FC2ブログ

守備が乱れ、一歩が進めず…

◎守備が乱れ、一歩が進めず…

振り返ってみれば、カープにとって、大きなポイントは初回だったのでしょう。

横浜DeNA先発・京山投手の立ち上がりはコントロールもばらつき、乱れていました。この日1番に入った野間選手が四球を選び、すかさず盗塁を決めました。ここまでは、理想的な攻撃でした。

しかし、続く田中広選手のセカンドゴロ。確かに、いわゆる「ゴロ」という感じではなく、やや球は浮いたような感じでしたが、セカンドを守る選手からすれば、まず間違いなくノーバウンドで取れる打球ではありませんでした。田中広選手にとっては、進塁打になったと思ったのではないでしょうか。しかし、野間選手は一歩を踏み出すことが出来ず、2塁にとどまったまま…

ここで野間選手が3塁へ進むことが出来なかったことで、その後の打者の攻撃が「打って返す」しかなくなりまりました。さらに、コントロールに苦しむ相手の先発からすれば、ランナーが2塁にいるか、3塁にいるか…これだけでも大きな違いだったと思います。投手からすれば、相手がミスをすれば、いくらピンチでも「ゼロで抑えられそう」と思わせてしまいかねません。それだけ、初回に次の塁を果敢に攻めることが出来なかったというミス…これは大きなものでした

そして、カープは立ち直った京山投手のストレートとフォークのコンビネーションの前に苦しみました。一方でカープ先発・床田投手は課題の立ち上がりを切り抜け、スコアボードにゼロを並べました。

ただ、今夜に関しては守備のミスが目立ちました

3回裏、大和選手のサードゴロを堂林選手がファーストへワンバウンド送球するものの、松山選手が捕球できず…。今年は、このようなケースをよく見受けます。本来ならば、ファーストを守る松山選手がしっかりとキャッチすべきでしょう。しかし、ワンバウンド送球になっていることから、堂林選手の「悪送球」扱いになってしまう…。

そのエラーが堂林選手の身体を硬くさせてしまったのか、続く4回裏、先頭のロペス選手の平凡なサードゴロでしたが、ファーストへの送球はややそれて、セーフに…。またもエラーとなってしまいました。5回裏、1死1塁から大和選手の三遊間への高いバウンドの打球に対しては、堂林選手が捕球を躊躇してしまい、ショートへの内野安打に。

堂林選手にとっては、ファーストへの送球に関して苦手意識があるのでしょう。それゆえに、ファーストへはワンバウンド送球することもたびたびあります。しかし、万全を期しての送球だったのでしょう。ただそれが堂林選手のエラーとなってしまうと、守備に不安のある選手からすれば、その不安を増幅させることになってしまうのでしょう。3回裏の「エラー」が、どこか消極的なプレーにつながってしまったように思います。

もともと堂林選手はサードの守備に不安を抱えながらプレーしているはずです。守備が乱れると、心が乱れ、それが今年、進化を遂げた打撃に影響を与えなければ良いのですが…。

もう優勝の可能性は消滅しています。消化試合に入っています。逆説的に言えば、もう来季に向けて、その実戦を1軍の公式戦で行えるという、非常に貴重でぜいたくな時間を過ごせるわけです。だからこそ、失敗してもいいから、特に若手選手や、レギュラーではない選手は積極的にいってほしいと思います。


=============================================================
最後まで読んでいただきありがとうございます!
↓のアイコンをクリックすれば人気ブログランキングに1票入るようですが…
もしお時間がございましたら、押してやってくださいませ。

にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ
にほんブログ村~日本ブログ村~広島東洋カープ~

※なお、当ブログ内の文章や写真の転載は固くお断りします。

メインサイト・「週刊カープ評論」も毎日更新中!!
スポンサーサイト



テーマ : 広島東洋カープ
ジャンル : スポーツ

コメントの投稿

Secret

フリーエリア

広島カープ応援サイト「鯉に恋思想」をよろしくお願いいたします。

主サイト「週刊カープ評論」 もあわせてよろしくお願いいたします。


このサイトはリンクフリーです。


※このブログ記事の転載や引用、写真の使用は固く禁じます。

プロフィール

KUNI

Author:KUNI
「週刊カープ評論」の1コーナーとして、ニュースやコラムをお届けするブログです。

最新記事
最新コメント
月別記事一覧
カテゴリ
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
スポーツ
39位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
野球
11位
アクセスランキングを見る>>
アクセスカウンター(累計)
検索フォーム
QRコード
QR
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる