に勝負を決めたわけですが、こういった試合ほど、「良かった」で済ますのではなく、明日へ切り替えて臨んでほしい…もっと序盤で得点を奪う方策はなかったかを考えていくべきだと思います。そして、明日の試合に「敵地で3タテ成功」という形につなげてほしいところです。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる