FC2ブログ

スカウト会議で上位候補チェック

◎スカウト会議で上位候補チェック

10日、マツダスタジアム内の球団事務所で、今秋のドラフト会議に向けて4回目のスカウト会議を行いました。前回までのスカウト会議で、高校生49人、大学・社会人61人までリストが絞り込まれていましたが、現時点では高校生が44人、大学・社会人が47人の、計91人がリストアップされています。

今回は上位候補のチェックが議題の中心であり、1位候補としては、大学球界ナンバーワン左腕の呼び声が高い、最速155キロを投げ込む早稲田大・早川隆久投手、サードと外野を守り、大学球界屈指の左のスラッガーである近畿大・佐藤輝明内野手、189cmの長身から153キロのストレートを投げ込む福岡大大濠高の右腕・山下舜平大投手、慶応大進学を目指すも実現せず、プロ志望に切り替えた最速154キロ右腕の愛知・中京大中京高の高橋宏斗投手らが挙がっています。

1位指名について、まだ確定というところまでには至っていないようで、他球団の動向を見ながらの判断となりそうです。また、今シーズンの現状から、チームとしては即戦力投手の獲得が望まれるところですが、チームの将来を見据えると、素材型の高校生の指名も十分にあるでしょう。

注目のドラフト会議が10月26日に迫っています。

カープは果たして誰を指名するのか…チームとしては、投手陣が火の車という状況の中で、即戦力投手を少しでも多く獲得してほしい…という思いは強いでしょう。しかし、チームの将来、そして来季に向けて若手が芽を出しつつあり、主力の復帰や復調、外国人選手の獲得なども視野に入れれば、今季が最大の過渡期で、ここから徐々に、ここ数年のドラフトの成果が表れてくるとも考えられます

そう考えると、即戦力投手も獲得を目指すでしょうが、1位指名に関しては、高校生投手の可能性も十分にあり、投手については高校生と即戦力をある程度バランスよく指名するのではないかと予想しています。それ以上に、野手…とりわけ右の長距離砲は絶対的に不足している印象が強く、今季も1軍に台頭してきた選手は左打者が多いのが現状。そう考えると、野手に関しては右のクリーンアップ候補の即戦力獲得を目指してくるのではないでしょうか

次回のスカウト会議はドラフト会議前日の10月25日。いよいよ2週間後に迫ってきましたが、果たして、カープがどんなドラフトを展開していくのか、注目されます。

=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
34位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる