FC2ブログ

大敗の中に様々な光と影も…

◎大敗の中に様々な光と影も…

またも阪神先発・西勇投手の前に、なす術がない…という感じでした。カープ先発・野村投手はいきなり2ランを浴びて、5回には相手の外国人選手の前に一発攻勢を受けてしまいました。西勇投手の投球術の前に打線が翻弄され、野村投手は早々から失点…こうなってしまうと、どうしても、一方的な展開になりがちですね。

そんな惨敗となった今夜の試合で、ひときわ光を放ったのが藤井黎投手です。

9月26日に支配下登録され、10月6日に待望の1軍昇格を果たした期待の右腕が、大量ビハインドとなった7回表、ついに1軍での初マウンドが巡ってきました。

藤井黎投手は時折、「ふぅ」と深く息を吐いていましたが、やはり初登板ということもあり、さらに15000人を超えるファンの前で投げるのは初めてのこととあって、当然緊張もしていたのでしょう。しかし、ストレートを中心に、どんどん押し込んでいくそのピッチング自体は、冷静でかつ、攻めの姿勢を見せました

先頭の梅野選手には決め球のフォークを上手くライトに運ばれ、1軍のレベルの高さを痛感したと思います。しかし、その後は粘られながらも、今夜最速の146キロのストレートを主体として、どんどん攻めていきました。小幡選手には真ん中のストレートで見逃し三振を奪うと、近本選手はセカンドゴロに抑え、プロ初マウンドを1回無失点で切り抜けました

緊張もあってか、本来のストレートという感じではなかったと思います。それでも、しっかりと腕を振って投げ切っていましたし、ヒットを打たれはしましたが、フォークのキレ味も目を見張るものがありました。ストレートが伸びてくれば、フォークもより効果を増し、凄みのあるピッチングが出来る投手になるのではと期待が膨らみます

この3連戦を通して見ていると、気になるのは守備なんですよね…

昨夜はいきなり松山選手がマウンド付近に上がったポップフライを落球したり、宇草選手は左中間の打球をグラブに当てながらも捕球できなかったりと、どうも守備が揺らいでいる…そんな印象を受けました。

そして今夜、6回表の阪神の攻撃で、1死満塁、打席には糸井選手の場面。打球はセンターへの浅めのフライで、宇草選手の前にポトリと落ちました。ただ、打球を見る限りでは、もう少しスタートを早く、チャージしていけば、捕球できたのではないか…もし、大盛選手や野間選手であれば、キャッチしていたようにも感じました。まだ宇草選手自身、1軍に昇格して間もないだけに、仕方のない面もあり、また西川選手もそうですが、守備に課題のある選手をセンターで起用するということに疑問を感じる部分もあります

ただ、いずれにしても、今季は投手起用に苦しんでいる中で、バックがしっかりと守ることがより重要になってきます。少しでもピンチを未然に防ぐ、余計な失点を与えない…そのためには守りも重要です。近々、西川選手が戻ってくるようですが、やはり外野の守備には課題のある選手であることも確か。守備力のある大盛選手が台頭し、中堅の野間選手、実績十分の長野選手もいる中で、攻撃力は高まる一方で、外野の守備をいかに固めていくか…そこも今後重要なテーマとなりそうです

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる