FC2ブログ

森下投手好投も、中継ぎの「逃げ腰」で勝利も消える…

◎森下投手好投も、中継ぎの「逃げ腰」で勝利も消える…

カープ先発・森下投手のピッチングはとにかくすごかった!

逃げないし、ピンチになればギアチェンジをする…ストレートに絶対の自信を持ち、そこにカーブやチェンジアップなどの持ち球も効果的に織り交ぜて、ゾーンの中で勝負していくという姿勢。投手として必要な闘争心を持ち、それをマウンド上で最大限に発揮しているという印象です。

それとともに、3回表の1死1塁の場面での柳投手のバントを、素早いフィールディングでキャッチし、すかさずセカンドへ送球し、見事にアウトを奪ったり、6回裏には阿部選手のボテボテの、3塁線へのゴロも、ファウルになるかどうか微妙なところでしたが、まったく躊躇せずに、素早く捕球して1塁へ送球し、見事にアウトに仕留めました。

思えば、かつてのカープのエース・マエケンもそうでしたが、好投手は守備も素晴らしいものがあります。森下投手も落ち着きながらも、攻めの守備を見せてくれました。攻めの姿勢が自分自身を助けるということでしょう。残念ながら、中継ぎに勝ち星を消されましたが、7回1失点…この安定感、スゴイの一言です。

そんな森下投手とは対照的に、中継ぎ陣の「逃げ腰」が目立ちました

8回からマウンドに上がった塹江投手。1死を奪って、打席に木下拓を迎えた場面。塹江投手は右打者に対して分が悪いところがあるところが頭をよぎっていたのか、外へ外へと逃げのピッチング。ストライクゾーンで攻めることが全くできず、恐る恐る投げて、結局四球を出してしまうという悪循環

続く堂上選手に対しても逃げ腰。2ボールとなってから、「ストライクを取らなきゃ」となり、取りに行ったボールをレフト前に打たれるわけですから、もうどうしようもありません。右打者への苦手意識、そして「森下投手の勝ちを消してはいけない」という強い意識…そういったものが、入り交じり、勝負に行くことが出来なかったのが悔やまれます。

そしてここでフランスア投手にスイッチするわけですが、このタイミングにも疑問符が付きます。

フランスア投手は本来、コントロールよりもストレートの勢いで勝負するタイプ。しかも、ここで迎える打者はベテランで打撃巧者の大島選手。追い込まれてもしぶとく粘れる選手に対して、ピンチの場面でフランスア投手を送ってはいけません…。結局四球で歩かせ、2死から阿部選手に逆転タイムリー…。さらに失点を重ねてしまいました。

それならば、結果論になってしまいますが、2番・京田選手までは左打者に自信のある塹江投手で勝負すべきだったでしょうし、場合によっては3番・阿部選手のところでケムナ投手を起用するという継投にすべきだったと思います。

森下投手の新人王がかかった試合の中で、その渦中にある森下投手は素晴らしいピッチングを見せてくれました。言うことなしのピッチングを見せてくれましたが、その後を受けた投手が、かなり意識してしまったという印象です。それで、逃げ腰になって打たれてしまっては元も子もありません。森下投手のように、ゾーンで、自分の自信のある球で、勝負にいく姿勢…中継ぎ陣もその心意気で臨んでほしいと思うばかりです


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる